Premium

グローバルな成長を目指す、三菱重工のソフトアプローチ

三菱重工は日本でも有数の巨大企業でありながら、海外ではほとんどその名を知られていない。名実ともに存在感を高めようと、同社は新たなウェブサイトをスタートさせた。クオリ...

Premium

「アドテック東京インターナショナル」が示唆すること

Premium

スポーツライブ配信「DAZN」、日本での挑戦

Premium

テレビCM制作大手がアジアでの競争力強化を目指し経営統合

Premium

プログラマティックは誤解されている

Premium
グローバルな成長を目指す、三菱重工のソフトアプローチ
Premium
2016年8月25日

グローバルな成長を目指す、三菱重工のソフトアプローチ

三菱重工は日本でも有数の巨大企業でありながら、海外ではほとんどその名を知られていない。名実ともに存在感を高めようと、同社は新たなウェブサイトをスタートさせた。クオリティーの高い情報発信で、「顔の見えるブランド」作りを目指す。

Premium
「アドテック東京インターナショナル」が示唆すること
Premium
2016年8月25日

「アドテック東京インターナショナル」が示唆すること

「日本の特異性という神話」「東南アジアへの過大評価」「柔軟性とイノベーションの欠如」「広告の枠を超えた思考」……これらはいずれも、8月23日に上智大学で開催された「アドテック東京インターナショナル2016」で語られたテーマだ。パネルディスカッションの中から、印象的だった言葉をいくつか紹介していく。

Premium
スポーツライブ配信「DAZN」、日本での挑戦
Premium
2016年8月24日

スポーツライブ配信「DAZN」、日本での挑戦

パフォーム・グループは、スポーツ専門のストリーミング・プラットフォーム「DAZN(ダ・ゾーン)」のサービスを日本で開始した。データ中心のデジタルなアプローチで、既存モデルよりも柔軟性の高いコンテンツを配信、スポーツファンの需要に応えていく。

Premium
テレビCM制作大手がアジアでの競争力強化を目指し経営統合
Premium
2016年8月22日

テレビCM制作大手がアジアでの競争力強化を目指し経営統合

東京を拠点とするAOI Pro.とティー・ワイ・オー(TYO)が、グローバル市場における事業拡大とオンライン動画の進化に対応すべく、経営統合を決定した。

Premium
プログラマティックは誤解されている
Premium
2016年8月25日

プログラマティックは誤解されている

プログラマティックの効果を求めるのであれば、外部に委託するのを止めて、マーケター自らの手でプログラマティックメディアを掌握する必要がある――。デイヴィッド・リッテンハウス氏の提言だ。

Premium
単なるテクノロジーを超えたウェアラブル端末
Premium
1 日前

単なるテクノロジーを超えたウェアラブル端末

リストバンド型ウェアラブル端末の特長は、単なる外見の美しさだけではない。しかしブランドは、アジア市場で先手を打つべく、魅力的なデザインを重視する傾向にある。

Premium
「18歳選挙」で、久々に注目される日本の若者世代
Premium
2016年8月18日

「18歳選挙」で、久々に注目される日本の若者世代

選挙年齢が18歳に引き下げられた、2016年7月の参議院選挙をきっかけに、「高齢者」の陰に隠れていた若者達に、社会の関心が向き始めているように見受けられます。

Premium
海外進出を狙う、日本のニュースアプリ
Premium
2016年8月12日

海外進出を狙う、日本のニュースアプリ

世界市場での成長が見込まれるプラットフォーム、「スマートニュース」と「ニューズピックス」。これら日本発のサービスが世界の舞台で成功するには、何が必要なのだろうか。

Premium
日本での「ポケモンGO」効果に期待する、Blippar
Premium
2016年8月04日

日本での「ポケモンGO」効果に期待する、Blippar

英国発のビジュアル検索アプリ、Blippar。日本市場で注がれる目線はいまだ懐疑的だが、拡張現実(AR)の一層の普及とユーザーの開拓に力を入れている。

Premium
日本での「ポケモンGO」効果に期待する、Blippar
Premium
2016年8月04日

日本での「ポケモンGO」効果に期待する、Blippar

英国発のビジュアル検索アプリ、Blippar。日本市場で注がれる目線はいまだ懐疑的だが、拡張現実(AR)の一層の普及とユーザーの開拓に力を入れている。

Premium
東京オリンピックは広告界の転機となるか
Premium
2016年8月18日

東京オリンピックは広告界の転機となるか

2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、日本の広告業界にどのような変化をもたらすだろうか。今後4年の展望、そして進むべき方向性について、BBDO Japanの新しいプランニング・ヘッドに就いた谷津かおり氏に話を聞いた。

Premium
「なんとなくデジタル」から「デジタルファースト」へ
Premium
2016年8月04日

「なんとなくデジタル」から「デジタルファースト」へ

ネット広告はすっかり定着したかのように見えるが、今までのマス広告の延長線上での使い方に終始していないだろうか。単なる「媒体」を超えた、ネット広告ならではの特性を十分に活かすことが、マーケターに求められている。

Premium
デザインは脳に直接刻み込む
Premium
2016年8月12日

デザインは脳に直接刻み込む

お金はあるけど投資先が分からない、そんな人は先見の明を持ったデザイン会社に投資してみるとよいだろう。ただし、これは私の個人的な見解なので、あくまでも自分の責任でお読みいただきたい。

Premium
破壊的コミュニケーションテクノロジー
Premium
2016年7月28日

破壊的コミュニケーションテクノロジー

現実世界を拡張するドローンやVRによって、今までにない新しいブランド体験を作り出すことが可能となった。設計のために必要な考え方は何か、事例とともに見ていく。

Premium
ブルーカレントが戦略立案に特化した新組織を設立
Premium
2016年8月04日

ブルーカレントが戦略立案に特化した新組織を設立

ブルーカレント・ジャパンは7月11日、戦略立案に特化した新組織を設立した。「戦略PR」を世に知らしめた同社が、自らその事業ドメインの枠を超えた形になる。

Premium
Airbnbがイノベーションのデザインスタジオを設置
Premium
2016年8月03日

Airbnbがイノベーションのデザインスタジオを設置

旅行者と宿泊場所をつなぐプラットフォームとして拡大を続けるAirbnbがデザインスタジオを設立。イノベーションを起案し遂行する専門スタジオとして、新たな分野を開拓していく。

特集

Premium
外国人観光客の「新たなニーズ」に応える
Premium
2016年8月19日

外国人観光客の「新たなニーズ」に応える

日本を訪れる外国人観光客の関心は、ショッピングから文化体験へと確実に変わりつつある。そんな彼らに、どのようなサービスを提供すればよいのか ― ブランドにとって今後のビジネスのカギとなる課題を考える。

Premium
セレブリティーにクリエイティブ・ディレクターは務まるのか?
Premium
2016年8月12日

セレブリティーにクリエイティブ・ディレクターは務まるのか?

バカルディからポラロイド、ブラックベリーに至るまで、米国では企業がヒップホップ界の大物や俳優たちに「クリエイティブ・ディレクター」の肩書きを与えている。多忙を極める彼らスターたちは、実際に「仕事」をしているのだろうか? その内幕に迫る。

Premium
MINIに学ぶ ― 日本市場における独自性の大切さ
Premium
2016年7月21日

MINIに学ぶ ― 日本市場における独自性の大切さ

BMWグループのブランドであるMINI(ミニ)が、自動車市場で成長を続けている。その理由は、長年守ってきた独特なポジショニングと「英国らしさ」にある。

Premium
パブリック・アフェアーズがグローバル化に果たす役割 ― リクシルの取り組み
Premium
2016年7月28日

パブリック・アフェアーズがグローバル化に果たす役割 ― リクシルの取り組み

日本の建築材料・住宅設備機器業界で最大手のリクシル。同社がコミュニケーションとグローバル化の両面で実践するアプローチは、実に啓発的だ。

注目の作品

Premium
「バズ動画にありがちな要素」が満載なチキンラーメンの動画
Premium
4 日前

「バズ動画にありがちな要素」が満載なチキンラーメンの動画

発売58年目を迎えた日清食品のチキンラーメン。ネット上で話題となるバズ動画にありがちな要素を盛り込んだ動画「侍ドローン猫アイドル神業ピタゴラ閲覧注意爆速すぎる女子高生」が公開以来、話題を集めている。制作の経緯を、電通のクリエーティブプランナー、「クドウ ナオヤ」さんに聞いた。

Premium
人はなぜ服を着るのかを問いかける、ユニクロ初のグローバルキャンペーン
Premium
2016年8月18日

人はなぜ服を着るのかを問いかける、ユニクロ初のグローバルキャンペーン

世界市場での成長を目指すユニクロが、初となるグローバルブランディングキャンペーン「LifeWear(ライフウェア)」を開始した。

Premium
ナイキの提唱する、素晴らしき「身の程知らず」
Premium
2016年8月12日

ナイキの提唱する、素晴らしき「身の程知らず」

言うまでもなく、「身の程知らず」とは己の能力をわきまえない人を揶揄する言葉だ。だがナイキジャパンの新しいキャンペーンでは、これを肯定的なメッセージとして使用する。自らに限界を設けるな、と若者たちを鼓舞するのだ。

Premium
若きサラリーマンに「自由」を提唱する、ハーレーダビッドソン
Premium
2016年8月01日

若きサラリーマンに「自由」を提唱する、ハーレーダビッドソン

世界中に根強いファンをもつアメリカの老舗バイク・ブランド、ハーレーダビッドソン。日本の若いバイク愛好家たちを取り込もうと、新しい体験型キャンペーンをスタートさせた。

Premium
「進化した日本人旅行者」を狙う、ブッキング・ドットコム
Premium
2016年7月27日

「進化した日本人旅行者」を狙う、ブッキング・ドットコム

それぞれの旅行者のニーズに、よりきめ細かく応える ― 日本の他の宿泊予約サイトとの差別化を推し進めるブッキング・ドットコム。その最初のテーマは、「食の旅」だ。

Premium
テクノロジーに社会的主張を織り込んだトヨタ
Premium
2016年6月15日

テクノロジーに社会的主張を織り込んだトヨタ

トヨタのテレビCMが、未来の技術のみならず社会構成の姿までも描いているとして、巷で注目を集めている。

Premium
移植医療に新しい光を当てる、「おもちゃの移植手術」
Premium
2016年5月19日

移植医療に新しい光を当てる、「おもちゃの移植手術」

東京 – 日本では子供の臓器移植のためのドナーが足りず、大きな社会問題となっている。この状況を変えようと、移植医療を啓発・普及させるための「グリーンリボンキャンペーン」の一環として、ぬいぐるみを活用した新たなプロジェクトがスタートした。

「日本のクリエイティビティーを語る」

Premium
「生活を豊かにするテクノロジー」 ~ 岩村水樹(グーグル)
Premium
2016年7月15日

「生活を豊かにするテクノロジー」 ~ 岩村水樹(グーグル)

マーケティング界では「グーグル」という存在はあまりにも大きく、身近だ。ともすれば、グーグル自体がブランドであることを忘れがちになってしまう。「日本のクリエイティビティーを語る」、シリーズの最終回は、グーグルを「日本最強」のブランドとして維持する同社の岩村水樹(みき)氏に話を聞く。

Premium
デザイン思考の新たな世界へ ~ ジャレド・ブレイタマン(マッキンゼー&カンパニー)
Premium
2016年6月30日

デザイン思考の新たな世界へ ~ ジャレド・ブレイタマン(マッキンゼー&カンパニー)

広告代理店は今、経営コンサルティング会社の躍進に戦々恐々としている。これには相応の理由があると言っていい。シリーズ「日本のクリエイティビティーを語る」、今回は「マッキンゼー&カンパニー」のジャレド・ブレイタマン氏に、同社のクリエイティビティーとデザイン分野への進出について尋ねる。

Premium
CMはテレビCMだけではないと、そろそろ気付いては?
Premium
2016年6月16日

CMはテレビCMだけではないと、そろそろ気付いては?

変わりゆく日本のクリエイティブ事情を追う「日本のクリエイティビティーを語る」シリーズ。今回はハワイ出身で日本に長く在住するプロデューサー、ジュリー・トーマス氏の視点をお届けする。

Premium
広告は、「人間的肉声」であるべし ~ 中治信博
Premium
2016年6月09日

広告は、「人間的肉声」であるべし ~ 中治信博

シリーズでお届けしている、「日本のクリエイティビティーを語る」。今回はテクノロジーの話題から離れ、ユニークな活動を続けるクリエイター、中治信博氏に話を聞く。ユーモア溢れる一連のヒットCMで知られる同氏。その作品が社会に受け入れられる要因を探る。

フォトギャラリー

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る