Faaez Samadi
2017年12月04日

DAN傘下のフェッチ、日本で始動

英国のモバイルメディアエージェンシーが日本市場に参入した。

原健介氏
原健介氏

電通イージス・ネットワーク(DAN)は、傘下のモバイルメディアエージェンシー「フェッチ(Fetch)」の東京事務所「フェッチ・ジャパン」を電通デジタル内に開設したと発表した。

モバイルマーケティングとその分析を専門とするフェッチ・ジャパンは電通及び電通デジタルと協働し、日本の広告主にサービスを提供していく。

ゼネラルマネージャーとして同社を率いる原健介氏は、1997年にメディアコンテンツプランナーとして電通に入社。様々な部署を経て昨年7月、電通デジタルのモバイルマーケティング部門責任者となった。

「我が社はデータ分析からクリエイティブ、そしてオフライン事業まで包括的なソリューションを提供していきます。日本のモバイルマーケティングの変革に貢献できるでしょう」と同氏。

フェッチは既にエクスペディアやホテルズドットコムといったクライアントを持ち、日本ですぐに活動を開始する予定。既に香港でも事業を展開している。

フェッチのジェームズ・コネリーCEO兼創業者は、「日本にはデジタルエコノミーに関わるクライアントと、極めて先進的なモバイルユーザーがたくさんいる。日本への進出は長年のプランでした」と話す。

「我が社は既に欧米でのプレゼンスを築いている。日本の事務所も短期間で重要拠点になると期待しています」

DANは2014年、ロンドンに本社を置くフェッチを買収した。最近ではウーバーとの応酬がメディアで話題。ウーバーが「虚偽のクリック数を売りつけた」とフェッチを告訴したのに対し、フェッチは「ウーバーが支払いを放棄している」と非難している。

(文:ファイズ・サマディ 編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

Premium
2017年、最も多くのCMに起用されたタレントとは?
Premium
10 時間前

2017年、最も多くのCMに起用されたタレントとは?

ローラなど有名タレントをCMに起用すれば、多くの人からの注目を集めることができる。だが、十社を超えるCMに出演するタレントの起用は、広告主にとってどれほどの効果があるのか。

Premium
トップリクルーターがソーシャルメディアの指南役に
Premium
1 日前

トップリクルーターがソーシャルメディアの指南役に

広告代理店は採用プロセスが旧態依然とし、新たなビジネスを生むソーシャルメディアの活用も不十分 −− マーケティング界の人材発掘のスペシャリストが、転身の理由を語る。

Premium
マーケターとAIは、どう共生の時代を築くか
Premium
1 日前

マーケターとAIは、どう共生の時代を築くか

マーケターが人工知能(AI)をさらに活用するために、必要となる役割とは?

Premium
手厚い社員待遇は機能しているのか?
Premium
2 日前

手厚い社員待遇は機能しているのか?

マーケティングコミュニケーション企業がアジア地域の社員に対し、ユニークかつ興味深い社員待遇を用意している。まるでスタートアップ企業と競っているかのようだ。社員に真の恩恵をもたらす待遇について調査した。