Premium

電通イージス、「ブランドのインハウス化は好機」

電通イージス・ネットワークは、今後の投資が2021年まで営業利益を圧迫するとの見通しを投資家に報告した。

Premium

ファーストパーティ・セカンドパーティデータを活用すべし

Premium

電通、オーガニック成長率は3.4%

Premium

「日本版リンクトイン」がアートのスポンサーになる理由

Premium

みずほ銀行、サービス停止によるブランドへの影響は?

Premium
電通イージス、「ブランドのインハウス化は好機」
Premium
9 時間前

電通イージス、「ブランドのインハウス化は好機」

電通イージス・ネットワークは、今後の投資が2021年まで営業利益を圧迫するとの見通しを投資家に報告した。

Premium
ファーストパーティ・セカンドパーティデータを活用すべし
Premium
2019年2月06日

ファーストパーティ・セカンドパーティデータを活用すべし

アジアでもデータプライバシー法が変わりつつある。個人情報を保護し、信用と優位性を獲得するためにブランドはどう対処すればいいのか。ファーストパーティ及びセカンドパーティデータの活用法を考える。

Premium
電通、オーガニック成長率は3.4%
Premium
3 日前

電通、オーガニック成長率は3.4%

第4四半期(10〜12月)は中国と豪州で苦戦、アジア太平洋の業績に影響した。

Premium
「日本版リンクトイン」がアートのスポンサーになる理由
Premium
4 日前

「日本版リンクトイン」がアートのスポンサーになる理由

仏現代美術家ソフィ・カルのプロジェクトをサポートしたビズリーチ。今後、アートを対象に更なるスポンサーシップを模索する。

Premium
みずほ銀行、サービス停止によるブランドへの影響は?
Premium
2019年2月13日

みずほ銀行、サービス停止によるブランドへの影響は?

大手銀行にとっては通常どおりの、新システムへの移行だった。だが、これに人々が翻弄される様子を壮大に描いた動画が、大きな話題に。

Premium
レズビアンの私は、広告の世界では存在しないらしい
Premium
4 日前

レズビアンの私は、広告の世界では存在しないらしい

子どもたちに、ありのままの自分でいられる世界で育ってほしいと願うのなら、広告にもそのような世界が描かれることが重要だ。

Premium
ピュブリシスグループCEOが語る:「変革」を競う時代に
Premium
2019年2月13日

ピュブリシスグループCEOが語る:「変革」を競う時代に

ピュブリシスグループのアーサー・サドーンCEO兼会長がCampaignの独占インタビューに応じた。2018年の総括や直面するさまざまな課題、そして変容する広告ビジネスを語る。

Premium
ディープフェイク動画の脅威
Premium
2019年2月06日

ディープフェイク動画の脅威

増加する捏造映像に、ニュース制作会社が対応を迫られている。ブランドがその影響を受ける日も、そう遠くはない。

Premium
「コントラプンクト」の哲学
Premium
2019年2月07日

「コントラプンクト」の哲学

世界的に名を馳せるデンマークのブランディング会社コントラプンクト(Kontrapunkt)。その共同設立者であるボー・リンネマン氏が、デザインからの学びや政治家と民衆のギャップなどについて語る。

Premium
柔軟な働き方のすすめ:仕事を持つ母親からの提案
Premium
2019年2月05日

柔軟な働き方のすすめ:仕事を持つ母親からの提案

なぜ就職活動中の女性は、子を持つことに興味が無いふりをしなければならないように感じてしまうのだろうか。「そんな必要は無い」と、2児の母親でもあるミュータント(Mutant)のストラテジックディレクターが語る。

Premium
Whateverが目指すもの
Premium
2019年1月31日

Whateverが目指すもの

独立系エージェンシーPartyと制作会社dot by dotとの合併によって生まれた「Whatever」。さまざまな優れた人材を集め、高いクリエイティビティーの実現を図る。

Premium
大坂なおみ選手の、日清食品にとっての価値
Premium
2019年1月31日

大坂なおみ選手の、日清食品にとっての価値

ハイチ系アメリカ人の父親と日本人の母親を持つテニスのスター選手を「白人化」して描いたとして騒動が勃発したが、スポンサーにとって重要な資産であることに変わりはない。とはいえ、スポンサーシップの強化のために、もっとできることはあるはずだ。

Premium
ユニクロ、スポーツブランドとして一歩前進
Premium
2019年1月25日

ユニクロ、スポーツブランドとして一歩前進

ユニクロが、スウェーデンの五輪代表にウェア提供することに。020年東京五輪ならびに2022年北京冬季大会で着用される。

Premium
電通とアモビーが協業
Premium
2019年1月23日

電通とアモビーが協業

オンライン消費者行動からより深いインサイトを −− 両社が狙う層は「サイレントマジョリティー」だ。

Premium
DAN、リージョナルメディアエージェンシー再編成 レイオフも
Premium
2019年1月23日

DAN、リージョナルメディアエージェンシー再編成 レイオフも

電通イージス・ネットワークから、アジア太平洋地域(APAC)担当CEOがいなくなる。代わりに、持株会社レベルのワーキンググループが3つ編成されることに。

注目の作品

Premium
Airbnbと都電が、昔ながらの暮らしをプロモート
Premium
2019年1月18日

Airbnbと都電が、昔ながらの暮らしをプロモート

世界最大の巨大都市に今も残る生活文化の魅力を伝えるべく、東京都交通局とエアビーアンドビー(Airbnb)が協働する。

Premium
パンテーン、「爆毛赤ちゃん」を起用し個性を愛することを訴求
Premium
2019年1月18日

パンテーン、「爆毛赤ちゃん」を起用し個性を愛することを訴求

髪の毛がふさふさなことで知られ、時には批判すらされる赤ちゃんを起用した。

Premium
パラアスリートの多様な違いを伝える、独創的な卓球台
Premium
2018年12月18日

パラアスリートの多様な違いを伝える、独創的な卓球台

パラスポーツへの興味を喚起するべく、日本肢体不自由者卓球協会(以下、パラ卓球協会)がリブランディングを実施した。

Premium
AI、レクサス広告を作る
Premium
2018年11月20日

AI、レクサス広告を作る

ストーリーを作ったのはAI(人工知能) −− 「世界初」とも言える広告をレクサスが発表した。

Premium
理想のまちづくりを、シムシティで議論
Premium
2018年11月16日

理想のまちづくりを、シムシティで議論

これまでもユニークな取り組みで話題になってきた小林市が、今度は市長公認のバーチャル組織を設立。ゲームを通して、リアルなまちづくりを高校生たちと議論していく。

Premium
他社とのクロスオーバーが楽しい、ソフトバンクの新CM
Premium
2018年11月05日

他社とのクロスオーバーが楽しい、ソフトバンクの新CM

通信会社大手が、話題となったハズキルーペのCMとクロスオーバーしたCMシリーズを発表。テレビで遊び心をいかに発揮できるかを思い起こさせる作品だ。

Premium
樹皮のスナック、そのお味は…?
Premium
2018年10月24日

樹皮のスナック、そのお味は…?

スギ、ヒノキ、マツなどの間伐材を用いたメニューが、奥多摩の野外レストランで提供された。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る