Premium

モメンタム ジャパン、フィジカルとデジタルを合わせた体験の創造へ

新チームはナディアと提携し、VR・AR・MR領域のソリューションを提供する。

Premium

オムニコム・ヘルス・グループ傘下のCDM、日本に進出

Premium

競合プレゼンを減らし、広告界の効率化を

Premium

電通、「野球」「デジタル」で業績拡大

Premium

広告界の“ビッグ6”が買われる日

Premium
モメンタム ジャパン、フィジカルとデジタルを合わせた体験の創造へ
Premium
12 時間前

モメンタム ジャパン、フィジカルとデジタルを合わせた体験の創造へ

新チームはナディアと提携し、VR・AR・MR領域のソリューションを提供する。

Premium
オムニコム・ヘルス・グループ傘下のCDM、日本に進出
Premium
12 時間前

オムニコム・ヘルス・グループ傘下のCDM、日本に進出

日本の顧客の海外進出意欲が、CDMの東京進出を後押しした。

Premium
競合プレゼンを減らし、広告界の効率化を
Premium
2017年5月19日

競合プレゼンを減らし、広告界の効率化を

広告業界のワーク・ライフ・バランスを達成するには、広告代理店側の尽力だけでは難しい。クライアント側も思考回路を変え、悪しき慣習を断ち切ることがカギだろう。

Premium
電通、「野球」「デジタル」で業績拡大
Premium
2017年5月17日

電通、「野球」「デジタル」で業績拡大

電通イージス・ネットワークの売上総利益の約6割がデジタルサービス – 電通が2017年12月期第1四半期連結決算を発表した。

Premium
広告界の“ビッグ6”が買われる日
Premium
2017年5月17日

広告界の“ビッグ6”が買われる日

WPP、オムニコム、ピュブリシス、インターパブリック、電通、ハバス − 世界の6大広告代理店も、幾つかの巨大企業にとっては「小さな獲物」に過ぎないようだ。

Premium
CMOを脅かす、「最高事業成長責任者」
Premium
2017年5月17日

CMOを脅かす、「最高事業成長責任者」

コカ・コーラが、最高マーケティング責任者(CMO = Chief Marketing Officer)に取って代わる「最高事業成長責任者(CGO = Chief Growth Officer)」という役職を新設した。だがこれは決して好ましい動きではない、とある業界人は憂う。

Premium
マッシブミュージックが、アジアのハブに東京を選んだ理由
Premium
2017年5月17日

マッシブミュージックが、アジアのハブに東京を選んだ理由

職業への高い倫理観を持つ日本は、五輪開催を控え国際化が進み、魅力的な存在となりつつある。

Premium
「私日本人でよかった」ポスターの騒動から学ぶ教訓
Premium
2017年5月18日

「私日本人でよかった」ポスターの騒動から学ぶ教訓

6年前に制作されたポスターがネット上で今、関心の的となっている。

Premium
「事実のおすみつき」と「共感のおすみつき」
Premium
2017年5月10日

「事実のおすみつき」と「共感のおすみつき」

情報過多な社会で、生活者の取捨選択を後押しするのは、事実系と共感系の「2つのインフルエンサー」だ。

Premium
「事実のおすみつき」と「共感のおすみつき」
Premium
2017年5月10日

「事実のおすみつき」と「共感のおすみつき」

情報過多な社会で、生活者の取捨選択を後押しするのは、事実系と共感系の「2つのインフルエンサー」だ。

Premium
成功する6秒動画広告の秘訣
Premium
2017年5月10日

成功する6秒動画広告の秘訣

ユーチューブで流す6秒の動画広告に注目が集まっている。果たしてどのように効果的なCFを作ればいいのか。キーワードは「明快さ」「簡潔性」「質の高いクリエイティブ」だ。

Premium
日本のスタートアップ向けコンサル、米国進出の理由
Premium
2017年5月11日

日本のスタートアップ向けコンサル、米国進出の理由

博報堂傘下のQUANTUMはサンフランシスコの新拠点で、より多くのスタートアップを日本企業とつなげようとしている。

Premium
AIはクリエイティブにとって「敵」か、「味方」か
Premium
2017年4月27日

AIはクリエイティブにとって「敵」か、「味方」か

人工知能(AI)がクリエイティブにとって有益なツールであることは、既に実証されている。一方、AIに仕事を奪われるのではないかと戦々恐々とする人々もいる。ロンドンの広告制作の最前線から、その未来を探る。

Premium
マーケティングシステムは誰がどう担うべきか?
Premium
2017年4月27日

マーケティングシステムは誰がどう担うべきか?

「システムの開発・導入はIT部門の役割」という考えは、次第に過去のものとなりつつある。本稿では、マーケティング部門がITも担いつつある現状を踏まえ、そこに潜む課題を考察する。

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
2017年4月25日

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
2017年4月24日

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

特集

Premium
ドールのフルーツカクテル缶、AIが売り切る
Premium
2017年5月17日

ドールのフルーツカクテル缶、AIが売り切る

「こんな経験は初めて」――。ドールでアジア太平洋地域のマーケティングを担当する副社長は、フィリピンで実施した販促キャンペーンについて、このように語った。

Premium
アクセンチュア インタラクティブ、日本での新たなる挑戦
Premium
2017年5月12日

アクセンチュア インタラクティブ、日本での新たなる挑戦

従来のコンサルティング業に加え、クリエイティブも守備範囲に。世界120カ国以上に顧客を持つアクセンチュアのエージェンシー、その日本戦略を改めて問う。

Premium
何を閲覧したかをもとに魔法をかける、広告の魔術師たち
Premium
2017年5月11日

何を閲覧したかをもとに魔法をかける、広告の魔術師たち

ニューロサイエンスか、ナンセンスか?

Premium
人工知能を登用したランジェリーブランド、広告会社と決別へ
Premium
2017年3月29日

人工知能を登用したランジェリーブランド、広告会社と決別へ

コサベラは、「アルバート」という名前のAIプラットフォームを採用。顧客基盤が広がり、ROI(投資利益率)は3倍になった。

注目の作品

Premium
スマートフォン世代に向けた、キャノンの新マーケティング戦略
Premium
1 日前

スマートフォン世代に向けた、キャノンの新マーケティング戦略

モバイル機器全盛の今日。高品質カメラで名を馳せるキャノンは世界戦略を練り直し、ストーリーテリングでミレニアル世代の取り込みを図る。

Premium
「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン
Premium
2017年4月24日

「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン

大胆で挑発的な広告で知られるイタリアのファッションブランド、ディーゼル。最新のキャンペーンではトランプの「壁」に異議を唱え、愛の自由を訴える。

Premium
アディダスがランニングの新しい楽しみ方を提案
Premium
2017年4月17日

アディダスがランニングの新しい楽しみ方を提案

アディダスが、信号機に止められることなくフルマラソンを走り抜けるイベントを都内で実施した。

Premium
ペプシの例が示す、社会的課題の扱い方
Premium
2017年4月10日

ペプシの例が示す、社会的課題の扱い方

デモ隊と警察の間に緊張が高まっても、炭酸飲料があれば大丈夫、丸く収まる。

Premium
世界最強軍団「オールブラックス」、東京で荒ぶる
Premium
2017年4月06日

世界最強軍団「オールブラックス」、東京で荒ぶる

AIGの新たなCFが話題を呼んでいる。ありきたりの保険会社の広告とは明らかに一線を画すこの作品の主人公は、ニュージーランドの猛者たちだ。

Premium
周年記念広告で自ら笑いを取った、ナイキの自信
Premium
2017年4月05日

周年記念広告で自ら笑いを取った、ナイキの自信

スニーカー「エアマックス 1」の米国での誕生30周年を記念し、ナイキはアヴァ ・ニルイ氏とアレックス ・リー氏の2人のアーティストを起用し、不可思議で独創的な作品を作った。

Premium
DAZN、Jリーグ開幕に合わせてファン目線の動画をリリース
Premium
2017年4月03日

DAZN、Jリーグ開幕に合わせてファン目線の動画をリリース

お気に入りのチームを応援するファンのドラマを、スポーツコンテンツ配信会社が描き出した。

女性リーダーたちと語る

Premium
秋澤知子氏(エデルマン):「発言しやすい環境を作ることが大切」
Premium
2017年4月20日

秋澤知子氏(エデルマン):「発言しやすい環境を作ることが大切」

二つの文化を背景に持つコミュニケーションリーダーは、日本の職場や「グローバル化」のための土壌作りに、国際的な経験を生かしている。

Premium
「データ活用」で目指す、男女平等
Premium
2017年3月09日

「データ活用」で目指す、男女平等

広告界に根深くはびこる男女格差の問題。改革は依然、遅々として進まない。それでもなお、この業界の未来に明るい希望を見出す女性クリエイティブディレクターがいる。

Premium
「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界
Premium
2017年2月15日

「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界

誤解から生まれる意外なメリット、デジタルマーケティングの盲点、そして女性の才能を開花させるために必要なこと……。AKQAでグループクリエイティブディレクターを務めるクラウディア・クリストヴァオ氏が、日本での経験と教訓を語る。

Premium
女性はなぜキャリアアップに積極的になれないのか
Premium
2017年1月26日

女性はなぜキャリアアップに積極的になれないのか

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン コンテントディレクターへのインタビュー後編では、ブランドが売り込みをやめて消費者の心をつかむための作法と、日本の女性がキャリアアップに積極的になれない理由を掘り下げる。

フォトギャラリー

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る