Premium

広告業界の「働き方改革」に向けて

電通・新入社員の過労自殺が労災認定された昨年の10月。以後、広告業界では働き方の見直しが急務となった。Campaignでは業界から幅広い参加者を募り、この課題を討論...

Premium

配車サービスの新しい広告媒体、マレーシアからアジアへ

Premium

猫の駅長「たま」、死後も続く広告効果

Premium

マクラーレンと小兵力士に相通じるもの

Premium

英国広告界、「若さ崇拝」の弊害

Premium
広告業界の「働き方改革」に向けて
Premium
2017年1月12日

広告業界の「働き方改革」に向けて

電通・新入社員の過労自殺が労災認定された昨年の10月。以後、広告業界では働き方の見直しが急務となった。Campaignでは業界から幅広い参加者を募り、この課題を討論する場を設けた。そこから見えてきたものとは。

Premium
配車サービスの新しい広告媒体、マレーシアからアジアへ
Premium
1 日前

配車サービスの新しい広告媒体、マレーシアからアジアへ

1月下旬、マレーシアでは配車サービスの「ウーバー」と「グラブカー」に、新しい広告媒体が搭載される。

Premium
猫の駅長「たま」、死後も続く広告効果
Premium
1 日前

猫の駅長「たま」、死後も続く広告効果

昨年死んだ猫の「たま」が駅長に就任したのは10年前。鉄道の駅には、これから大いに活用できる可能性が秘められている。

Premium
マクラーレンと小兵力士に相通じるもの
Premium
2017年1月11日

マクラーレンと小兵力士に相通じるもの

英国のマクラーレンが、国際的な自動車ブランドでは初めて、日本の国技である相撲の力士のスポンサーとなった。その真意やいかに。

Premium
英国広告界、「若さ崇拝」の弊害
Premium
2017年1月12日

英国広告界、「若さ崇拝」の弊害

昨今、英国の広告業界に蔓延する「若さ」を優先する価値観。これではいずれ、業界は行き詰まってしまうだろう。「他のクリエイティブな世界には見られない傾向」と、バートル・ボーグル・ヘガーティ(BBH)社の創業者ジョン・ヘガーティ卿は警鐘を鳴らす。

Premium
日本のマーケットを明るくする「若者の“人につくす”エネルギー」
Premium
2016年12月16日

日本のマーケットを明るくする「若者の“人につくす”エネルギー」

若者へのマーケティングにおいてキーとなるのは、「自分にとって必要」から一歩進み、「友だちにつくすことができる」という視点にあるという。

Premium
DeNAと電通の不祥事から見えてくること
Premium
2017年1月03日

DeNAと電通の不祥事から見えてくること

キュレーションメディア上の記事の信憑性が問題となり、10ものサイトが閉鎖に追い込まれたDeNA。かたや、クライアントに対する長年の過剰請求が発覚した電通。業界を驚かせたこの2つのスキャンダルは、何を示唆しているのだろうか。

Premium
「電通、苦難の1年」を振り返る
Premium
2017年1月06日

「電通、苦難の1年」を振り返る

昨年暮れ、電通の過重労働問題は佳境を迎えた。代表取締役社長執行役員である石井直氏が1月に辞任する意向を表明。これまでの経緯を改めて振り返る。

Premium
働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか
Premium
2017年1月03日

働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか

日本人は働き過ぎで、有給休暇をとらない - 海外では定説になっている我々日本人のイメージの1つだろう。

Premium
働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか
Premium
2017年1月03日

働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか

日本人は働き過ぎで、有給休暇をとらない - 海外では定説になっている我々日本人のイメージの1つだろう。

Premium
デジタルプランナー/マーケターが注目すべき3つのポイント
Premium
2017年1月03日

デジタルプランナー/マーケターが注目すべき3つのポイント

インターネット広告の発展を予感させる基盤が整い、2017年は広告や掲載メディア、プランニング、効果測定などあらゆる面において、質がより一層重要視されるだろう。

Premium
コミュニケーション業界 三つの潮流
Premium
2017年1月03日

コミュニケーション業界 三つの潮流

2017年は、インサイトの捉え方やジャーナリズムの見直しが進むほか、五輪開催に向けた具体的な動きが始まるだろう。

Premium
デジタル変革で魅力ある「顧客体験」の実現へ
Premium
2017年1月03日

デジタル変革で魅力ある「顧客体験」の実現へ

急速に変化する環境下で、企業は顧客起点のデジタルトランスフォーメーションを迫られる。

Premium
「正しい課題」を設けてこそ、進化あり
Premium
2017年1月03日

「正しい課題」を設けてこそ、進化あり

まもなく米国で発足するトランプ政権。この異色ずくめの大統領が常軌を逸した行動に出ないという前提で、日本の広告代理店が2017年に取り組むべき課題を探る。最も重要となるのは、「内側からの変革」だろう。

Premium
日本の「広報」の変革を目指す、新たな大学院
Premium
2016年12月15日

日本の「広報」の変革を目指す、新たな大学院

広報のプロに求められるのは、会社の理念を深く理解すること。そしてブランドのビジョン形成と発展に寄与するため、より積極的な役割を担わなければならない − 新設される社会情報大学院大学のトップが語る。

Premium
LGBTとこれからのマーケティング
Premium
2016年12月14日

LGBTとこれからのマーケティング

広告代理店のプランナーでありながら、セクシャルマイノリティー(性的少数者)に関するシンクタンク「LGBT総合研究所」を立ち上げた森永貴彦氏。自身も当事者である同氏が、マーケティング的見地からLGBTとの関わり方について語る。

特集

Premium
2017年、日本のマーケティング界を占う
Premium
2017年1月03日

2017年、日本のマーケティング界を占う

年頭にあたり、Campaignではこの1年の業界の動向予測をシリーズでお届けする。ご登場いただくのは、オンライン・メディアトレーディングから経営コンサルティングまで、幅広い分野にわたる優れたコメンテーターの方々だ。

Premium
2016年を回顧する
Premium
2016年12月14日

2016年を回顧する

今年もあと半月を残すのみ。2016年の締めくくりとして、今年の重要な出来事やアイデア、作品などをあらためて取り上げ、そこからどのような教訓が得られるかを考察する。

Premium
広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか
Premium
2016年12月07日

広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか

男女平等という視点から広告業界を見ると、果たしてどれほどの変化をこれまで遂げてきたのだろうか。そして、今後はどこを目指していくべきなのか。シリーズ「女性リーダーたちと語る」のプロローグとして、このテーマをあらためて考察する。

Premium
「第2のトヨタ」にならぬために ― 不正請求をどのように防ぐか
Premium
2016年11月30日

「第2のトヨタ」にならぬために ― 不正請求をどのように防ぐか

広告業界の取引における透明性の欠如は、世界共通の大きな課題と言える。広告主は、広告代理店にどのような対応をとればいいのだろうか。

注目の作品

Premium
ドミノ・ピザ、トナカイによるデリバリーを計画
Premium
2016年11月28日

ドミノ・ピザ、トナカイによるデリバリーを計画

厳しい寒さと降雪の中でもピザを配達するために、トナカイを起用 - 奇想天外なアイデアの実現に向けて、北海道でトレーニングが続けられている。

Premium
日清のサムライ超絶パフォーマンス、さらなる「高み」へ
Premium
2016年11月24日

日清のサムライ超絶パフォーマンス、さらなる「高み」へ

今度はサムライがポゴスティック(ホッピング)- 日清の奇想天外なアイデアは、とどまるところを知らない。

Premium
スポティファイ、初のブランディングテーマは「発見の喜び」
Premium
2016年11月17日

スポティファイ、初のブランディングテーマは「発見の喜び」

音楽ストリーミングサービスの「スポティファイ(Spotify)」は、日本向けサービスの本格的開始に合わせたキャンペーンとしてコメディータッチの動画シリーズを公開した。テーマは、新しい音楽との出会い。音楽が人々の日常生活に彩りを添える様を愉快に描く。

Premium
シュウ ウエムラ、村上隆氏とのコラボで東京を華やかに彩る
Premium
2016年11月15日

シュウ ウエムラ、村上隆氏とのコラボで東京を華やかに彩る

ライトペインティングの手法を使ったリズミカルな動画が、冬の街に彩りを届ける。

Premium
コンテンツマーケティングのあるべき姿を体現したビームス
Premium
2016年11月09日

コンテンツマーケティングのあるべき姿を体現したビームス

セレクトショップのビームス(BEAMS)が、東京のカルチャーの40年の軌跡を描いたミュージックビデオを10月下旬に公開。再生回数は400万回を超えた。

Premium
電車内での化粧マナーCM、賛否両論で効果は上々
Premium
2016年11月02日

電車内での化粧マナーCM、賛否両論で効果は上々

東急電鉄は、電車内で化粧をする女性を取り上げたCMを制作。ちまたに溢れる退屈な乗車マナー広告とは一線を画すことに成功した 。

Premium
日産自動車が、日本の日常を支える職人を主役に
Premium
2016年10月25日

日産自動車が、日本の日常を支える職人を主役に

今の日本をつくっているのは、熟練の技と秘めた情熱を携えた現場のプロフェッショナルたちだ。ドキュメンタリー方式のキャンペーンが、そんな彼らにスポットライトを当てる。

2020年東京大会への道

Premium
2020年東京五輪と、人々の「消費意欲」
Premium
2016年11月14日

2020年東京五輪と、人々の「消費意欲」

エデルマン・ジャパンが2020年東京五輪・パラリンピックに関する人々の意識調査を行った。大会への様々な期待の高まりとともに、スポンサーにとっては懸念すべき点もいくつか浮き彫りとなった。

Premium
五輪スポンサーシップのカギは、「体験」
Premium
2016年11月01日

五輪スポンサーシップのカギは、「体験」

スポーツファンは、スポンサーブランドからのメッセージなどには耳を貸そうとしない。だが、ブランド体験に関しては前向き - リオ五輪で日産自動車のスポンサーシップ戦略を手がけたコンサルタントはこのように語る。

Premium
Q&A: 変わりゆくスポーツスポンサーシップを理解する
Premium
2016年10月21日

Q&A: 変わりゆくスポーツスポンサーシップを理解する

より多くの機会がもたらされるが、そこには落とし穴もある。

Premium
リクシルが見据える、東京2020に向けた新たなスポンサー活動
Premium
2016年10月20日

リクシルが見据える、東京2020に向けた新たなスポンサー活動

2020年東京五輪・パラリンピック大会のゴールドパートナー18社(五輪は15社)の1つ、リクシル(LIXIL)。単なるメッセージの発信にとどまらぬ、より包括的な取り組みを目指す同社の構想とは。

フォトギャラリー

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る