Premium

危機を乗り越えるコミュニケーション力

相次ぐ日本企業の不祥事。その危機管理能力は向上しているとは言え、決定の遅さや消極性が改めて米国市場などで露見している。

Premium

世界マーケティング短信:ハラスメントとの闘い、信頼できるテレビ広告

Premium

WPP、ADKの企業価値を疑問視?

Premium

F1日本グランプリ、スポンサーの勝者は

Premium

ADK、WPPの挑発に乗らず

Premium
危機を乗り越えるコミュニケーション力
Premium
1 日前

危機を乗り越えるコミュニケーション力

相次ぐ日本企業の不祥事。その危機管理能力は向上しているとは言え、決定の遅さや消極性が改めて米国市場などで露見している。

Premium
世界マーケティング短信:ハラスメントとの闘い、信頼できるテレビ広告
Premium
1 日前

世界マーケティング短信:ハラスメントとの闘い、信頼できるテレビ広告

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースを5本まとめてお送りする。

Premium
WPP、ADKの企業価値を疑問視?
Premium
2 日前

WPP、ADKの企業価値を疑問視?

ADK批判をやめぬ、筆頭株主のWPP。今度はADKが手がけたアニメやコンテンツなどのベンチャービジネスに疑義を唱え始めた。

Premium
F1日本グランプリ、スポンサーの勝者は
Premium
2 日前

F1日本グランプリ、スポンサーの勝者は

シンガポールやマレーシアとは対照的に、日本では比較的地味なブランドがソーシャルメディア上で最もシェアされた。

Premium
ADK、WPPの挑発に乗らず
Premium
4 日前

ADK、WPPの挑発に乗らず

ADKは、WPPとの提携にもはや意義を見出し難いとする声明を発表した。

Premium
マッキャン新CEOが語る、「海外経験の価値」
Premium
4 日前

マッキャン新CEOが語る、「海外経験の価値」

世界的な視点と新たなことに挑戦する意欲、そして核となるコンセプトを見極める力が、日本にとって長期的な利となる −− 森浩昭マッキャンCEOが説く。

Premium
WPP、買収を巡りADKを非難
Premium
2017年10月13日

WPP、買収を巡りADKを非難

WPPが新たに声明を発表し、ADKは成長機会を拒み、「破滅的投資」で自らを窮地に追い込んだと批判した。両社間の応酬がヒートアップしている。

Premium
資生堂のクリエイティビティーへのアプローチ
Premium
2017年10月12日

資生堂のクリエイティビティーへのアプローチ

今後のクリエイティブにとって重要なのは、企業ではなく個人同士の信頼関係 −− 化粧品業界大手のエグゼクティブクリエイティブディレクターが語る。

Premium
ダイソン参入で自動車業界は大転換 アマゾンも続くか
Premium
2017年10月12日

ダイソン参入で自動車業界は大転換 アマゾンも続くか

画期的な製品を次々と世に送リ出し、ブランドアイデンティティーを築いたダイソン。電気自動車市場への参入は、その高い信頼性が物を言う。

Premium
ダイソン参入で自動車業界は大転換 アマゾンも続くか
Premium
2017年10月12日

ダイソン参入で自動車業界は大転換 アマゾンも続くか

画期的な製品を次々と世に送リ出し、ブランドアイデンティティーを築いたダイソン。電気自動車市場への参入は、その高い信頼性が物を言う。

Premium
私たちは皆、コンサルタントである
Premium
2017年10月12日

私たちは皆、コンサルタントである

はっきり言って、広告代理店はクリエイティブ業界の一端を担っている訳ではない。コンサルティング会社が広告業界に進出し、広告代理店はクリエイティブを装うのをやめるべき時を迎えている。ロンドンを拠点とするオムニコム・グループ傘下エージェンシーの、チーフ・ストラテジー・オフィサーが語る。

Premium
アマゾンがバーを出店、酒類の販売促進をねらう
Premium
2017年10月06日

アマゾンがバーを出店、酒類の販売促進をねらう

アマゾンによるバー運営は、同社初の試みとなる。

Premium
楽天とNBAがパートナーシップ契約を締結
Premium
2017年10月10日

楽天とNBAがパートナーシップ契約を締結

Eコマース大手が、北米バスケットボールリーグの試合を国内で独占的に放映・配信していくことに。

Premium
電通の違法残業に罰金50万円の判決
Premium
2017年10月06日

電通の違法残業に罰金50万円の判決

業界内外に大きな影響を与えた違法残業事件について、判決が言い渡された。

Premium
ベインキャピタルによる買収は、ADKに何をもたらすのか
Premium
2017年10月05日

ベインキャピタルによる買収は、ADKに何をもたらすのか

投資ファンドへの売却が、広告代理店にとって今後の新しいビジネスモデルとなっていくのだろうか。

Premium
スパイクスアジア2017:日本勢の活躍
Premium
2017年10月05日

スパイクスアジア2017:日本勢の活躍

今年度のスパイクスアジアでは博報堂と電通、オグルヴィ・アンド・メイザーがグランプリを受賞。日本のクリエイティブの質の高さを示した。

特集

Premium
「聞こえる選挙」が生む、新たな価値
Premium
2017年9月21日

「聞こえる選挙」が生む、新たな価値

電通とヤフーが視覚障がい者向けの選挙情報サイトを開発した。障がい者の目線が、新たなコミュニケーションとより優れたプロダクトの可能性を生む。

Premium
「老兵は去るのみ」なのか
Premium
2017年9月14日

「老兵は去るのみ」なのか

広告界で公然と横行する「年齢差別」。その弊害を改めて考える。

Premium
コカ・コーラジャパン、英スタートアップと協働
Premium
2017年8月31日

コカ・コーラジャパン、英スタートアップと協働

世界に名だたる企業と新進のスタートアップが手を組んだ。果たして、新しいコラボレーションの模範となり得るのか。コカ・コーラがその戦略を明かす。

Premium
ブッキング・ドットコムの成長戦略
Premium
2017年8月15日

ブッキング・ドットコムの成長戦略

旅行予約サイト「ブッキング・ドットコム(Booking.com)」でPR責任者を務めるレスリー・カファティー氏が来日した。日本市場やローカリゼーション、データ活用の重要性など、同社の成長要因について語った。

注目の作品

Premium
デザイナーを悩ませる修正指示のやりとりが話題に
Premium
1 日前

デザイナーを悩ませる修正指示のやりとりが話題に

もはや支離滅裂ともいえる、修正指示の嵐。制作に携わった人なら、一度は経験があるだろう。

Premium
マッキャンのAI-CD、楽曲の無いミュージックビデオに挑む
Premium
2 日前

マッキャンのAI-CD、楽曲の無いミュージックビデオに挑む

ミュージックビデオの制作に、音からのインスピレーションは必要なかったようだ。

Premium
SNS誕生以前の、コンテンツマーケティング
Premium
4 日前

SNS誕生以前の、コンテンツマーケティング

良質のブランドコンテンツは、時代を経ても色褪せない。人気ブランド「シュプリーム」が20年以上前に制作したビデオの価値を、改めて吟味する。

Premium
アマゾンがバーを出店、酒類の販売促進をねらう
Premium
2017年10月06日

アマゾンがバーを出店、酒類の販売促進をねらう

アマゾンによるバー運営は、同社初の試みとなる。

Premium
家族の一員として寄り添うスマートスピーカー
Premium
2017年9月07日

家族の一員として寄り添うスマートスピーカー

女優になる夢を追いかける娘と、それに反対しつつも応援する父親のやりとりを描いた心温まるCMが9月6日、サッカー中継番組のハーフタイム内で流された。

Premium
資生堂「WASO」が描く、等身大の美しさ
Premium
2017年9月05日

資生堂「WASO」が描く、等身大の美しさ

化粧品大手が、ミレニアル世代をターゲットとした新ブランドを展開。最新の動画では、リアルな日常がシンプルかつピュアに描かれる。

Premium
企業の存在感をアピール、「ハイテク回転盆」
Premium
2017年9月04日

企業の存在感をアピール、「ハイテク回転盆」

中華料理店で食事をするときの気まずい瞬間……あるモーターメーカーはそれを解消するため、創造的な提案をする。

「新時代のクリエイティブプロセス」

Premium
資生堂のクリエイティビティーへのアプローチ
Premium
2017年10月12日

資生堂のクリエイティビティーへのアプローチ

今後のクリエイティブにとって重要なのは、企業ではなく個人同士の信頼関係 −− 化粧品業界大手のエグゼクティブクリエイティブディレクターが語る。

Premium
新時代のクリエイティブプロセス 〜 PwCにとっての「破壊的革新」
Premium
2017年8月03日

新時代のクリエイティブプロセス 〜 PwCにとっての「破壊的革新」

激変するビジネス界。日本の経営者たちに警鐘を鳴らすため、PwCは禅の思想を応用する。

Premium
新時代のクリエイティブプロセス 〜 「電通総研Bチーム」に迫る
Premium
2017年7月07日

新時代のクリエイティブプロセス 〜 「電通総研Bチーム」に迫る

これまであまり取り上げられることのなかった、少数精鋭のクリエイティブユニット「電通総研Bチーム」。様々なスペシャリストをつなぎ、ユニークなソリューションを生み出す。

フォトギャラリー

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る