Premium

電通、過剰請求を文書で発表

電通の代表取締役社長執行役員の石井直氏は、不適切業務の発生を説明し、広告主に対し謝罪した。

Premium

「不正請求疑惑」に揺れる電通

Premium

日本では複数デバイスの利用者が顕著に増加:Appier調べ

Premium

「アドテック東京2016」が示唆すること

Premium

唯一無比のニッチ・ブランドを目指す、インフィニティ

Premium
電通、過剰請求を文書で発表
Premium
22 時間前

電通、過剰請求を文書で発表

電通の代表取締役社長執行役員の石井直氏は、不適切業務の発生を説明し、広告主に対し謝罪した。

Premium
「不正請求疑惑」に揺れる電通
Premium
4 日前

「不正請求疑惑」に揺れる電通

電通の国内グループ会社による不正取引が明るみに出た。以前より批判の強い、広告市場の不透明性。その「悪しき慣行」を正す必要性が改めて浮き彫りとなった。

Premium
日本では複数デバイスの利用者が顕著に増加:Appier調べ
Premium
20 時間前

日本では複数デバイスの利用者が顕著に増加:Appier調べ

Appierの調査によれば、日本では4台以上のデバイスの併用がますます広まっている。

Premium
「アドテック東京2016」が示唆すること
Premium
4 日前

「アドテック東京2016」が示唆すること

9月20、21日に東京国際フォーラムで行われた「アドテック東京2016」。様々な立場の人々が参加して行われた初日のパネルディスカッションから、印象的だったものをかい摘んで紹介していく。

Premium
唯一無比のニッチ・ブランドを目指す、インフィニティ
Premium
2016年9月21日

唯一無比のニッチ・ブランドを目指す、インフィニティ

日産の高級車ブランド「インフィニティ」。主要市場でのシェア拡大を狙い、ブランドの定義をより磨き上げ、ポジショニングの確立に注力する。

Premium
短い方が面白い - 記憶に残る「5秒CM」の作り方
Premium
2016年9月16日

短い方が面白い - 記憶に残る「5秒CM」の作り方

5秒間という、ペプシの最も短いCMを米国で制作したクリエイター・チーム、ジョニー・セメラッド氏とキャリー・ガトヤン氏。彼らはこの新しいスタイルのCM制作から、何を得たのか。「瞬間的メッセージ」のあり方と可能性について語った。

Premium
ケーススタディ:大企業を救った「ハッシュタグ」
Premium
2016年9月22日

ケーススタディ:大企業を救った「ハッシュタグ」

100年の歴史を誇る豪州の老舗果物加工会社、SPC。輸入品に押されて会社存続の危機に直面したものの、ソーシャル・メディアを有効活用、起死回生の「大逆転劇」を生んだ。

Premium
新興市場、モンゴルを狙え
Premium
2016年9月13日

新興市場、モンゴルを狙え

グローバルなブランド価値調査として知られる、「ブランドZ」。その最新版の中でも注目すべきは、急速な経済成長を遂げるモンゴルに関するリポートだ。この国への市場参入を目論むマーケターには、隣接する中国よりもインドネシアとの共通点が多い、と助言する。

Premium
日本語学習者はブルーオーシャンか - 電通の新たな試み
Premium
2016年9月07日

日本語学習者はブルーオーシャンか - 電通の新たな試み

分かりやすく簡素化した日本語を普及させ、日本人と訪日観光客との交流を促進しよう-賛否両論を呼びそうなアイデアだが、マーケターにとっては新たなビジネスチャンスとなる可能性を秘めている。

Premium
日本語学習者はブルーオーシャンか - 電通の新たな試み
Premium
2016年9月07日

日本語学習者はブルーオーシャンか - 電通の新たな試み

分かりやすく簡素化した日本語を普及させ、日本人と訪日観光客との交流を促進しよう-賛否両論を呼びそうなアイデアだが、マーケターにとっては新たなビジネスチャンスとなる可能性を秘めている。

Premium
ケーススタディ:マクドナルド、パーソナライゼーションで夏の売上拡大
Premium
2016年9月08日

ケーススタディ:マクドナルド、パーソナライゼーションで夏の売上拡大

グーグルのクラウド技術とサードパーティーデータによって、マクドナルドの複雑なメニューが分かりやすくなった。

Premium
購買部門の役割:必要か、それとも不要か?
Premium
2016年9月21日

購買部門の役割:必要か、それとも不要か?

正当に評価されることが少ないマーケティング購買業務。それでもブランドは、購買機能を手放すのか、あるいは受け入れていくのか決めなくてはならない。

Premium
「BtoBデジタルトランスフォーメーション」実現へのカギ
Premium
2016年9月15日

「BtoBデジタルトランスフォーメーション」実現へのカギ

この1、2年、よく耳にするようになった「デジタルトランスフォーメーション」。だがその具現化はいまだ多くの企業にとって難題であろう。どうしたらスムーズな移行が可能となるのか、その要点を探る。

Premium
グローバルな成長を目指す、三菱重工のソフトアプローチ
Premium
2016年8月25日

グローバルな成長を目指す、三菱重工のソフトアプローチ

三菱重工は日本でも有数の巨大企業でありながら、海外ではほとんどその名を知られていない。名実ともに存在感を高めようと、同社は新たなウェブサイトをスタートさせた。クオリティーの高い情報発信で、「顔の見えるブランド」作りを目指す。

Premium
Teadsはユーチューブを超えられるか
Premium
2016年9月08日

Teadsはユーチューブを超えられるか

動画広告の「Teads」社は、アジア太平洋地域、及び日本担当に新しい幹部を任命した。多くのブランドがプレイスメントのクオリティーに懸念を寄せる中、それを逆手にとり、商機を見出そうとしている。

Premium
2020年東京五輪がリオとは決定的に異なる6つの点
Premium
2016年9月01日

2020年東京五輪がリオとは決定的に異なる6つの点

我々が直視すべきなのは、オリンピックが時代の波に乗り遅れているという点である。しかしR/GAのソーシャル部門グローバルマネージングディレクターは「日本での開催時にはめざましく進化するだろう」と楽観視している。技術の進歩は、今までのスポーツマーケティング戦略を踏襲するだけでは済まないことを意味する。このことをブランド各社は(スポンサーであるか否かにかかわらず)肝に銘じる必要がある。

特集

Premium
エクスペディアは日本の旅行初心者をいかに取り込むか
Premium
2016年9月14日

エクスペディアは日本の旅行初心者をいかに取り込むか

米国の大手オンライン旅行予約サイト、エクスペディアは、アーリーアダプター(初期少数採用者)に焦点を当てて日本に参入してきた。いまだに実店舗を持つ旅行代理店が幅を利かせる日本市場で、同社はマスセグメントを取り込むべく舵を切る。

Premium
日本のサービスをいかに簡素化するか ― デザインイットからの提言
Premium
2016年8月31日

日本のサービスをいかに簡素化するか ― デザインイットからの提言

広告界に長年従事し、デザインの世界へと転向したフィリップ・ルーベル氏。「新鮮な変化を楽しんでいる」と言う同氏に、2つの業界の違いと、デザインの原理がブランドの差別化にどう生かせるのかを尋ねた。

Premium
海外進出を狙う、日本のニュースアプリ
Premium
2016年8月12日

海外進出を狙う、日本のニュースアプリ

世界市場での成長が見込まれるプラットフォーム、「スマートニュース」と「ニューズピックス」。これら日本発のサービスが世界の舞台で成功するには、何が必要なのだろうか。

Premium
外国人観光客の「新たなニーズ」に応える
Premium
2016年8月19日

外国人観光客の「新たなニーズ」に応える

日本を訪れる外国人観光客の関心は、ショッピングから文化体験へと確実に変わりつつある。そんな彼らに、どのようなサービスを提供すればよいのか ― ブランドにとって今後のビジネスのカギとなる課題を考える。

注目の作品

Premium
「雨」をテーマにした高島屋の浴衣
Premium
2016年9月14日

「雨」をテーマにした高島屋の浴衣

雨を題材にした、夏の厳しい暑さを乗り切るユニークな浴衣のラインアップを、高島屋とクリエイターが手掛けた。

Premium
プリウス、水曜日のカンパネラと試乗MVを制作
Premium
2016年9月13日

プリウス、水曜日のカンパネラと試乗MVを制作

話題のアーティストと商品をお題にしたコラボレーションを、コンテンツとして成立させるのは難しい。企業×アーティストのコラボレーションコンテンツとして、ファンも楽しめるこの試乗MVは、羨ましい事例である。

Premium
「バズ動画にありがちな要素」が満載なチキンラーメンの動画
Premium
2016年8月26日

「バズ動画にありがちな要素」が満載なチキンラーメンの動画

発売58年目を迎えた日清食品のチキンラーメン。ネット上で話題となるバズ動画にありがちな要素を盛り込んだ動画「侍ドローン猫アイドル神業ピタゴラ閲覧注意爆速すぎる女子高生」が公開以来、話題を集めている。制作の経緯を、電通のクリエーティブプランナー、「クドウ ナオヤ」さんに聞いた。

Premium
人はなぜ服を着るのかを問いかける、ユニクロ初のグローバルキャンペーン
Premium
2016年8月18日

人はなぜ服を着るのかを問いかける、ユニクロ初のグローバルキャンペーン

世界市場での成長を目指すユニクロが、初となるグローバルブランディングキャンペーン「LifeWear(ライフウェア)」を開始した。

Premium
ナイキの提唱する、素晴らしき「身の程知らず」
Premium
2016年8月12日

ナイキの提唱する、素晴らしき「身の程知らず」

言うまでもなく、「身の程知らず」とは己の能力をわきまえない人を揶揄する言葉だ。だがナイキジャパンの新しいキャンペーンでは、これを肯定的なメッセージとして使用する。自らに限界を設けるな、と若者たちを鼓舞するのだ。

Premium
若きサラリーマンに「自由」を提唱する、ハーレーダビッドソン
Premium
2016年8月01日

若きサラリーマンに「自由」を提唱する、ハーレーダビッドソン

世界中に根強いファンをもつアメリカの老舗バイク・ブランド、ハーレーダビッドソン。日本の若いバイク愛好家たちを取り込もうと、新しい体験型キャンペーンをスタートさせた。

Premium
移植医療に新しい光を当てる、「おもちゃの移植手術」
Premium
2016年5月19日

移植医療に新しい光を当てる、「おもちゃの移植手術」

東京 – 日本では子供の臓器移植のためのドナーが足りず、大きな社会問題となっている。この状況を変えようと、移植医療を啓発・普及させるための「グリーンリボンキャンペーン」の一環として、ぬいぐるみを活用した新たなプロジェクトがスタートした。

「日本のクリエイティビティーを語る」

Premium
「生活を豊かにするテクノロジー」 ~ 岩村水樹(グーグル)
Premium
2016年7月15日

「生活を豊かにするテクノロジー」 ~ 岩村水樹(グーグル)

マーケティング界では「グーグル」という存在はあまりにも大きく、身近だ。ともすれば、グーグル自体がブランドであることを忘れがちになってしまう。「日本のクリエイティビティーを語る」、シリーズの最終回は、グーグルを「日本最強」のブランドとして維持する同社の岩村水樹(みき)氏に話を聞く。

Premium
デザイン思考の新たな世界へ ~ ジャレド・ブレイタマン(マッキンゼー&カンパニー)
Premium
2016年6月30日

デザイン思考の新たな世界へ ~ ジャレド・ブレイタマン(マッキンゼー&カンパニー)

広告代理店は今、経営コンサルティング会社の躍進に戦々恐々としている。これには相応の理由があると言っていい。シリーズ「日本のクリエイティビティーを語る」、今回は「マッキンゼー&カンパニー」のジャレド・ブレイタマン氏に、同社のクリエイティビティーとデザイン分野への進出について尋ねる。

Premium
CMはテレビCMだけではないと、そろそろ気付いては?
Premium
2016年6月16日

CMはテレビCMだけではないと、そろそろ気付いては?

変わりゆく日本のクリエイティブ事情を追う「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズ。今回はハワイ出身で日本に長く在住するプロデューサー、ジュリー・トーマス氏の視点をお届けする。

Premium
広告は、「人間的肉声」であるべし ~ 中治信博
Premium
2016年6月09日

広告は、「人間的肉声」であるべし ~ 中治信博

シリーズでお届けしている、「日本のクリエイティビティーを語る」。今回はテクノロジーの話題から離れ、ユニークな活動を続けるクリエイター、中治信博氏に話を聞く。ユーモア溢れる一連のヒットCMで知られる同氏。その作品が社会に受け入れられる要因を探る。

フォトギャラリー

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る