世界マーケティング短信:日本の若き才能、栄冠を勝ち取る

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

インフルエンサーの役割が進化、2021年ブランドが注目すべきパートナー

ブランドにとって不確実性の時代 ~パンデミックによって加速する変化を予測

世界マーケティング短信:プラットフォームとニュース配信

550万ドルのスーパーボウルCMが理にかなっている理由

11 時間前

世界マーケティング短信:日本の若き才能、栄冠を勝ち取る

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

13 時間前

インフルエンサーの役割が進化、2021年ブランドが注目すべきパートナー

激動の2020年は、ブランドによる2021年のインフルエンサーキャンペーンにどのような影響を及ぼすのか。

13 時間前

ブランドにとって不確実性の時代 ~パンデミックによって加速する変化を予測

エッセンスの最新調査によれば、パンデミックによってeコマースへの移行が加速し、その一方で、ブランドと顧客体験の融合が進むという。

2021年2月19日

世界マーケティング短信:プラットフォームとニュース配信

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年2月18日

550万ドルのスーパーボウルCMが理にかなっている理由

デジタルの代替手段がいくつもあるのに、スーパーボウルでCMをオンエアする理由が本当にあるのだろうか。これに対し、グラクソ・スミスクライン(GSK)コンシューマー・ヘルスケアのジェリー・デイキン氏は説得力のある理由を5つ挙げた。

2021年2月18日

TikTok大幅改善、SNS各社のメディア責任指数スコアが大きく向上

IPGメディアブランズが定期的に発表しているメディア責任指数で、TikTokを筆頭にソーシャルプラットフォームのスコアが軒並み向上した。だが、彼らが取り組むべきことはまだまだ多い。

2021年2月11日

2020年 世界広告売上、クリエイティブ領域の減少を好調のメディア領域が補う:R3調査

R3の年次レポートによると、2020年における世界全体のクリエイティブ領域の新規売上は12.6%落ち込んだものの、そうした減少をメディア領域の全体的な増加がある程度補ったという。特に好調だったエージェンシーやホールディンググループをランキング形式で紹介する。

2021年2月11日

クリエイティビティがブランドの成長に果たす役割とは

世の中はとどまることなく変化し続け、クリエイティビティは不確実性のなかでもブランドの成長を後押しする。

2021年2月04日

資生堂、コロナ禍のイノベーション

パンデミックの最中、リテールテクノロジーの活用などデジタル変革を急速に進めた資生堂。アジアを統括するデジタルマーケティングディレクターに、その戦略を聞いた。

2021年2月11日

世界マーケティング短信:笑いを誘うスーパーボウルCM

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年2月05日

2021年マーティングトレンド:オムニチャネル、eコマース、プライバシー、そして5G

「パンデミックによってデジタルマーケティングへの期待が高まり、オムニチャネル戦略とeコマースへのより革新的なアプローチが求められるようになった。一方で5Gは、パーソナライゼーションと没入型体験に新たな機会をもたらすだろう」 ベライゾン・メディア(Verizon Media)のリコ・チャン(Rico Chan)氏は2021年をそう予測する。

2021年2月05日

「XAI」はブラックボックスを透明な箱に変える

AIによる経営判断への影響が増大するにつれ、AIの判断に対する監視を強める要求が高まり、「説明可能なAI」の開発へとつながってきている。この新しいトレンドの背景を、Appierのチーフマシンラーニングサイエンティストが説明する。

2021年1月28日

広告戦争:比較広告がニュースの見出しを飾る理由

ブランドが公然と競合他社を批判するようになった。Campaignではその理由、効果、適法性、ブランド間の争いに終わりはないのかを探った。

2021年2月05日

世界マーケティング短信:コロナ禍後の広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年1月28日

ブランドセーフティは、いつもソーシャルメディア上の問題だ

人々は安全ではないプラットフォームと良質なニュースパブリッシャーを区別できることが、調査で裏づけられている。ならばメディア・広告業界にもできるはずだと、英国のニュース出版社リーチ(Reach)のディレクターは主張する。

エージェンシー・レポートカード2019

2020年4月01日

エージェンシー・レポートカード2019

主要エージェンシーのアジア太平洋地域における活動を毎年総合的に評価する、Campaign Asia-Pacificの「エージェンシー・レポートカード(ARC)」。ビジネス成長やイノベーション、クリエイティブなどの観点から、2019年度は各社にどのような評価が下されたのか。

2020年4月01日

エージェンシー・レポートカード2019:ADK

一見、順風満帆のADKだが、持株会社制が功を奏したのか。データやソーシャルメディア、eコマースへの取り組みに加え、多くの「マイクロ・クリエイティブブティック」の立ち上げが目を引く。

2020年4月01日

エージェンシー・レポートカード2019:Dentsu X

リーダーシップ層が幾度も変わった、dentsu X。力強い創造性を武器に、顧客からの価格への圧力と、2018年の収益減少という2つの課題に挑む。

2020年4月01日

エージェンシー・レポートカード2019:電通

組織改革中の電通にとって2019年は、日本国内では比較的安定感があるものの、海外事業においては困難な一年であった。目下の課題は、インクルーシブな「One Dentsu」の文化を創造していくことだ。

注目の作品

2021年2月04日

陳腐化した「インスタ映え」写真を一刀両断

山頂で腕を広げたり、海辺で足を投げ出したり、岩の上で瞑想したり……。ソーシャルメディアでよく見かける構図の写真を、ニュージーランド政府観光局が一蹴する。

2021年1月26日

ミツカン、「日本人の長寿」でOSUをアピール

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)ブランド「OSU」を英国で展開するミツカン。ソーシャルメディア用の新たなキャンペーンに、日本人の超高齢者を起用した。

2020年12月18日

「まさか私が…」 マッチングアプリで出会った二人の物語

マッチングアプリで出会った素敵な人との会話や、幸せそうな表情に、視聴者も思わず引き込まれていく。これこそが、このキャンペーンの目指すところなのだ。

2020年12月18日

グルメ系インフルエンサー、こだわりのドッグフードに舌鼓

セレブリティシェフが提供する独創的な創作料理が、味や安全性にこだわったドッグフードから作られたというから驚きだ。

2020年12月11日

「実はそれほど悪くもなかった」 激動の2020年を振り返る

パンデミックへの対応に追われた2020年も、気付けばもう年末。それでも振り返ってみれば、悪いことばかりではなかったかもしれない。

2020年12月09日

「今は辛くても…」 トランスジェンダーの元就活生が送るエール

自分のセクシャリティを公表したら、就職活動で不利に働いてしまうのではないか――。LGBTQIA+の就職活動生として抱えていた不安を振り返る。

2020年12月04日

保護犬を育てるメリットを、すぐ使えるスライドで公開

前の飼い主から放置されるなどの理由で保護された犬を、我が家でも育ててみよう――パートナーにこのように説得する際に役立ちそうな資料を、ドッグフードブランドが公開した。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る