グーグル提訴 アドテク界の反応

米司法省が先週、グーグルを提訴した。同社の広告事業は独占禁止法(反トラスト法)違反であり、優越的立場を乱用してパブリッシャーや広告主に多大な損害を与えたという。今回...

ゲームイベントへのブランドの進出は加速するか

不況対策の短期思考は、メディアの進化を阻む

2023年、消費者に選ばれるブランドとは

3 日前

グーグル提訴 アドテク界の反応

米司法省が先週、グーグルを提訴した。同社の広告事業は独占禁止法(反トラスト法)違反であり、優越的立場を乱用してパブリッシャーや広告主に多大な損害を与えたという。今回の訴訟が業界に及ぼす影響などについて、アドテク界のリーダーに尋ねた。

3 日前

ゲームイベントへのブランドの進出は加速するか

Eスポーツ大会や表彰式、コンベンション会場などには大勢のゲーマーが詰めかけているが、多くのブランドはまだその姿を見せていない。

3 日前

不況対策の短期思考は、メディアの進化を阻む

広告主が不況からの回復を目指すなら、短期的思考に陥って、毎月のように計画を見直す誘惑に打ち勝たなければならない。その理由と、広告主やエージェンシーが注力すべき点について説明する。

2023年1月27日

2023年、消費者に選ばれるブランドとは

今年、消費者にアピールできるのはどのようなブランドか −− ペプシコ・ヨーロッパのCMO(チーフマーケティングオフィサー)が3つのポイントを語る。

2022年12月16日

2022年「40 Under 40」: APACマーコム界の若きリーダーたち

Campaign Asia-Pacificが毎年、アジア太平洋地域(APAC)の若き逸材を選ぶ「40 Under 40(40歳以下の40人)」。今年は日本から4人が選出された。各人のプロフィールをご紹介する。

2023年1月27日

高級ブランドにとって、値下げは成長の甘い罠

テスラによる、最近の値下げの動きは賢明とはいえない。こうした短期的な利益には代償がつきものだからだ。そして、大抵の場合、その代償はブランドが支払うことになる。

2023年1月27日

2023年、広告業界はネットゼロに取り組まなければならない

すべての企業がサステナビリティ施策のToDoリストに載せるべきことが5つあると、アド・ネットゼロの議長は語る。

2023年1月27日

世界マーケティング短信:デジタル広告市場の寡占状態は変わるか

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2023年1月19日

広告が描く「男性像」は、正しいのか

広告界では依然、たくましさや強さが男の象徴として描かれる。だがこうしたイメージは、現代の男性の姿を的確に捉えているのだろうか。

2023年1月19日

メディア幹部が不況からの早い回復を予想する理由

メディア業界は、以前の不況期と比べて経済的打撃からの回復力が強くなっていると、ITV、ハースト、スポティファイなどのコマーシャル責任者は考えている。

2023年1月12日

「アンチソーシャルメディア」は広がるのか

バレンシアガ、ボッテガ・ヴェネタ(ファッション)、ラッシュ(コスメ)……これらは昨今、ソーシャルメディアから撤退したブランドだ。これからは「アンチソーシャル」の時代なのか。ブランドとソーシャルメディアの関係性を探る

2023年1月13日

2023年、ブランドが注目すべきアドテク3つのトレンド

米ヤフーのAPAC担当責任者は、厳しい経済情勢の中、限られた予算で成果を上げたいブランドにとっては、アドテクが、アドレサブルメディア、Web3、コネクテッドキャンペーンなどの主要分野で効力を発揮するだろうと言う。

2022年12月22日

東京五輪汚職・談合 札幌大会招致への影響は

汚職のみならず、日本の3大広告代理店を巻き込んだ談合にまで発展した東京五輪・パラリンピックを巡る捜査。2030年冬季五輪の札幌招致にどのような影響が出るのか。

2022年12月02日

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2022 日本/韓国:結果発表

Campaign Asia-Pacificが主催する2022年「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」の、日本および韓国の結果が発表された。

エージェンシー・レポートカード2021

2022年4月07日

2021年APAC主要エージェンシーのイノベーション評価

エージェンシー・レポートカード分析:2021年は、目を引く新コンセプトの発表よりも、イノベーションの地域拡大と商用化が優先されたようだ。

2022年3月25日

2021年APAC主要エージェンシーのサステナビリティ評価

エージェンシー・レポートカード分析:調査に協力した大手エージェンシー41社は、サステナビリティが最重要課題であることには同意したものの、その実践と施策にはばらつきがみられた。

2022年3月18日

エージェンシー・レポートカード2021:APAC主要エージェンシーの評価表

今年で19回目となるCampaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード」。2021年、アジア太平洋地域(APAC)の主要エージェンシーはどのような実績を上げたのか。ビジネスやイノベーション、クリエイティブといった観点から総合的に査定する。

2022年3月18日

エージェンシーレポートカード2021:ADKグループ

ADKはシンガポールやベトナムのユニットが牽引する形でデジタルトランスフォーメーションを加速させたが、国内の成長は鈍いものだった。DEIへの関心が相変わらず低いことも、深刻な問題と言わざるを得ない。

注目の作品

2022年8月12日

フェデラー選手、若いファンとの約束をサプライズで実現

テニス界のレジェンドが、かつて約束を交わした若いファンの前にサプライズで登場し、一緒にプレーを楽しんだ。

2022年6月03日

人種差別の「治療薬」、ニューヨークの薬局に陳列される

パンデミック以降、米国でアジア系に対するヘイトクライム件数が急増している。

2022年2月04日

MUJI店舗 俳句がいざなう 読書の旅

シンガポール国家図書館委員会(NLB)が、俳句に着想を得た読書啓発活動をオグルヴィ、無印良品と共に実施中だ。

2022年1月28日

春節のCM、テーマは子どもたちが始めた清掃活動

春節(旧正月)が近づくと中華圏を中心に増えるのは、家族の絆をテーマとした心温まるCMだ。だがマレーシアのRHB銀行がこのたび公開したのは、そういった典型的な表現とは一線を画すCMだった。

2021年11月23日

がんとの戦い、勇敢でなくてもいい

がんと向き合う患者は平静を装い、勇敢でなくてはならないのか? 豪州の支援団体によるキャンペーンが問いかける。

2021年11月19日

アワード獲得に躍起になるエージェンシー、もしも一般人だったら?

名だたる広告賞での受賞は、クリエイターにとって大きな目標の一つ。だが賞獲得を狙って突っ走り、広告の本来の目的から逸脱していく様子を、一般人に置き換えてみると……?

2021年11月11日

SK-IIとアンディ・ウォーホルのコラボレーションの意味

フォースマン&ボーデンフォース(Forsman & Bodenfors)が手がけるアジア向けキャンペーン「あなたの美しさを表現しよう(Broadcast Your Beauty)」は、ウォーホルの描くマスメディア、アート、商業の融合をテーマとしている。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る