Ryoko Tasaki
2017年2月15日

博報堂、新社長を発表

56歳の常務執行役員が、次期社長に就任すると発表された。

水島正幸氏
水島正幸氏

博報堂は2月14日、水島正幸氏が4月1日付で次期社長に就任すると発表した。戸田裕一社長は取締役会長に就任し、博報堂DYホールディングスの代表取締役社長(兼務)は留任となる。取締役会長の成田純治氏は取締役相談役となる。

水島氏は慶應義塾大学法学部を卒業後、1982年に博報堂入社。第六営業局長、営業統括局長などを経て、2013年に執行役員、2015年に取締役執行役員 経営企画局長 兼 事業投資戦略室長、2016年より取締役常務執行役員を務めている。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
9 時間前

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン
Premium
1 日前

「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン

大胆で挑発的な広告で知られるイタリアのファッションブランド、ディーゼル。最新のキャンペーンではトランプの「壁」に異議を唱え、愛の自由を訴える。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
1 日前

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

Premium
アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ
Premium
2017年4月20日

アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ

元ワイデン・アンド・ケネディのヤン・ヨウ氏を、木村健太郎氏とともにCCOに任命した博報堂。その狙いは、アジアでのビジネス強化と潜在的な才能の発掘だ。