Ryoko Tasaki
2017年2月13日

ファーストリテイリング、学生インターンを長期間受け入れへ

クリエイティブなアイデアを一緒に生み出していくインターンを、グローバルで幅広く募集する。

ファーストリテイリング、学生インターンを長期間受け入れへ

ファーストリテイリングは今年4月から、日本や中国、米国など16カ国・地域で、学生の長期インターンを受け入れると発表した。インターンはそれぞれの希望に基づき、マーケティング、広報、R&D、IT、サプライチェーンなど幅広い部署に配属され、ビジネスの現場での課題に挑戦する。

プレスリリースによると「世界ナンバーワンのアパレル企業になるために必要な、クリエイティブで革新的なアイデアを、インターンと一緒に生み出していきたい」と考えており、受け入れ規模は日本で8名、グローバルで100名を超える予定。1~3カ月に及ぶ長期間インターンを世界各国・地域で受け入れるのは、同社にとって今回が初めてとなる。

先行して募集が始まる日本における第1弾の募集期間は2月10~28日まで。経営計画(2名)、カスタマークリエーション(1名)、人事(5名)で合計8名を募集する。応募資格は日本国内の4年生大学や大学院、短大、専門学校の学生であることだが、既卒の場合も卒業から3年以内であれば応募が可能だ。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
9 時間前

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン
Premium
1 日前

「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン

大胆で挑発的な広告で知られるイタリアのファッションブランド、ディーゼル。最新のキャンペーンではトランプの「壁」に異議を唱え、愛の自由を訴える。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
1 日前

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

Premium
アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ
Premium
2017年4月20日

アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ

元ワイデン・アンド・ケネディのヤン・ヨウ氏を、木村健太郎氏とともにCCOに任命した博報堂。その狙いは、アジアでのビジネス強化と潜在的な才能の発掘だ。