Premium

広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか

男女平等という視点から広告業界を見ると、果たしてどれほどの変化をこれまで遂げてきたのだろうか。そして、今後はどこを目指していくべきなのか。シリーズ「女性リーダーたち...

Premium

大内智重子氏(電通):広告界の女性管理職であるということ

Premium

ユニクロ、女性初のグローバルブランドアンバサダーを任命

Premium

電通、2017年1月1日付の役員人事を発表

Premium

ドミノ・ピザ、トナカイデリバリー計画断念でも反響は上々

Premium
広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか
Premium
3 日前

広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか

男女平等という視点から広告業界を見ると、果たしてどれほどの変化をこれまで遂げてきたのだろうか。そして、今後はどこを目指していくべきなのか。シリーズ「女性リーダーたちと語る」のプロローグとして、このテーマをあらためて考察する。

Premium
大内智重子氏(電通):広告界の女性管理職であるということ
Premium
4 日前

大内智重子氏(電通):広告界の女性管理職であるということ

電通第3CRP局局長という同社屈指のクリエイティブ部門で、初の女性リーダーとなった大内智重子氏。これまで一つひとつの仕事で着実に成果を上げ、その積み重ねで「ガラスの天井」を破った同氏。女性管理職として、仕事に臨む姿勢を語る。

Premium
ユニクロ、女性初のグローバルブランドアンバサダーを任命
Premium
3 日前

ユニクロ、女性初のグローバルブランドアンバサダーを任命

ユニクロは、日本人最年少でエベレスト登頂に成功した現役女子大生、南谷真鈴氏と商品開発やCSR活動にも取り組んでいく。

Premium
電通、2017年1月1日付の役員人事を発表
Premium
3 日前

電通、2017年1月1日付の役員人事を発表

電通が役員人事を発表。労働環境の根本的な解決を牽引していく先任者も、この中から任命していく予定だ。

Premium
ドミノ・ピザ、トナカイデリバリー計画断念でも反響は上々
Premium
3 日前

ドミノ・ピザ、トナカイデリバリー計画断念でも反響は上々

ピザチェーンの奇抜なアイデアは話題を呼び、なかなか得がたい露出度を獲得した。

Premium
「第2のトヨタ」にならぬために ― 不正請求をどのように防ぐか
Premium
2016年11月30日

「第2のトヨタ」にならぬために ― 不正請求をどのように防ぐか

広告業界の取引における透明性の欠如は、世界共通の大きな課題と言える。広告主は、広告代理店にどのような対応をとればいいのだろうか。

Premium
ブランドが政治的関わりを持つことは正しいのか
Premium
3 日前

ブランドが政治的関わりを持つことは正しいのか

今回の米大統領選は、これまでになくブランドの政治色が強く反映された戦いとなった。一方でニューバランスのように、些細な政治的発言が深刻な問題を招くことも明らかになった。

Premium
「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2016」を発表
Premium
2016年12月01日

「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2016」を発表

12月1日、Campaign Asia-Pacific主催の「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2016」の授賞式が初めて東京で行われ、日本と韓国からエントリーした企業や個人の中から受賞者が発表された。日本勢の結果を中心に、その模様をお伝えする。

Premium
ウェブサイトのローカライズにありがちな(そして回避可能な)落とし穴
Premium
4 日前

ウェブサイトのローカライズにありがちな(そして回避可能な)落とし穴

言語の違いに惑わされて大切なことを見失わずに、それぞれの市場でウェブサイトの魅力を最大化するためのヒントを示す。

Premium
ウェブサイトのローカライズにありがちな(そして回避可能な)落とし穴
Premium
4 日前

ウェブサイトのローカライズにありがちな(そして回避可能な)落とし穴

言語の違いに惑わされて大切なことを見失わずに、それぞれの市場でウェブサイトの魅力を最大化するためのヒントを示す。

Premium
アメリカ風中華料理のパンダエクスプレス、日本に再上陸
Premium
2016年11月29日

アメリカ風中華料理のパンダエクスプレス、日本に再上陸

日本市場から一度は撤退したものの、成功を目指して再参入してくる米国のファストフード・ブランドは少なくない。LA発のカジュアルレストラン・チェーンも、二度目の挑戦に踏み出した。

Premium
消費者が制作するレオパレス21の広告
Premium
2016年11月30日

消費者が制作するレオパレス21の広告

クラウドソーシングこそミレニアル世代に訴求し、ブランドの国際化を推進する最良の方法――。これが不動産賃貸大手のレオパレス21が出した答えだ。

Premium
2016年を象徴するヒット、ポケモンGOとピコ太郎
Premium
2016年11月28日

2016年を象徴するヒット、ポケモンGOとピコ太郎

今年も師走が近づいてきた。毎年恒例、1年間の人気商品やトレンドを振り返る。

Premium
楽天・グローバルマーケターの役割
Premium
2016年11月24日

楽天・グローバルマーケターの役割

先週、世界的名声を誇るスペインのプロサッカークラブ「FCバルセロナ」の筆頭グローバルスポンサーとなり、各メディアを賑わせた楽天。その舞台裏で交渉役を務めたマーケターは、普段どのような取り組みをしているのだろうか。

Premium
フィンズベリー:日本企業に「ノーコメント」という選択肢はもう無い
Premium
2016年11月21日

フィンズベリー:日本企業に「ノーコメント」という選択肢はもう無い

WPPグループのエージェンシーが、複雑化が進む世界での日本ブランドの支援にチャンスを見出す。

Premium
日本のブランドは、トランプ次期政権とどう向き合うべきか
Premium
2016年11月17日

日本のブランドは、トランプ次期政権とどう向き合うべきか

米大統領選を契機に、米国内で台頭するナショナリズム。「アメリカ・ファースト」の風潮に、日本企業はどのように対処すればいいのだろうか。

特集

Premium
「ミレニアル世代」を読み解く
Premium
2016年11月10日

「ミレニアル世代」を読み解く

先頃、マッキャン・ワールドグループが若者たちの意識と行動に関する世界的な調査を行った。日本の若年層にアプローチを図るブランドにとって、その結果は何を示唆するのか。Campaignは同東京支社のプランナーに、ミレニアル世代と呼ばれる若者たちに関するレポートを依頼した。

Premium
ブランドにとってのフロンティア市場、eスポーツ
Premium
2016年11月04日

ブランドにとってのフロンティア市場、eスポーツ

ビデオゲームが、スポーツ競技として日本でもブームを巻き起こそうとしている。若年層への訴求を図るブランドにとっては、この新しいスポーツを一刻も早く理解することが必要だろう。

Premium
広告業界は「過労死」にどう対処すべきか
Premium
2016年10月13日

広告業界は「過労死」にどう対処すべきか

自殺の原因は、長時間の過重労働と認定された。過酷な労働環境を当然のごとく社員に強いてきた企業の経営陣。広告業界では今、抜本的な意識改革の必要性が問われている。

Premium
Spotify、日本市場での成功のカギ
Premium
2016年10月06日

Spotify、日本市場での成功のカギ

長らく日本でのデビューが待たれていた、「Spotify」。同ブランドのスタートは、音楽ストリーミングサービスのみならずオーディオマーケティング界全体の火付け役になるかもしれない。

注目の作品

Premium
ドミノ・ピザ、トナカイによるデリバリーを計画
Premium
2016年11月28日

ドミノ・ピザ、トナカイによるデリバリーを計画

厳しい寒さと降雪の中でもピザを配達するために、トナカイを起用 - 奇想天外なアイデアの実現に向けて、北海道でトレーニングが続けられている。

Premium
日清のサムライ超絶パフォーマンス、さらなる「高み」へ
Premium
2016年11月24日

日清のサムライ超絶パフォーマンス、さらなる「高み」へ

今度はサムライがポゴスティック(ホッピング)- 日清の奇想天外なアイデアは、とどまるところを知らない。

Premium
スポティファイ、初のブランディングテーマは「発見の喜び」
Premium
2016年11月17日

スポティファイ、初のブランディングテーマは「発見の喜び」

音楽ストリーミングサービスの「スポティファイ(Spotify)」は、日本向けサービスの本格的開始に合わせたキャンペーンとしてコメディータッチの動画シリーズを公開した。テーマは、新しい音楽との出会い。音楽が人々の日常生活に彩りを添える様を愉快に描く。

Premium
シュウ ウエムラ、村上隆氏とのコラボで東京を華やかに彩る
Premium
2016年11月15日

シュウ ウエムラ、村上隆氏とのコラボで東京を華やかに彩る

ライトペインティングの手法を使ったリズミカルな動画が、冬の街に彩りを届ける。

Premium
コンテンツマーケティングのあるべき姿を体現したビームス
Premium
2016年11月09日

コンテンツマーケティングのあるべき姿を体現したビームス

セレクトショップのビームス(BEAMS)が、東京のカルチャーの40年の軌跡を描いたミュージックビデオを10月下旬に公開。再生回数は400万回を超えた。

Premium
電車内での化粧マナーCM、賛否両論で効果は上々
Premium
2016年11月02日

電車内での化粧マナーCM、賛否両論で効果は上々

東急電鉄は、電車内で化粧をする女性を取り上げたCMを制作。ちまたに溢れる退屈な乗車マナー広告とは一線を画すことに成功した 。

Premium
日産自動車が、日本の日常を支える職人を主役に
Premium
2016年10月25日

日産自動車が、日本の日常を支える職人を主役に

今の日本をつくっているのは、熟練の技と秘めた情熱を携えた現場のプロフェッショナルたちだ。ドキュメンタリー方式のキャンペーンが、そんな彼らにスポットライトを当てる。

2020年東京大会への道

Premium
2020年東京五輪と、人々の「消費意欲」
Premium
2016年11月14日

2020年東京五輪と、人々の「消費意欲」

エデルマン・ジャパンが2020年東京五輪・パラリンピックに関する人々の意識調査を行った。大会への様々な期待の高まりとともに、スポンサーにとっては懸念すべき点もいくつか浮き彫りとなった。

Premium
五輪スポンサーシップのカギは、「体験」
Premium
2016年11月01日

五輪スポンサーシップのカギは、「体験」

スポーツファンは、スポンサーブランドからのメッセージなどには耳を貸そうとしない。だが、ブランド体験に関しては前向き - リオ五輪で日産自動車のスポンサーシップ戦略を手がけたコンサルタントはこのように語る。

Premium
Q&A: 変わりゆくスポーツスポンサーシップを理解する
Premium
2016年10月21日

Q&A: 変わりゆくスポーツスポンサーシップを理解する

より多くの機会がもたらされるが、そこには落とし穴もある。

Premium
リクシルが見据える、東京2020に向けた新たなスポンサー活動
Premium
2016年10月20日

リクシルが見据える、東京2020に向けた新たなスポンサー活動

2020年東京五輪・パラリンピック大会のゴールドパートナー18社(五輪は15社)の1つ、リクシル(LIXIL)。単なるメッセージの発信にとどまらぬ、より包括的な取り組みを目指す同社の構想とは。

フォトギャラリー

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る