Misaki Tsuchiyama
2016年9月22日

「アドテック東京2016」が示唆すること

9月20、21日に東京国際フォーラムで行われた「アドテック東京2016」。様々な立場の人々が参加して行われた初日のパネルディスカッションから、印象的だったものをかい摘んで紹介していく。

中田英寿氏
中田英寿氏

日本産品の進出を阻む、言葉の障壁

日本酒などの伝統文化を世界に発信する活動を行う中田英寿氏。基調講演では、「海外の消費者は日本語のラベルが読めないので、銘柄で選ぶ意識が低い」「高価格のワインやシャンパンを扱う欧州のレストランには、低価格の日本酒がフィットしなかった」といったこれまでの課題を挙げ、「日本酒の飲み手と作り手がつながるプラットフォームを作り、世界に日本酒の素晴らしさを伝えていきたい」と述べた。また、GMOインターネット代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏は、「日本では中途半端にやっていける市場が存在しています。co.jp ドメインは4.8%しか他言語化されていませんが、今後のビジネスに多言語化は欠かせません」と指摘した。

LGBT市場とどう向き合うか

総人口の5~10%とも言われるLGBTをターゲットとした市場に関するパネル。「いきなり商品開発から入るのではなく、LGBTの人々のことをよく勉強してからメッセージを送らなければ、当事者には響きません。こうした取り組みを始めた企業にLGBTの人々が関心を寄せている今こそ、少しずつ着実にチャレンジしていってほしい」と語るのは、当事者としてマーケティング的視点のサポートを行うLGBT総合研究所代表取締役社長の森永貴彦氏。企業側の取り組みとして、保険受取人に同性パートナーも可能としたライフネット生命保険マーケティング部長の岩田慎一氏は、「当事者との対話が何よりも大切です。有志の勉強会から始め、このサービスの発足まで2年半かかりましたが、反響の大きさから、いかに必要とされていたのかということを実感しました」と語った。

AIがマーケティングにもたらすもの

ヤフーのチーフストラテジーオフィサーである安宅和人氏は、「人工知能(AI)の活用によって、これまで見えなかったロングテールのデータがリアルタイムで見られるようになり、デジタルマーケティングに応用されています」と述べ、「AIは、実は新しくない。検索広告などでずっと使われている技術です」とも。また、東京大学の大澤幸生教授は、「AIそのものはあまり役に立たないということが、理論上わかってきました。しかし、データを組み合わせて応用すれば、時系列の分析、異常値の検出、チャンス発見のためのデータ分析などが可能となります。例えば、市場データと会議のコミュニケーションデータを分析すれば、今後のマーケティングチャンスの発見などに生かせるでしょう」と語った。さらに、Cerevo代表取締役CEOの岩佐琢磨氏はIoTに関連して、「データは大きくないといけない、というわけではありません。コンパクトデータでも重要な知識を学習する技術がある」と言及した。

日本のスポーツの未来

アドテック初となるスポーツに関するパネルでは、日本女子プロ野球機構事業理事の石井宏司氏がこのように発言。「日本には今、世界から投資が集まりつつあります。日本のスポーツの未来は、この機会をうまく捉えられるかどうかにかかっている」。さらに、「グローバル戦略を考えたとき、女性プロスポーツは世界で起きている女性解放の潮流と連動して、さらに伸びるでしょう」と熱く語り、JICAが発展途上国で指導を続ける野球が現地女性の学力向上につながっていることに言及した。また、パシフィックリーグマーケティングの根岸友喜氏は、「今は変革のとき。コンテンツホルダーも広告主も、『意志』を持つことが何よりも重要」と述べ、欧米型コンテンツビジネスの可能性を示唆した。

(文:土山美咲 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
21 時間前

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン
Premium
1 日前

「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン

大胆で挑発的な広告で知られるイタリアのファッションブランド、ディーゼル。最新のキャンペーンではトランプの「壁」に異議を唱え、愛の自由を訴える。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
1 日前

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

Premium
アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ
Premium
2017年4月20日

アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ

元ワイデン・アンド・ケネディのヤン・ヨウ氏を、木村健太郎氏とともにCCOに任命した博報堂。その狙いは、アジアでのビジネス強化と潜在的な才能の発掘だ。