深層

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
9 時間前

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
1 日前

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

Premium
アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ
Premium
2017年4月20日

アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ

元ワイデン・アンド・ケネディのヤン・ヨウ氏を、木村健太郎氏とともにCCOに任命した博報堂。その狙いは、アジアでのビジネス強化と潜在的な才能の発掘だ。

Premium
秋澤知子氏(エデルマン):「発言しやすい環境を作ることが大切」
Premium
2017年4月20日

秋澤知子氏(エデルマン):「発言しやすい環境を作ることが大切」

二つの文化を背景に持つコミュニケーションリーダーは、日本の職場や「グローバル化」のための土壌作りに、国際的な経験を生かしている。

Premium
カジノブランド、日本参入への道
Premium
2017年4月18日

カジノブランド、日本参入への道

表向きは統合型リゾートに門戸を開いた日本。だが国民のカジノへのアレルギーは依然強く、それを取り除くにはなお多くのコミュニケーション上の課題が山積する。

Premium
ユナイテッド航空の醜聞、日本への影響
Premium
2017年4月14日

ユナイテッド航空の醜聞、日本への影響

搭乗していた乗客を無理やり引きずり下ろすという、ユナイテッド航空の演じた失態。日本で既に大きく傷ついている米国のイメージが更に悪化することは、火を見るよりも明らかだ。

Premium
ヒトはテクノロジーとどう向き合うべきか:新経済サミット2017
Premium
2017年4月13日

ヒトはテクノロジーとどう向き合うべきか:新経済サミット2017

Campaignは4月6・7の両日、東京で開催された第5回「新経済サミット(NEST)2017」に参加した。このカンファレンスで取り上げられたテーマから、マーケティング分野に関連するものをいくつかご紹介していく。

Premium
オンライン広告に潜む、ブランドのリスク
Premium
2017年4月07日

オンライン広告に潜む、ブランドのリスク

オンライン広告を使ったブランディングが活発になるにつれ、その「安全性」が取り沙汰されている。マーケターが考慮しなければならないリスクとは何なのか。

Premium
Alt.vfx共同創業者が語る、変わりゆくプロダクションの世界
Premium
2017年4月05日

Alt.vfx共同創業者が語る、変わりゆくプロダクションの世界

クリエイティビティーの役割、新しいテクノロジーの魅力、そして日本のCMの進化を、高田健氏が語る。

Premium
Quartzが示す、デジタル広告のあり方
Premium
2017年4月05日

Quartzが示す、デジタル広告のあり方

配信開始から5年目を迎えた米国の経済ニュースメディアが、読者へのコンテンツの届け方において優れた手本を示す。

Premium
東京五輪パートナーにとっての課題とは
Premium
2017年4月05日

東京五輪パートナーにとっての課題とは

様々な問題が露呈している2020年東京五輪・パラリンピック大会。ロンドンのスポーツマーケティング専門家は、スポンサーとなるパートナー企業にとっても異例の大会と分析する。果たしてその論拠とは。

Premium
「型破りなドミノ・ピザ」の舞台裏
Premium
2017年3月30日

「型破りなドミノ・ピザ」の舞台裏

ベストプラクティスや顧客のプロファイリング……ドミノ・ピザ ジャパンでは、こうした常識的なマーケティングの手法は通用しない。

Premium
人工知能を登用したランジェリーブランド、広告会社と決別へ
Premium
2017年3月29日

人工知能を登用したランジェリーブランド、広告会社と決別へ

コサベラは、「アルバート」という名前のAIプラットフォームを採用。顧客基盤が広がり、ROI(投資利益率)は3倍になった。

Premium
創刊から10年、アジアを見据える『モノクル』
Premium
2017年3月24日

創刊から10年、アジアを見据える『モノクル』

タイラー・ブリュレ氏は創刊から10年になる『モノクル』を、直感や感性に忠実に進化させ、好機を捉え続けている。紙媒体とラジオを好み、ソーシャルメディアと距離を置く同氏は、『モノクル』ならではの市場を広告主と一緒に作り上げている。

Premium
VRを活用し、マーケティング新時代へ
Premium
2017年3月24日

VRを活用し、マーケティング新時代へ

制作会社であるAOI Pro.が、VR(バーチャルリアリティ)コンテンツを発表した。ユーザーの感情をモニタリングし、ブランドによるVRの活用につなげようと同社は青写真を描く。

Premium
プロダクトデザインに挑む、広告業界
Premium
2017年3月16日

プロダクトデザインに挑む、広告業界

広告代理店やその関連企業が、オリジナル製品の開発に力を入れている。その背景に何があるのか。

Premium
広告界が被災地復興にできること
Premium
2017年3月15日

広告界が被災地復興にできること

東日本大震災から6年。その発生直後から復興支援を続ける東京のクリエイティブディレクターがいる。企業主導ではない、あくまでも個人レベルでの取り組み。その活動振りは示唆に富む。

Premium
日本のCFに外国人は必要か
Premium
2017年3月14日

日本のCFに外国人は必要か

テレビCFなどに登場する外国人に関しては、これまでもいろいろな議論があった。だが最近では、彼らの担う役割も変わってきたようだ。

Premium
「データ活用」で目指す、男女平等
Premium
2017年3月09日

「データ活用」で目指す、男女平等

広告界に根深くはびこる男女格差の問題。改革は依然、遅々として進まない。それでもなお、この業界の未来に明るい希望を見出す女性クリエイティブディレクターがいる。

Premium
上場したスナップ、その真の評価とは
Premium
2017年3月09日

上場したスナップ、その真の評価とは

広告収入が堅調なスナップチャット。だがその一方で損失は拡大し、ユーザー数の伸びは鈍化している。果たして専門家は、その実力をどのように見ているのだろうか。