Staff
2017年2月13日

アジア太平洋地域でジェンダーの見えない壁を打ち破るサーベイ

グローバルな調査では、最高経営幹部クラスの女性の人材不足が既に明らかです。しかし、アジアのメディア・マーケティング業界の実態とはどのようなものでしょうか?

アジア太平洋地域でジェンダーの見えない壁を打ち破るサーベイ

「ガールズ・ラウンジ」、「リーン・イン」、「ガラスの天井」、「女性指数」など職場におけるジェンダーの影響について、既に様々な議論がなされています。

にもかかわらず、これらの認識もアジアのフィルターを通すとまた少し違ったものになってくるようです。Campaign Asia-Pacificのジェンダー・ダイバーシティーに関する独自調査では、アジア太平洋地域独特の体験について掘り下げます。

Campaign初のジェンダー・ダイバーシティー・サーベイは、必要な情報を必要な場所におくことを目的とします。問題に光を当て、貴重な関連データを提供することは、必要とされる変化に対応する業界の責任遂行を後押しします。

議論が問題の前進に貢献することは確かですが、今回のサーベイにご協力いただくことは、業界のリーダーとして、平等で公平な職場構築への前進に向けた透明性と方向性を示す一助になります。

この重要な調査にぜひご参加ください。アンケートへはこちらからご回答ください(恐れ入りますが、アンケートは英語のみとなります)。

ご回答の締め切りは2017年2月27日です。

関連する記事

併せて読みたい

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
21 時間前

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン
Premium
1 日前

「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン

大胆で挑発的な広告で知られるイタリアのファッションブランド、ディーゼル。最新のキャンペーンではトランプの「壁」に異議を唱え、愛の自由を訴える。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
1 日前

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

Premium
アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ
Premium
2017年4月20日

アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ

元ワイデン・アンド・ケネディのヤン・ヨウ氏を、木村健太郎氏とともにCCOに任命した博報堂。その狙いは、アジアでのビジネス強化と潜在的な才能の発掘だ。