世界マーケティング短信:働き方の大転換

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

APAC広告界、賄賂の実態

TikTokワールドへようこそ

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

3 日前

世界マーケティング短信:働き方の大転換

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

9 時間前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月13日

APAC広告界、賄賂の実態

Campaignがアジア太平洋地域(APAC)で行った調査で、85%以上の回答者が「ピッチの際の贈収賄は問題」と答えた。その実情を探る。

3 日前

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。

3 日前

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月11日

パニックを起こさない:アドテク企業CEOからの大切な教訓

パンデミックから希望の兆しを見出すことは難しくても、ビジネスリーダーとして、ここで得た教訓を次の「新たな常識」に生かすことはできるでしょう。

2021年10月08日

エージェンシーモデルの新しいカタチ

この15カ月間に、ブランドが消費者とオンラインで関わる方法はかつてないほど変化した。新しいチャネルやユーザー行動が次々と現れるなか、エージェンシーが時代に取り残されないためには、古いビジネスモデルや戦略からの脱却が必要だろう。

2021年10月05日

「電通ゲーミング」、世界市場に向けスタート

電通がゲーミング市場でグローバル規模の新ブランドを立ち上げた。世界的ネットワークをフルに生かし、ゲーミングの戦略やアクティベーション、IP(知的財産)開発を担っていく。

2021年10月08日

デジタルだけでマーケティングは完結しない

デジタル革命を考慮したとしても、ポストコロナの世界で成功するのは、フィジカルな顧客体験にも投資するブランドだと、スーパーユニオン香港法人の戦略担当ディレクターは予測する。

2021年10月08日

世界マーケティング短信:ソーシャルメディアの光と影

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月01日

ファーストパーティデータをめぐる混沌に終止符を打つには

ファーストパーティデータをめぐる混乱のなか、いくつかの対策を講ずるべき時が来た。ピュブリシス・メディア・インディアのプログラマティック専門家は、今こそ「ゼロパーティ」データについて考えるべきだと言う。

2021年10月01日

今見直される、ブランドキャラクターの効用

ブランドの広告にマスコットやキャラクターを採用すると、収益や顧客との感情的なつながりが、最大41%もアップするという。

2021年9月28日

巣ごもり消費 日本の家電ブランドに追い風

「日本のトップ100ブランド」はパナソニックが首位を維持。ソニーやシャープ、日立といった国内大手家電メーカーも世界的IT企業を凌いだ。

2021年10月01日

世界マーケティング短信:SNSで探す自分らしい生き方

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年9月24日

コンテクスチュアル広告はブランド想起を高める:IAS調査

コンテクスチュアル広告は、Cookieの有効な代替手段になるとの調査結果が発表された。

エージェンシー・レポートカード2020

2021年3月03日

エージェンシー・レポートカード2020:アジア主要エージェンシーの査定

年に1度、アジア太平洋地域(APAC)の主要エージェンシーを総合的に評価するCampaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード」。18回目となる今年はどのような結果が出たのだろうか。

2021年3月03日

エージェンシー・レポートカード2020:電通

電通のスケールの大きさと企業能力は、アジア太平洋地域(APAC)で依然強い存在感を放つ。しかし、「シームレス化」という課題はまだ志半ばだ。

2021年3月03日

エージェンシー・レポートカード2020:Dentsu X

この数年、収益減に苦しんでいたDentsu Xは、コロナ禍や度重なる人事異動にもかかわらず業績を改善させた。市場環境が依然厳しいなか、さらなる飛躍を遂げられるか。

2021年3月03日

エージェンシー・レポートカード2020:博報堂

博報堂は売上減など深刻な課題に直面しているが、働き方改革を進め、コミュニティー、サステナビリティー、イノベーションへの投資を強化している。

注目の作品

2021年9月10日

恋人からの支配の特徴、ファッション誌のように描写

美しい衣裳をまとい、ポーズをとる女性たち。その思いつめたような表情の理由が、クレジットに記されている。

2021年9月03日

「無意識の性差別」、バーチャルで追体験

女性が受ける「無意識の性差別」とはどのようなものなのか。想像してもらうだけでなく、バーチャルに体験できる機会を設けようというキャンペーンが始まった。

2021年7月28日

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月21日

アスリートのメンタル不調、犬とのふれあいで改善へ

開幕がいよいよ目前に迫った東京五輪。パンデミックにより異例続きの今大会を前に、アスリートのメンタルヘルス問題に取り組むプログラムが始まった。

2021年6月30日

アリババ、本格的な五輪キャンペーンを開始

東京と北京、2つの五輪・パラリンピック大会に向けたマーケティング戦略、そして技術面でのサポート −− アリババのチーフマーケティングオフィサー(CMO)が語る。

2021年5月12日

講談社、世界市場に向けリブランディング

創業110余年を誇る出版大手・講談社が新しい企業理念とロゴ、そしてブランディング動画を発表した。世界的ヒット作の陰に隠れたブランド名を浸透させるのが狙いだ。

2021年5月10日

手の質感だけで、パートナーを当てることはできるか?

不二ラテックスのコンドームブランド「SKYN(スキン)」が、繊細かつ親密なふれあいというテーマを、おだやかなトーンで表現した新キャンペーンを公開した。制作はウルトラスーパーニュー。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る