Ryoko Tasaki
2017年3月09日

2種類のデートで東京の多彩な魅力を発信

1人の女性をめぐって競い合う2人の男性が、東京のさまざまな表情を見せて歩く。

(C) 2017 DOCCI? Partners
(C) 2017 DOCCI? Partners

台湾から1週間の予定で訪れた1人の女性が、2人の日本人男性とそれぞれ3日間ずつ、東京近郊の人気スポットでデート。女性は帰国前日に2人から告白を受け、選んだ方の男性と滞在最終日を過ごす……。

これは、日本の魅力を海外に発信する「クールジャパン」のコンテンツとして、博報堂とAOI Pro.が制作した恋愛ドキュメンタリードラマ「DOCCI?」(どっち?)だ。海外需要開拓支援機構が出資するジャパンコンテンツ放送メディア「WAKUWAKU JAPAN」にて2月24日より、アジア7つの国・地域(台湾、インドネシア、シンガポール、ミャンマー、スリランカ、ベトナム、モンゴル)で放映された。

日本の魅力を伝えるコンテンツとして、なぜドラマ仕立ての恋愛ドキュメンタリーなのか。クリエイティブディレクターを務めた木村元紀氏(ハッピーアワーズ博報堂)は「恋愛は、地域や時代を超えて普遍的なテーマ。そして、出演者が重ねるデートを通して、今の東京の空気を感じてもらえる構成にしやすいと考えました」と話す。

また“裏テーマ”として「日本男児もコンテンツとして確立したい」という思いもあったと木村氏は打ち明ける。似たような例でいえば、フジテレビの榎並大二郎アナウンサーがバンコクで大ブレイクしたり、日本でも韓流が流行したことなどが挙げられる。「精悍な容姿、礼儀正しく優しい空気感、垣間見えるサムライのような頼もしさ……。東京の今の魅力と共に、日本人男性ならではの魅力も引き出したいと考えていました」

2人の男性と交互にデートし、競わせる形にしたのは、「女性(と視聴者)だけが両方の男性を知っているが、男性本人たちはお互いの存在は知っているものの合うことができない。“情報の非対称性”を持たせることで、焦燥感を持って競わせることができると考えたからです」。顔見知りになると、それがたとえライバル同士であっても馴れ合いの気持ちが芽生えることがあるので、それを避けたかったという。「恋する男子が闘っている相手は“どこかの知らないヤツ”。それは現実世界でも一緒です」

東京の多様な魅力を見せるため、対照的なキャラクターの男性を選んだ。「個性が違えば、それぞれのセンスで選ぶデート先も違うはず」と木村氏。例えば食事場所として、一人はアーティスティックなお店のお重を、そしてもう一人はチェーン店の讃岐うどんを選ぶ。遊びに連れて行くのも、片方の男性が飴細工の体験やレンタルキッチン、もう片方の男性はアミューズメントパークやボウリングといった具合だ。「日本人男性に導かれて、観光客だけではたどり着けない、カルチャーを感じてもらえるスポットを重点的に見せたかった」と考えてのことだという。

本編54分、毎月1回放映の「DOCCI?」の第1回は台湾からの女性をめぐる物語だが、第2回はインドネシア、第3回はベトナムの女性が日本を訪れる(全3回シリーズ)。WAKUWAKU JAPANでの放映終了後は、ウェブ上でも配信の予定だ。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
10 時間前

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン
Premium
1 日前

「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン

大胆で挑発的な広告で知られるイタリアのファッションブランド、ディーゼル。最新のキャンペーンではトランプの「壁」に異議を唱え、愛の自由を訴える。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
1 日前

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

Premium
アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ
Premium
2017年4月20日

アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ

元ワイデン・アンド・ケネディのヤン・ヨウ氏を、木村健太郎氏とともにCCOに任命した博報堂。その狙いは、アジアでのビジネス強化と潜在的な才能の発掘だ。