Premium

「プラごみ削減に、コミュニケーション戦略は不可欠」

人々の行動を変えていくには、コミュニケーションの専門家の力が必要 −− 東京都庁の責任者が語る。

Premium

電通、売上総利益は増すも営業利益は減

Premium

締め切りに追われる仕事で、時間と創造性の関係を変えるには

Premium

ユナイテッド エンターテイメント グループ、アジア進出の拠点として日本支社設立

Premium

フィリップ・モリス、「アイコス」キャンペーンに新たなエージェンシーを起用

Premium
「プラごみ削減に、コミュニケーション戦略は不可欠」
Premium
4 日前

「プラごみ削減に、コミュニケーション戦略は不可欠」

人々の行動を変えていくには、コミュニケーションの専門家の力が必要 −− 東京都庁の責任者が語る。

Premium
電通、売上総利益は増すも営業利益は減
Premium
4 日前

電通、売上総利益は増すも営業利益は減

より機敏に対応できる構造へ −− 様々な課題に対応すべく、電通は変革を目指す。

Premium
締め切りに追われる仕事で、時間と創造性の関係を変えるには
Premium
2018年8月08日

締め切りに追われる仕事で、時間と創造性の関係を変えるには

とにかく何よりも時間が大事だ。誰のために何をするにしても、時間はいつも足りないような気がしてしまう。

Premium
ユナイテッド エンターテイメント グループ、アジア進出の拠点として日本支社設立
Premium
2018年8月08日

ユナイテッド エンターテイメント グループ、アジア進出の拠点として日本支社設立

米国を拠点とするエージェンシーが、世界的な二大スポーツイベントを控える日本に進出する。

Premium
フィリップ・モリス、「アイコス」キャンペーンに新たなエージェンシーを起用
Premium
2018年8月03日

フィリップ・モリス、「アイコス」キャンペーンに新たなエージェンシーを起用

これは、たばこ会社と広告代理店との関係が新たな段階に入ったことを示している。

Premium
ADK、「ブティックネットワーク」を拡充
Premium
2018年8月01日

ADK、「ブティックネットワーク」を拡充

ADKは、来年1月までに数多くの「クリエイティブブティック」を新設していく意向だ。

Premium
保守的業界に「創造的破壊」をもたらす術
Premium
2018年8月01日

保守的業界に「創造的破壊」をもたらす術

新たなサービス、「ディスラプション(創造的破壊)・コンサルティング」をスタートさせたTBWA HAKUHODO。日本企業をどのように変えようとしているのか。

Premium
ターゲティングは、広告というパズルの1ピースにすぎない
Premium
2018年7月30日

ターゲティングは、広告というパズルの1ピースにすぎない

テクノロジー企業は広告主に対して、メッセージの配信こそがその究極の目的であるかのごとく思い込ませているようです。しかし、クリエイティビティーとヒューマンインタラクションの存在を忘れてはいけません。

Premium
プランナーは優れたクリエイティブ 〜 エリック・ロサ(ピュブリシスワン・ジャパン)
Premium
2018年7月26日

プランナーは優れたクリエイティブ 〜 エリック・ロサ(ピュブリシスワン・ジャパン)

アイデアの「民主化」、AIのマルセルが「二流のリンクトイン」ではない理由、そして広告代理店はブランドのインハウスクリエイティブとなぜ良い関係を築かねばならないのか……新たなチーフクリエイティブオフィサーが語る。

Premium
プランナーは優れたクリエイティブ 〜 エリック・ロサ(ピュブリシスワン・ジャパン)
Premium
2018年7月26日

プランナーは優れたクリエイティブ 〜 エリック・ロサ(ピュブリシスワン・ジャパン)

アイデアの「民主化」、AIのマルセルが「二流のリンクトイン」ではない理由、そして広告代理店はブランドのインハウスクリエイティブとなぜ良い関係を築かねばならないのか……新たなチーフクリエイティブオフィサーが語る。

Premium
20年を迎えたW+K TOKYO クリエイティブの新たな雇用形態を模索
Premium
2018年7月12日

20年を迎えたW+K TOKYO クリエイティブの新たな雇用形態を模索

ワイデンアンドケネディ(W+K)の東京オフィスが20年目を迎えた。新世紀を目前にしてジョン・ジェイ氏(現在はファーストリテイリングのグローバルクリエイティブ統括)が立ち上げた同社は、どう変わり、何を学んできたのか。現在の中核を担う3氏にインタビューした。

Premium
ダム愛に満ちた、焼そば特設サイト
Premium
2018年7月11日

ダム愛に満ちた、焼そば特設サイト

今度はカップ焼そばが、ダムマニアと異色のコラボレート。

Premium
スマート投資アプリ、日本でローンチ
Premium
2018年7月09日

スマート投資アプリ、日本でローンチ

若い世代を対象とした投資サービス分野が活況を呈している。だが、投資への関心が依然高いとはいえないこの国において、投資そのものへの関心を喚起するマーケティングは、果たして十分に行われているだろうか?

Premium
効率的なアイデアの時代
Premium
2018年7月23日

効率的なアイデアの時代

既存のプラットフォームを利用したコミュニケーションは効率よく伝わる。だが、そうでない「何か」も見たいと佐藤雄介氏は語る。

Premium
日本酒を現代風な解釈でリブランディング
Premium
2018年7月09日

日本酒を現代風な解釈でリブランディング

兵庫県に拠点を置く酒造メーカーが、伝統と現代性のバランスを取るべく、海外の視点を取り入れる。

Premium
「責任ある広告」を考える(パートⅢ:ステレオタイプ)
Premium
2018年7月05日

「責任ある広告」を考える(パートⅢ:ステレオタイプ)

広告主にとって重要なことは、社会の多様性を表現することにある。シリーズ最終回では、依然多くの広告主がとらわれているジェンダーのステレオタイプ −− 固定概念 −− について考察する。

特集

Premium
ターゲティングは、広告というパズルの1ピースにすぎない
Premium
2018年7月30日

ターゲティングは、広告というパズルの1ピースにすぎない

テクノロジー企業は広告主に対して、メッセージの配信こそがその究極の目的であるかのごとく思い込ませているようです。しかし、クリエイティビティーとヒューマンインタラクションの存在を忘れてはいけません。

Premium
「責任ある広告」を考える(パートⅠ: データ)
Premium
2018年6月07日

「責任ある広告」を考える(パートⅠ: データ)

5月に東京で開かれたグローバルマーケターウィークで、Campaignは世界有数の消費財メーカー幹部たちに「広告主はどうすればより良い企業市民になれるか」を問うた。3回シリーズでお送りする第1回は、「データ活用の責任」をテーマに取り上げる。

Premium
日本のエンターテインメントを世界へ EXILE HIROの挑戦
Premium
2018年6月14日

日本のエンターテインメントを世界へ EXILE HIROの挑戦

日本のポップカルチャーのアイコンたちが運営するエンターテインメント企業「LDH」。カンヌライオンズやブランドとのコラボレーションを通じ、欧米への進出を図る。

Premium
電通、「SDGsウォッシュ」回避のためのガイドを発表
Premium
2018年6月07日

電通、「SDGsウォッシュ」回避のためのガイドを発表

SDGs(持続可能な開発目標)に係る広告・プロモーション活動に役立つガイドが発表された。このことは、未だに多くの企業が誠実かつ率直なコミュニケーション活動を展開できていないことを示唆している。

注目の作品

Premium
目薬の常識を覆すデザイン
Premium
2018年7月24日

目薬の常識を覆すデザイン

当たり前のように受け入れてきた点眼という行為に、疑問を投げかける。

Premium
ダム愛に満ちた、焼そば特設サイト
Premium
2018年7月11日

ダム愛に満ちた、焼そば特設サイト

今度はカップ焼そばが、ダムマニアと異色のコラボレート。

Premium
ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去
Premium
2018年6月29日

ソフトバンク・白戸家の初代「お父さん」カイくんが死去

ソフトバンクのテレビCMでおなじみの初代「お父さん犬」カイくんが28日、老衰のため16歳で死去した。

Premium
Airbnbの「新しい旅」
Premium
2018年6月18日

Airbnbの「新しい旅」

日本の旅行のあり方を模索する旅は、まだ始まったばかり。

Premium
事故から28年、なお語り継がれるメルセデス・ベンツの伝説
Premium
2018年6月05日

事故から28年、なお語り継がれるメルセデス・ベンツの伝説

メルセデス・ベンツは1990年、崖から100メートルも落下しながら生還した運転者の体験談をCMにした。そして今、この運転者がCMに再登場し、自動運転車を体験した。

Premium
テンセント、日本発ゲームのリローンチに日本の制作陣を起用
Premium
2018年5月31日

テンセント、日本発ゲームのリローンチに日本の制作陣を起用

ゲームセンターで長らく親しまれてきた格闘ゲームを、「重力猫」の監督が現代風な世界観で描く。

Premium
コカ・コーラ、本物志向の消費者に向けてチューハイを発売
Premium
2018年5月30日

コカ・コーラ、本物志向の消費者に向けてチューハイを発売

缶チューハイで、高級感は訴求できるのか?

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る