Premium

日本発グローバルブランド、トップ10のうち5つは自動車

「インターブランドジャパン」が、ブランドの持つ価値を金額換算した独自のブランドランキング「ベスト・ジャパンブランド(Best Japan Brands ...

Premium

オーナーの過激な思想がブランドにもたらす影響とは?

Premium

電通・ADK決算:2016年度の利益薄、2017年にかけて慎重な構え

Premium

パナソニック、レガシーからの脱却への挑戦

Premium

「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界

Premium
日本発グローバルブランド、トップ10のうち5つは自動車
Premium
12 時間前

日本発グローバルブランド、トップ10のうち5つは自動車

「インターブランドジャパン」が、ブランドの持つ価値を金額換算した独自のブランドランキング「ベスト・ジャパンブランド(Best Japan Brands )2017」を発表。自動車ブランドの強さが際立つ結果となった。

Premium
オーナーの過激な思想がブランドにもたらす影響とは?
Premium
2 日前

オーナーの過激な思想がブランドにもたらす影響とは?

アパグループの代表は、中国人やユダヤ人の心情を逆なでする術を心得ているようだ。しかし、その政治的な思想が議論を巻き起こす一方で、日本では同グループの事業にそれほど悪影響はないように見受けられる。

Premium
電通・ADK決算:2016年度の利益薄、2017年にかけて慎重な構え
Premium
3 日前

電通・ADK決算:2016年度の利益薄、2017年にかけて慎重な構え

両社ともに、慎重な次期業績予想を示した。また電通は、昨年の不祥事との関連性について言及を避けた。

Premium
パナソニック、レガシーからの脱却への挑戦
Premium
2017年2月16日

パナソニック、レガシーからの脱却への挑戦

創立99年目を迎えるパナソニックが、同社にとっては画期的なオープンイノベーションを取り入れようとしている。道のりは平坦ではないが、ブランド再活性化への重要な1歩になることは間違いない。

Premium
「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界
Premium
2017年2月15日

「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界

誤解から生まれる意外なメリット、デジタルマーケティングの盲点、そして女性の才能を開花させるために必要なこと……。AKQAでグループクリエイティブディレクターを務めるクラウディア・クリストヴァオ氏が、日本での経験と教訓を語る。

Premium
広告制作に携わるワーキングマザーの生の声
Premium
2017年2月15日

広告制作に携わるワーキングマザーの生の声

広告制作はまだワーキングマザーにとって働きやすい環境とはいえない。現場で奮闘するワーキングマザーの本音と未来が討論された。

Premium
テロ資金と化す、オンライン広告費
Premium
2017年2月15日

テロ資金と化す、オンライン広告費

イスラム過激派や白人至上主義者、ポルノ関連のウェブサイトにグローバルブランドの広告が掲載され、それらの組織の資金源になってしまう − 業界にとっては極めて深刻な、喫緊の問題だ。

Premium
「日本株式会社」は信頼回復が急務 − 2017 エデルマン・トラストバロメーター
Premium
2017年2月09日

「日本株式会社」は信頼回復が急務 − 2017 エデルマン・トラストバロメーター

エデルマンが毎年実施する、信頼度調査の最新結果が発表された。浮き彫りとなったのは、企業に対する日本人の著しい不信感。どのように信頼回復に努めるべきなのか、調査結果からはその糸口も見えてきた。

Premium
ゲーマーの邪魔をしない「DEKKI」
Premium
2017年2月15日

ゲーマーの邪魔をしない「DEKKI」

ゲーマーにとって、プレイ中に表示される広告は実に目障り – そう考えたプレイブレーン社CEOが、新たなプラットフォームを創設した。

Premium
ゲーマーの邪魔をしない「DEKKI」
Premium
2017年2月15日

ゲーマーの邪魔をしない「DEKKI」

ゲーマーにとって、プレイ中に表示される広告は実に目障り – そう考えたプレイブレーン社CEOが、新たなプラットフォームを創設した。

Premium
ユニクロのグローバルキャンペーンと「サイエンス」
Premium
2017年2月08日

ユニクロのグローバルキャンペーンと「サイエンス」

昨年、ユニクロのグローバルキャンペーンを制作したニューヨークのクリエイティブエージェンシー「Droga5」。同社のリンゼイ・コール、デボン・ホンの両氏が、日本の巨大アパレル企業との「発展的関係」について語る。

Premium
博報堂、新社長を発表
Premium
2017年2月15日

博報堂、新社長を発表

56歳の常務執行役員が、次期社長に就任すると発表された。

Premium
テセウス・チャン、クリエイティビティーの源
Premium
2017年2月09日

テセウス・チャン、クリエイティビティーの源

「D&AD」が東京で開催したワークショップに、「シンガポールの至宝」と讃えられるグラフィックデザイナー、テセウス・チャン氏が登場した。同氏の作品や仕事に対する哲学に迫る。

Premium
新成人に贈る、「故郷の魅力」
Premium
2017年2月07日

新成人に贈る、「故郷の魅力」

若者の流出という共通の問題を抱える地方の中小都市。福井県大野市ではそれを少しでも食い止めようと、新成人たちに粋なプレゼントが贈られた。

Premium
ファーストリテイリング、学生インターンを長期間受け入れへ
Premium
2017年2月13日

ファーストリテイリング、学生インターンを長期間受け入れへ

クリエイティブなアイデアを一緒に生み出していくインターンを、グローバルで幅広く募集する。

Premium
シニア層、スマートフォンとeコマースを積極活用
Premium
2017年2月08日

シニア層、スマートフォンとeコマースを積極活用

デジタルデバイスを通して行う行動で最も増えたのは、オンラインショップでの購入だ。ヤフーやラジオ番組もいまだ健闘している。

特集

Premium
任天堂の未来を占う、「Switch」
Premium
2017年2月02日

任天堂の未来を占う、「Switch」

京都に本社を置く任天堂は来月、社運を賭けた新型ビデオゲーム機を発売する。その成否を左右するのは、過去の失敗から得た教訓とマーケティングだろう。

Premium
話題になったYouTube動画広告の背景
Premium
2017年1月30日

話題になったYouTube動画広告の背景

ボーカロイド「初音ミク」が、ピコ太郎を抜いてトップに。

Premium
CEOと危機対応
Premium
2017年1月25日

CEOと危機対応

社内で不祥事が生じたとき、経営陣はどのように対応すべきなのか。昨今の大企業の事例から、そのあるべき姿勢を考える。

Premium
広告業界の「働き方改革」に向けて
Premium
2017年1月12日

広告業界の「働き方改革」に向けて

電通・新入社員の過労自殺が労災認定された昨年の10月。以後、広告業界では働き方の見直しが急務となった。Campaignでは業界から幅広い参加者を募り、この課題を討論する場を設けた。そこから見えてきたものとは。

注目の作品

Premium
「音の甘味料」で砂糖を控えて:あるカフェの提案
Premium
2017年2月15日

「音の甘味料」で砂糖を控えて:あるカフェの提案

電通と中国のXin Café(シン・カフェ)は、糖分の過剰摂取による疾病の増加を予防する、ユニークなプロジェクトを実施した。

Premium
新成人に贈る、「故郷の魅力」
Premium
2017年2月07日

新成人に贈る、「故郷の魅力」

若者の流出という共通の問題を抱える地方の中小都市。福井県大野市ではそれを少しでも食い止めようと、新成人たちに粋なプレゼントが贈られた。

Premium
地方創生、地元の若い才能に賭ける
Premium
2017年2月03日

地方創生、地元の若い才能に賭ける

高校生が制作した市のPR動画には、若い人たちにふるさとの温かさに気付いてもらいたいとの思いが込められている。

Premium
「妻の気持ちになって体験する」試乗会
Premium
2017年1月30日

「妻の気持ちになって体験する」試乗会

日産自動車はファミリーカーのプロモーションとして、「ママ」の気持ちを「パパ」に体験してもらう特別試乗企画「Mommying(マミーイング) Drive」を実施した。

Premium
割り勘アプリ「Paymo」、テーブルトリックで鮮烈なデビュー
Premium
2017年1月30日

割り勘アプリ「Paymo」、テーブルトリックで鮮烈なデビュー

PARTYが制作した小気味よいショートフィルムでは、面倒な割り勘をすっきり解決する方法が紹介されている。

Premium
ソフトバンク、学割商戦に世界的スターを起用
Premium
2017年1月26日

ソフトバンク、学割商戦に世界的スターを起用

2017前半の学割商戦がスタートした。支持を集めるのは、どの通信キャリアになるのか。

Premium
Y-3、警察国家におけるファッションの役割を表現
Premium
2017年1月20日

Y-3、警察国家におけるファッションの役割を表現

デザイナー山本耀司氏とアディダスの協業ブランド「Y-3(ワイスリー)」は、興味深いポジションを築き続ける。

女性リーダーたちと語る

Premium
「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界
Premium
2017年2月15日

「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界

誤解から生まれる意外なメリット、デジタルマーケティングの盲点、そして女性の才能を開花させるために必要なこと……。AKQAでグループクリエイティブディレクターを務めるクラウディア・クリストヴァオ氏が、日本での経験と教訓を語る。

Premium
女性はなぜキャリアアップに積極的になれないのか
Premium
2017年1月26日

女性はなぜキャリアアップに積極的になれないのか

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン コンテントディレクターへのインタビュー後編では、ブランドが売り込みをやめて消費者の心をつかむための作法と、日本の女性がキャリアアップに積極的になれない理由を掘り下げる。

Premium
ジャーナリズムからブランドの世界へ(前編)
Premium
2017年1月18日

ジャーナリズムからブランドの世界へ(前編)

メッセージを発信するという点で、ブランドはある意味「メディア企業」になることを期待されている。そんな中、広告会社に活躍の場を移すジャーナリストはほとんど見られない。それを実行した、ある稀少な女性に話を聞いた。

Premium
広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか
Premium
2016年12月07日

広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか

男女平等という視点から広告業界を見ると、果たしてどれほどの変化をこれまで遂げてきたのだろうか。そして、今後はどこを目指していくべきなのか。シリーズ「女性リーダーたちと語る」のプロローグとして、このテーマをあらためて考察する。

フォトギャラリー

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る