Premium

AnyMindとサニーサイドアップ、新会社を設立

インフルエンサーマーケティングとクリエイターサポートに特化した新会社「AnyUp」が設立。中田英寿氏監修のSNSチャンネルも開設される。

Premium

ギネスが描く、日本女子ラグビーの英雄たち

Premium

価値の重視か、「欺瞞」か

Premium

「クールジャパン」のメディア戦略

Premium

「世界に感動をもたらせる日本」:東京2020展望

Premium
AnyMindとサニーサイドアップ、新会社を設立
Premium
19 時間前

AnyMindとサニーサイドアップ、新会社を設立

インフルエンサーマーケティングとクリエイターサポートに特化した新会社「AnyUp」が設立。中田英寿氏監修のSNSチャンネルも開設される。

Premium
ギネスが描く、日本女子ラグビーの英雄たち
Premium
2 日前

ギネスが描く、日本女子ラグビーの英雄たち

ギネスが展開するキャンペーン「Made of more」。ラグビーワールドカップを目前にテーマとしたのは、日本女子ラグビーの草創期を支えたチーム「リバティーフィールズ」だ。

Premium
価値の重視か、「欺瞞」か
Premium
2019年8月14日

価値の重視か、「欺瞞」か

持続可能な未来の鍵を握るのは広告代理店とも言えよう。透明性をより高めていくことが、結果として更なる利を生む。

Premium
「クールジャパン」のメディア戦略
Premium
2019年8月06日

「クールジャパン」のメディア戦略

海外向けコンテンツを増やし、メディアを活用して日本の競争力を上げる −− クールジャパン機構の松本健マネージングディレクターが語る。

Premium
「世界に感動をもたらせる日本」:東京2020展望
Premium
2019年7月26日

「世界に感動をもたらせる日本」:東京2020展望

東京五輪招致成功の立役者であるニック・バーリー氏。2020年大会は「運営力を世界に誇示し、スポンサーにとっても前例のない機会になる」と話す。

Premium
オールブラックス、日本の交通ルールを体当たりで紹介
Premium
2019年7月26日

オールブラックス、日本の交通ルールを体当たりで紹介

ラグビーワールドカップ開催を目前に控え、ニュージーランド男子代表が日本での安全な旅をサポートする。

Premium
電通、名称から「イージス」を外す意向
Premium
2019年7月24日

電通、名称から「イージス」を外す意向

「One Dentsu」構造へと組織改革中の電通イージス・ネットワーク(DAN)では、アジア太平洋地域(APAC)のシニアスタッフがさらに解雇されるなど変動が続いている。

Premium
明治、サントリー、花王が日本で高評価
Premium
2019年7月04日

明治、サントリー、花王が日本で高評価

「高品質」「責任」をうたう企業が躍進、「トップ1000ブランド」に若干の変動が生じた。

Premium
トヨタ、ソニー、パナソニック……人気ブランドのキーワードは「レガシー」「イノベーション」
Premium
2019年7月04日

トヨタ、ソニー、パナソニック……人気ブランドのキーワードは「レガシー」「イノベーション」

トヨタ自動車の提唱する「モビリティサービス」への移行を、日本の消費者は好意的に受け止めているようだ。

Premium
Eat Creative、豪フュージョンの傘下に
Premium
2019年7月04日

Eat Creative、豪フュージョンの傘下に

メルボルンを拠点とするフュージョングループは、日本を含むアジア太平洋地域での成長を図る。

Premium
ブランドが「#KuToo」にできること
Premium
2019年6月27日

ブランドが「#KuToo」にできること

職場でのヒール着用に異議を唱える「#KuToo(クートゥー)」運動。「順調なスタート」という提唱者の石川優実氏だが、更なる浸透にはオフィシャルなサポートが必要と訴える。

Premium
博報堂、ロゴを刷新
Premium
2019年7月09日

博報堂、ロゴを刷新

新たなシンボルは「センタードット」。新しい社会・生活・未来への「起点」と「結節点」を象徴する。

Premium
ラグビーW杯から東京2020へ ブランドの戦略
Premium
2019年6月21日

ラグビーW杯から東京2020へ ブランドの戦略

2020年東京五輪・パラリンピックを控え、ラグビーワールドカップ日本大会が9月に開幕する。五輪前最大のイベントを十二分に活用しようと、ブランドは慎重に策を練る。

Premium
フィリップモリスが「Good」トラックに 批判殺到のカンヌライオンズ
Premium
2019年6月25日

フィリップモリスが「Good」トラックに 批判殺到のカンヌライオンズ

たばこ会社を、国連機関やグリーンピースなどの団体と同じ枠組みでとらえたとして、カンヌライオンズが批判にさらされている。

Premium
オフショアリングの台頭:制作費を8割削減できたネスレ
Premium
2019年6月28日

オフショアリングの台頭:制作費を8割削減できたネスレ

世界各地にあるコンテンツ制作のハブを、多くの広告主が試みている。目指すのは効率性の向上とコストダウンによって、制作会社を広告界の階層構造の頂点につけることだ。

注目の作品

Premium
オールブラックス、日本の交通ルールを体当たりで紹介
Premium
2019年7月26日

オールブラックス、日本の交通ルールを体当たりで紹介

ラグビーワールドカップ開催を目前に控え、ニュージーランド男子代表が日本での安全な旅をサポートする。

Premium
ペルーを「いつか行きたい」から「今度行きたい」場所へ
Premium
2019年6月26日

ペルーを「いつか行きたい」から「今度行きたい」場所へ

いつかは行って見てみたい壮大な世界遺産、だが距離が遠くて難易度も高そう……。そんなイメージを覆そうと、ペルー政府観光庁がブランディングプロモーションを実施した。

Premium
ナイキと資生堂で対照的な、大坂なおみ選手の広告
Premium
2019年6月04日

ナイキと資生堂で対照的な、大坂なおみ選手の広告

偉大なテニスプレーヤーは、ある広告では何も言わずに注目を集め、またある広告では台本を淡々と読み上げた。

Premium
「印鑑」で殺される象を救え
Premium
2019年4月22日

「印鑑」で殺される象を救え

アースデイ(地球の日)に向け、精巧なアニメーション動画が公開された。象の殺戮を止めるため、象牙ではなく木製の印鑑を広めようと訴えかける。

Premium
パンテーンが応援する「自分らしさ」、次は学校校則がテーマ
Premium
2019年4月12日

パンテーンが応援する「自分らしさ」、次は学校校則がテーマ

学生たちの本音に、「そういえば私の学校でも」と共感の声が多数寄せられた。

Premium
レッドブル、元K-POPアイドルの再出発のストーリーを描く
Premium
2019年3月28日

レッドブル、元K-POPアイドルの再出発のストーリーを描く

人気アーティストとブランドのよくあるタイアップとは、一線を画したドキュメンタリー動画が公開された。

Premium
「地球へようこそ」 無名航空会社の奇抜なCF
Premium
2019年3月19日

「地球へようこそ」 無名航空会社の奇抜なCF

航空会社の広告が退屈である必要はない。ロシアの無名企業がユニークなキャンペーンを公開した。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る