広告界は「週休3日制」を受け入れられるか

中小のエージェンシーではすでに試験的に導入されている週休3日制。しかし、より多くのニーズを満たさねばならない大手企業にとっては課題が多い。

コロナ後は50歳以上のマーケットに注目:WPPレポート

世界マーケティング短信:アップルがDSP設立を計画か

アマゾンの四半期決算、コマースは伸び悩むも広告は好調

広告は誰のためのものか忘れていないか

1 日前

広告界は「週休3日制」を受け入れられるか

中小のエージェンシーではすでに試験的に導入されている週休3日制。しかし、より多くのニーズを満たさねばならない大手企業にとっては課題が多い。

1 日前

コロナ後は50歳以上のマーケットに注目:WPPレポート

WPPオーストラリア・ニュージーランドのプレジデントは、マーケターは、予測可能で無難な、お決まりの仕事とは決別し、コロナ後の世界に魔法をもたらすべきだと説いている。

1 日前

世界マーケティング短信:アップルがDSP設立を計画か

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

アマゾンの四半期決算、コマースは伸び悩むも広告は好調

クラウドサービス事業と広告事業が、テック業界の巨人アマゾンの、成長の原動力だ。

2022年8月04日

広告は誰のためのものか忘れていないか

アイデアに溢れ、深く考え抜かれ、そしてそれが正義を体現しているとき、広告はある種の公共サービスとなる。

2022年8月04日

「韓流」、その大いなる経済効果

韓国のソフトパワーの勢いが止まらない。その効果は様々な国内産プロダクトにも波及。韓国政府が描いた戦略と、その軌跡を辿る。

2022年8月04日

アドバンストTVでマーケターが成功するには

ATV(アドバンスドTV)がAPAC(アジア太平洋地域)で爆発的な成長を続けている。ATV広告を成功へと導きたければ、マーケターはその3つの特徴に注目すべきだろう。

2022年7月29日

APACブランド、eスポーツ戦略の課題

世界のゲーマーの半数を抱えるアジア太平洋地域(APAC)。だがeスポーツ活用を図るブランドは、データの扱いやレポーティングが適切でないと専門家は指摘する。

2022年8月05日

世界マーケティング短信:アマゾン、クラウドと広告が2桁増収

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年7月29日

世界マーケティング短信:Cookie廃止が再び延期に

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年7月28日

デジタル化でファンをつなぎとめるトッテナム・ホットスパーFC

130年の歴史を持つサッカークラブのトッテナム・ホットスパーは、消費者(特にミレニアル世代)の関心をつなぎとめようと、さまざまなエンターテインメントを提供しているが、苦しい戦いが続いている。エグゼクティブディレクターのドナ・マリア・カレン氏がその取り組みについて語った。

2022年7月15日

優秀な人材は、なぜテック企業へ移るのか

エージェンシーからテック企業やスタートアップに転職する人々が後を絶たない。高い給与に加え、ストックオプションなど様々な厚待遇が転職者にとっては大きな魅力だ。

2022年7月22日

リモートか、オフィスか クリエイティブへの効果

コロナ禍で日常化したリモートワーク。だが、社員のクリエイティビティーを引き出すのに果たして最善の手段なのか。各エージェンシー幹部に現在のワークモデルを尋ねた。

2022年7月28日

感情コード:AIは人間と、真に共感することができるか

人工知能は、人間に対する理解を深め、まずます人間との関わりを強めている。そんななか、マーケターはどんな倫理的問題に備えておくべきだろうか?

2022年7月22日

クリエイティブチームの完全インハウス化は可能か

多くのブランドがハイブリッド・アプローチを採用しているなか、ある製薬会社は、マーケティングの100%インハウス化に取り組んでいるという。同社のマーケティング担当ゼネラルマネージャーにその方法を聞いた。

エージェンシー・レポートカード2021

2022年4月07日

2021年APAC主要エージェンシーのイノベーション評価

エージェンシー・レポートカード分析:2021年は、目を引く新コンセプトの発表よりも、イノベーションの地域拡大と商用化が優先されたようだ。

2022年3月25日

2021年APAC主要エージェンシーのサステナビリティ評価

エージェンシー・レポートカード分析:調査に協力した大手エージェンシー41社は、サステナビリティが最重要課題であることには同意したものの、その実践と施策にはばらつきがみられた。

2022年3月18日

エージェンシー・レポートカード2021:APAC主要エージェンシーの評価表

今年で19回目となるCampaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード」。2021年、アジア太平洋地域(APAC)の主要エージェンシーはどのような実績を上げたのか。ビジネスやイノベーション、クリエイティブといった観点から総合的に査定する。

2022年3月18日

エージェンシーレポートカード2021:ADKグループ

ADKはシンガポールやベトナムのユニットが牽引する形でデジタルトランスフォーメーションを加速させたが、国内の成長は鈍いものだった。DEIへの関心が相変わらず低いことも、深刻な問題と言わざるを得ない。

注目の作品

1 日前

フェデラー選手、若いファンとの約束をサプライズで実現

テニス界のレジェンドが、かつて約束を交わした若いファンの前にサプライズで登場し、一緒にプレーを楽しんだ。

2022年6月03日

人種差別の「治療薬」、ニューヨークの薬局に陳列される

パンデミック以降、米国でアジア系に対するヘイトクライム件数が急増している。

2022年2月04日

MUJI店舗 俳句がいざなう 読書の旅

シンガポール国家図書館委員会(NLB)が、俳句に着想を得た読書啓発活動をオグルヴィ、無印良品と共に実施中だ。

2022年1月28日

春節のCM、テーマは子どもたちが始めた清掃活動

春節(旧正月)が近づくと中華圏を中心に増えるのは、家族の絆をテーマとした心温まるCMだ。だがマレーシアのRHB銀行がこのたび公開したのは、そういった典型的な表現とは一線を画すCMだった。

2021年11月23日

がんとの戦い、勇敢でなくてもいい

がんと向き合う患者は平静を装い、勇敢でなくてはならないのか? 豪州の支援団体によるキャンペーンが問いかける。

2021年11月19日

アワード獲得に躍起になるエージェンシー、もしも一般人だったら?

名だたる広告賞での受賞は、クリエイターにとって大きな目標の一つ。だが賞獲得を狙って突っ走り、広告の本来の目的から逸脱していく様子を、一般人に置き換えてみると……?

2021年11月11日

SK-IIとアンディ・ウォーホルのコラボレーションの意味

フォースマン&ボーデンフォース(Forsman & Bodenfors)が手がけるアジア向けキャンペーン「あなたの美しさを表現しよう(Broadcast Your Beauty)」は、ウォーホルの描くマスメディア、アート、商業の融合をテーマとしている。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る