David Blecken
2017年5月25日

「創造的破壊」と「学び」 R/GAが日本で始動

インタラクティブエージェンシー「R/GA」が、遂に東京進出を果たした。日本での学びを他市場に活用し、従来のノウハウのグレードアップも図る。

筈井昌美(左)、ジム・モファットの両氏。
筈井昌美(左)、ジム・モファットの両氏。

ニューヨークを拠点とするR/GAが東京にオフィスを開設するまでには、長い準備期間を要した。Campaignが同社の「日本進出への意欲」を記事にしたのは昨年6月のこと。この度、東京オフィス代表には楽天グループでモバイル戦略チームのヘッドを務めた筈井昌美氏が就任した。

R/GAのアジア太平洋地域担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるジム・モファット氏は、都内でのインタビューでこう語った。「国際的なマーケティングコンサルタント企業が日本に進出する際は、国内大手広告代理店と正式契約するのが常です。でも我が社はその手の契約を一切結んでいません。既に多くの日本企業とは良好な関係を築いていますが、正式なパートナーシップを結ぶ予定もありません。逆に良いお話があれば、どことでもカジュアルなパートナーになるつもりです」。

同氏は具体名を明かさなかったが、東京オフィスを設置するよう要請してきたのは「世界的規模の重要なクライアント」だという。察するに、そのクライアントとはグーグルだろう。R/GAは既にアパレルやスキンケア、小売、建設などの分野で日本企業と関係を構築しており、今後はデジタルトランスフォメーションや製品・サービス開発、コミュニケーションといった分野でクライアントをサポートしていく。

同氏によれば、現在の東京オフィスは約15人体制。筈井氏のほか、電通と電通イージス・ネットワークでエグゼクティブ・クリエイティブディレクターを務めた杉友ジョージ壮氏、電通やネイキッド・コミュニケーションズでエグゼクティブ・ストラテジーディレクターだった鈴木洋介氏、更にプロダクションやテクノロジー部門のリーダーとしてジョン・ヒングストン、富永久美、アンソニー・ベイカーの各氏をニューヨークとロンドンから呼び寄せた。

R/GA創業者のボブ・グリーンバーグ氏は東京オフィス設立のプレスリリースの中で、「日本はデザインとテクノロジーの発信地で、R/GAにとって長年待ち望んだロケーション。様々なメソッドを学び、更に進化していける理想的な場です」と述べ、かつ「独自のイノベーションモデルを提供していきたい」と抱負を語っている。

モファット氏も今回の進出は「日本に学び、自分たちが成長する」ためであり、「業界に批判的な姿勢でのぞむつもりは一切ない」と言う。だが同時に、「日本のマーケティングの進化は米国や西欧諸国に比べて速度が遅い」とも。多くの日本人が新たな可能性に目を向けているにもかかわらず、いまだ有料の従来型メディアが中心で、そこへ「イノベーションと創造的破壊をもたらすことで我々のチャンスにしたい」。筈井氏の経歴が様々な企業のCEOやCTO(最高技術責任者)と率直なコミュニケーションを図るのに役立つはず、とも。

左より、アンソニー・ベイカー、ジョン・ヒングストン、杉友ジョージ壮、鈴木洋介、富永久美の各氏。


その意味で、クリエイティブなテクノロジーサービスを積極的に推し進めるアクセンチュア インタラクティブやデロイトデジタルなどがR/GAの競合相手になるだろう。「戦略的には従来のコンサルティング企業と競合になりますが、デザイン面ではIDEO(アイディオ)のような企業が競合相手と言えるかもしれません」とモファット氏。

アップル在籍中に日本でiPhoneの立ち上げに関わった筈井氏は、日本市場の消費者と他国市場、例えば米国の消費者などとの間に「大きな差異はない」と言う。他国の企業同様、楽天のような日本企業も「ビジネスモデルの転換と新しいテクノロジーに追いつくことに四苦八苦しています」。往々にして企業の経営者は収益の悪化を恐れ、チャットボット(Chatbot)のような新しいテクノロジーやプラットフォームの導入に及び腰だ。こうした経営者たちの思考を切り替えることも、R/GAが取り組まねばならない課題の1つ。そのためには早急にプロトタイプを開発し、「リスクなしで新たな手法が試せることを実証し、クラインアントの信頼を得ることが大切です」とモファット氏。

筈井氏は楽天時代にコラボレーションするスタートアップ企業の発掘も手がけており、R/GAでもその役割を担っていきそうだ。「(日本では)多くの企業がスタートアップと協働することに関心を示していますので」(筈井氏)。同社は2014年、スタートアップと大手企業をつなぐ「ベンチャーズ(Ventures)」を設立した。この試みが日本で効率よく機能するには、「コラボレーションによって確実に利益が得られるスキームを、企業に提示していく必要があります」と筈井氏。

「我が社は日本の伝統を壊すつもりはなく、日本企業の良い面をさらに上のステージに押し上げていきたいのです」と同氏。「企業と社会のエネルギーをより活性化していきたいと考えています」。

デザイン中心のテクノロジーエージェンシーとして日本市場に参入したR/GA。当面のクライアントは大手企業1社ながら、その前途は明るいという見方がもっぱらだ。M&Aに関するコンサルティングを専門とする「ユーロテクノロジー・ジャパン」の創業者であるファーソル・ゲルハルトCEOは、「R/GAはデザイン分野で市場の隙間を埋められるのでは」と言う。「日本のデザインのポテンシャルは大きいのですが、日本企業の多くはまだそれを正当に評価していません」。

「確かにR/GAは、日本から学ぶ多くのことをグローバルに応用できるでしょう」と同氏。と同時に、日本で信頼と評価を築くには時間がかかることも指摘する。更に、「日本への理解を深めるために、お金や時間などを十分投資することも重要」とも。「多くの外資系企業が失敗する理由は2つあります。1つは必要な投資を怠ること、もう1つは市場からかけ離れたKPI(重要業績評価指標)を設定してしまうことです」。

(文:デイビッド・ブレッケン  翻訳:高野みどり  編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
2018年問題に立ち向かうコンビニ業界
Premium
15 時間前

2018年問題に立ち向かうコンビニ業界

コンビニ業界に迫り来る危機。しかしそこには明るい面もあると、ビーコンコミュニケーションズのショッパー・マーケティング・ストラテジストはみている。

Premium
企業のPR活動を支えるテクノロジー
Premium
2 日前

企業のPR活動を支えるテクノロジー

多忙なPR担当者を支援するテクノロジーが、幅広い領域で進化中だ。これらのツールをうまく活用し、本来時間をかけるべき部分に注力することが必要だと加藤氏は説く。

Premium
発想の転換で労働環境の改善を ADKの働き方改革
Premium
2 日前

発想の転換で労働環境の改善を ADKの働き方改革

業界に先駆けて在宅勤務を取り入れ、変革によって優秀な人材を確保する −− ADKの取り組みに焦点を当てる。