深層

Premium
明暗が交錯する、日本のプログラマティックバイイング
Premium
1 日前

明暗が交錯する、日本のプログラマティックバイイング

7月11日、Campaignが「ザ・トレード・デスク(The Trade Desk)」社と共催した「プログラマティックバイイング・サミット」。当日のディスカッションから、6つの要点をご紹介する。

Premium
「シニア層」へのアプローチに再考が求められる理由
Premium
2 日前

「シニア層」へのアプローチに再考が求められる理由

シニア市場はマーケティング担当者にとって、目を離せない存在だ。しかしシニア層に拒否感を持たれずに、有意義な対応をするにはどうすればいいのか、まだ答えが出せないでいる。

Premium
新時代のクリエイティブプロセス 〜 「電通総研Bチーム」に迫る
Premium
2017年7月07日

新時代のクリエイティブプロセス 〜 「電通総研Bチーム」に迫る

これまであまり取り上げられることのなかった、少数精鋭のクリエイティブユニット「電通総研Bチーム」。様々なスペシャリストをつなぎ、ユニークなソリューションを生み出す。

Premium
民泊市場の競争、いよいよ始まる
Premium
2017年7月07日

民泊市場の競争、いよいよ始まる

住宅宿泊事業法の成立に伴い、楽天はホームアウェイと共に競争に乗り出す。

Premium
スマートフォンユーザーの7割超は、音声アシスタントに「親近感」を求めている
Premium
2017年7月03日

スマートフォンユーザーの7割超は、音声アシスタントに「親近感」を求めている

ジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)とマインドシェアの調査によると、ユーザーの37%はスマートフォンやホームスピーカーの音声に「愛してる」と話しかけたことがあると判明。他にも、ブランドにとって重要な結果が明らかになった。

Premium
カンヌライオンズを、テクノロジー企業の手から取り戻せ
Premium
2017年7月03日

カンヌライオンズを、テクノロジー企業の手から取り戻せ

カンヌライオンズはあくまでもクリエイティビティーの質を競い、クリエイターたちがしのぎを削る場でなければならない −− ピュブリシスの元CEO、モーリス・レヴィ氏がその現状に警鐘を鳴らす。

Premium
5年後のメディアの姿は:PwC年次調査
Premium
2017年6月29日

5年後のメディアの姿は:PwC年次調査

世界有数のコンサルティング会社PwC(プライスウォーターハウスクーパース)が毎年発表する、「グローバル・エンターテインメント・アンド・メディア・アウトルック」。2017年から2021年にかけての日本に関する予測から、注目点を列挙する。

Premium
問われる広告賞の意義 ピュブリシスの「反乱」
Premium
2017年6月28日

問われる広告賞の意義 ピュブリシスの「反乱」

フランスの広告大手ピュブリシス・グループが、全ての広告賞への不参加を宣言した。業界を驚かせたこの決定は、様々な波紋を投げかけている。

Premium
ツイッター、「シンプルさ」で広告主にアピール
Premium
2017年6月26日

ツイッター、「シンプルさ」で広告主にアピール

ツイッターが新たなデザインのプラットフォームを発表した。同社グローバルCMO(最高マーケティング責任者)は、「ユーザーとブランドの双方を考慮した結果」と語る。

Premium
ユーザー体験こそ、ブランド力の要
Premium
2017年6月23日

ユーザー体験こそ、ブランド力の要

先週、Campaign Asia-Pacificが発表した本年度の「アジアのトップ1000ブランド」。その結果を踏まえ、世界の多くの企業が見落としがちなブランド構築の課題を改めて考察する。

Premium
カンヌライオンズ2017:日本勢の成績
Premium
2017年6月23日

カンヌライオンズ2017:日本勢の成績

世界最大の広告の祭典、カンヌライオンズが今年も6月17日に開幕した。日本の企業はこれまでどのような活躍を見せているのだろうか。

Premium
ブルームバーグ・メディアCEO、メディア企業の将来を語る
Premium
2017年6月20日

ブルームバーグ・メディアCEO、メディア企業の将来を語る

テクノロジー企業の躍進が著しいメディア界。既存のメディア企業はこれに対抗するため、どのような戦略が必要なのか。ブルームバーグ・メディアのトップがCampaignのインタビューに答える。

Premium
カンヌライオンズにエントリーした日本の作品
Premium
2017年6月20日

カンヌライオンズにエントリーした日本の作品

今年のカンヌで日本を代表するにふさわしいと思う作品を、東京都内で活躍する第一線のクリエイティブディレクター4名に3作品ずつ選んでもらった。

Premium
カンヌを受賞した、男性不妊チェックキット「シーム」のキャンペーン
Premium
2017年6月20日

カンヌを受賞した、男性不妊チェックキット「シーム」のキャンペーン

電通ヤング・アンド・ルビカムが手掛けた男性不妊チェックキット「シーム」のキャンペーンが、カンヌでモバイル部門グランプリとグラスライオンを受賞した。制作の背景を聞く。

Premium
男性不妊への認識を変えるべく奮闘する「シーム」
Premium
2017年6月19日

男性不妊への認識を変えるべく奮闘する「シーム」

男性不妊への理解がなかなか進まない現状を打破すべく、セルフチェックキット「シーム(Seem)」の活動は続く。

Premium
日本の消費者が好むブランドランキング2017
Premium
2017年6月14日

日本の消費者が好むブランドランキング2017

今年の「アジアのトップ1000ブランド」では、消費者動向を反映した微妙な変化が、上位ブランドに見られた。

Premium
日本ブランド、アジアでの評価
Premium
2017年6月14日

日本ブランド、アジアでの評価

Campaign Asia-Pacificが2017年版「アジアのトップ1000ブランド」を発表した。アジア13カ国の市場の消費者は、日本の主要ブランドをどのように見ているのだろうか。

Premium
TBWAワールドワイド会長、広告業界を斬る
Premium
2017年6月13日

TBWAワールドワイド会長、広告業界を斬る

TBWAワールドワイドのジャン・マリー・ドリュー会長が、アドバタイジングウィーク・アジア2017に参加するため来日した。広告業界の未来を握るカギはイノベーションにあると、改めて説く。

Premium
dentsu Xの日比野貴樹氏、その足跡を語る
Premium
2017年6月08日

dentsu Xの日比野貴樹氏、その足跡を語る

シンガポールに拠点を置く日比野貴樹氏がインタビューに応じ、アジアでの生活、顧客対応の変化、そして体験価値の創造においてデータが果たす役割について語る。

Premium
クリエイティブディレクションの新しいモデル
Premium
2017年6月02日

クリエイティブディレクションの新しいモデル

ブランドによるクリエイティブの内製化や、IT企業やコンサルティング企業のクリエイティブ領域への進出が勢いを増す昨今、エージェンシーのアプローチも変わりつつある。これからのクリエイティブディレクションに求められるものは何か。