David Blecken Ryoko Tasaki
2017年9月05日

資生堂「WASO」が描く、等身大の美しさ

化粧品大手が、ミレニアル世代をターゲットとした新ブランドを展開。最新の動画では、リアルな日常がシンプルかつピュアに描かれる。

資生堂は、ミレニアル世代をターゲットにグローバルで展開する新ブランド「WASO(ワソウ)」のプロモーションフィルムとして、新たに2本の動画を公開した。

「On The Road」篇を撮影したのは、アーティストやスケートボーダーとしても活躍する映像作家、ジュリアン・クリンスウィックス。同氏がガールフレンドのイーリーと共に登場する作品と、スタイリストのジェニー・チョイを起用した作品とがある。

のびのびと過ごす若者の日常という文脈の中で、商品を訴求しているこの動画は、ローンチキャンペーンを手掛けたワイデン+ケネディがディレクションを担当。また、自然素材を生かした商品であることも、さりげなく伝えている。

Campaignの視点:
他の化粧品メーカーではなかなか見ることのできない優雅さは、ローンチ当初に述べたとおり。少し褪せたような色彩と音楽が、まるで夢を見ているかのような雰囲気を醸し出しており、日常生活をそのまま切り取ったかのようだ。美容関連の広告にありがちな、完璧すぎる美しさとは一線を画した作品となっている。
ただし、スマートフォンでの視聴が中心となるミレニアル世代にとって、2分間というのは長尺。抑揚を抑えた動画を、はたして最後まで集中して視聴してもらえるかどうかは不明だ。

(文:デイビッド・ブレッケン、田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
世界マーケティング短信: モバイルコマース、KFCの危機対応、ライドシェアリングの競争
Premium
22 時間前

世界マーケティング短信: モバイルコマース、KFCの危機対応、ライドシェアリングの競争

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースを5本まとめてお届けする。

Premium
インフィニティ、2018年の成長の鍵はソーシャルメディアとストーリー
Premium
22 時間前

インフィニティ、2018年の成長の鍵はソーシャルメディアとストーリー

アジアでのブランディングを模索する日産自動車のインフィニティ。ヒューマンなストーリーにブランドのDNAを盛り込んだキャンペーンで、その活路を見出す。

Premium
印象に残った平昌オリンピック関連CM
Premium
1 日前

印象に残った平昌オリンピック関連CM

2月9日に開幕した平昌冬季オリンピックも、残りあと数日で閉会を迎える。大会のスポンサー企業、パートナー企業のCMの中から、印象に残ったものをご紹介する。

Premium
販促活動がブランドを作るのではない
Premium
1 日前

販促活動がブランドを作るのではない

東京に拠点を置くスティーブン・ブライスタイン氏は、ブランディングの責任を負うのは企業のトップであり、従業員を見ればそれがどんなブランドか一番よく分かる、と話す。