Premium

2017年、最も多くのCMに起用されたタレントとは?

ローラなど有名タレントをCMに起用すれば、多くの人からの注目を集めることができる。だが、十社を超えるCMに出演するタレントの起用は、広告主にとってどれほどの効果があ...

Premium

手厚い社員待遇は機能しているのか?

Premium

トップリクルーターがソーシャルメディアの指南役に

Premium

マーケターとAIは、どう共生の時代を築くか

Premium

広告代理店の「終焉」と、 変革の時代を生き抜く知恵

Premium
2017年、最も多くのCMに起用されたタレントとは?
Premium
2 日前

2017年、最も多くのCMに起用されたタレントとは?

ローラなど有名タレントをCMに起用すれば、多くの人からの注目を集めることができる。だが、十社を超えるCMに出演するタレントの起用は、広告主にとってどれほどの効果があるのか。

Premium
手厚い社員待遇は機能しているのか?
Premium
4 日前

手厚い社員待遇は機能しているのか?

マーケティングコミュニケーション企業がアジア地域の社員に対し、ユニークかつ興味深い社員待遇を用意している。まるでスタートアップ企業と競っているかのようだ。社員に真の恩恵をもたらす待遇について調査した。

Premium
トップリクルーターがソーシャルメディアの指南役に
Premium
3 日前

トップリクルーターがソーシャルメディアの指南役に

広告代理店は採用プロセスが旧態依然とし、新たなビジネスを生むソーシャルメディアの活用も不十分 −− マーケティング界の人材発掘のスペシャリストが、転身の理由を語る。

Premium
マーケターとAIは、どう共生の時代を築くか
Premium
4 日前

マーケターとAIは、どう共生の時代を築くか

マーケターが人工知能(AI)をさらに活用するために、必要となる役割とは?

Premium
広告代理店の「終焉」と、 変革の時代を生き抜く知恵
Premium
2018年1月11日

広告代理店の「終焉」と、 変革の時代を生き抜く知恵

広告代理店が、岐路に直面している。激変の時代に適応するには何を心がければよいのか。在ニューヨークのクリエイティブディレクターが語る。

Premium
女性の働きやすさを阻む、職場や社会の規範
Premium
2018年1月12日

女性の働きやすさを阻む、職場や社会の規範

産休や育休などの制度は整っても、何気ない一言に表現された職場の「見えないルール」に、女性は居づらさを感じてしまう――。日米を行き来する林英恵氏が、自身の体験を交えながら分析する。

Premium
「広告界を焼き払え!」
Premium
2018年1月11日

「広告界を焼き払え!」

広告界はこれまでのシステムや慣習を一掃し、新たなビジネスモデルを構築するべきだ −− 元広告マンが激白する。

Premium
テレビ視聴率調査は世帯から個人へ
Premium
2018年1月11日

テレビ視聴率調査は世帯から個人へ

間もなく始まる変革によって、マーケティング関係者の間で幅広い議論が巻き起こるだろうと、ビーコンコミュニケーションズのプランニング責任者はみている。

Premium
2018年、マーケティング界を占う7つの鍵
Premium
2018年1月11日

2018年、マーケティング界を占う7つの鍵

イノベーションがますます進む今、来年を展望するうえで重要な要素は何か。R/GAのグループ・テクノロジーディレクターが語る。

Premium
2018年、マーケティング界を占う7つの鍵
Premium
2018年1月11日

2018年、マーケティング界を占う7つの鍵

イノベーションがますます進む今、来年を展望するうえで重要な要素は何か。R/GAのグループ・テクノロジーディレクターが語る。

Premium
スマートスピーカーのメディア環境へのインパクト
Premium
2018年1月11日

スマートスピーカーのメディア環境へのインパクト

2018年のメディア環境の変化をリードするスマートスピーカー。音声インターフェースの生活への浸透は、私たちの欲求をスムーズに実行に移す「アシスタンスメディア」を生み出す。

Premium
慣れ親しんだマーケティングに別れを告げ、AIと共に歩む
Premium
2018年1月11日

慣れ親しんだマーケティングに別れを告げ、AIと共に歩む

機械学習がパーソナライゼーション(個々に向けた最適化)やストーリーテリング、マーケターの役割に及ぼす影響とは。アドアジアホールディングスCEOの十河宏輔氏が未来を見据える。

Premium
2018年の注目分野とブランド、トップ5
Premium
2017年12月19日

2018年の注目分野とブランド、トップ5

様々な分野で各ブランドが活発なマーケティングを行なっている。来年注目すべき企業や業界を、Campaignが選んだ。

Premium
労働時間削減に向けたピュブリシス・ワンの試み
Premium
2017年12月21日

労働時間削減に向けたピュブリシス・ワンの試み

金曜午後の退社は、日本の広告会社にとって効率的に働くためのきっかけなのかもしれない。

Premium
セクハラを告発されたクリエイターが辞任
Premium
2017年12月20日

セクハラを告発されたクリエイターが辞任

過去に受けてきたさまざまな嫌がらせを告発する「#MeToo」の動きが、日本でも広がりを見せている。

特集

Premium
2018年問題に立ち向かうコンビニ業界
Premium
2017年12月14日

2018年問題に立ち向かうコンビニ業界

コンビニ業界に迫り来る危機。しかしそこには明るい面もあると、ビーコンコミュニケーションズのショッパー・マーケティング・ストラテジストはみている。

Premium
アニメ、コンテンツ、透明性 −− ベインキャピタルはADKをどう変えるのか
Premium
2017年12月15日

アニメ、コンテンツ、透明性 −− ベインキャピタルはADKをどう変えるのか

紆余曲折を経て、買収劇はとうとう完結した。今後、ベインキャピタルとADKは様々な課題と向き合っていく。本当のチャレンジはこれからだ。

Premium
レゴ社が子ども向けSNSの制作から学んだこと
Premium
2017年12月07日

レゴ社が子ども向けSNSの制作から学んだこと

組み立てブロック玩具を製造するレゴ社は、間違いを犯しそうにない企業だろう。だが、1月に「レゴライフ」を公開して以降、厳しい教訓を学ぶこととなった。

Premium
「聞こえる選挙」が生む、新たな価値
Premium
2017年9月21日

「聞こえる選挙」が生む、新たな価値

電通とヤフーが視覚障がい者向けの選挙情報サイトを開発した。障がい者の目線が、新たなコミュニケーションとより優れたプロダクトの可能性を生む。

注目の作品

Premium
JALは時間の正確さを訴求するだけでよいのか?
Premium
2017年12月06日

JALは時間の正確さを訴求するだけでよいのか?

グローバルブランディングのための新CMは安心感を与えるものの、面白さに欠ける内容となった。

Premium
紙の可能性を最大限に引き出した、コピー用紙ブランドと「OK Go」のコラボ動画
Premium
2017年11月30日

紙の可能性を最大限に引き出した、コピー用紙ブランドと「OK Go」のコラボ動画

A4サイズのコピー用紙は、人々が思っているよりも可能性を秘めている。

Premium
お得な情報が15秒で自動消滅するYOOXのCM
Premium
2017年11月27日

お得な情報が15秒で自動消滅するYOOXのCM

今すぐクリックしないと、セルジオロッシのハイヒールがチェーンソーで真っ二つに!

Premium
KFCは、なぜクリスマスを席巻したのか
Premium
2017年11月21日

KFCは、なぜクリスマスを席巻したのか

「ばかばかしさ」を加味した周到なブランディング。メニューをさして変えずとも成功を収める、KFCの戦略を見つめる。

Premium
自動車税の過重さを動画で訴求するJAF
Premium
2017年11月20日

自動車税の過重さを動画で訴求するJAF

勤勉なサラリーマンにとって、快適な通勤はかなわぬ夢なのか。

Premium
「伝統と革新」で、東京がニューヨーカーにアピール
Premium
2017年11月15日

「伝統と革新」で、東京がニューヨーカーにアピール

東京都とニューヨーク市が相互観光PRパートナーシップを締結した。双方の情報を発信し合い、旅行者の増加に努める。

Premium
モビリティは「人間の権利」 トヨタ初のグローバルキャンペーン
Premium
2017年11月09日

モビリティは「人間の権利」 トヨタ初のグローバルキャンペーン

不可能と思われたことに果敢に挑む人々が登場する、トヨタの新CM。「自動車メーカー」から「モビリティを提供する企業」への転換を表現する。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る