深層

Premium
無意識下にある気持ちや行動を刺激する
Premium
12 時間前

無意識下にある気持ちや行動を刺激する

消費者は無意識のうちに判断をし、行動する。何がそうさせたのかを正しく理解し、行動や気持ちを刺激するために必要なことは何か。

Premium
アジア市場から見る、日本の広告代理店の評価 − エージェンシー・レポートカード2016
Premium
1 日前

アジア市場から見る、日本の広告代理店の評価 − エージェンシー・レポートカード2016

Campaignが毎年発表している、アジア太平洋地域を代表する広告代理店やメディア、デジタルエージェンシー40社を総合的に査定する「エージェンシー・レポートカード」。日本企業への昨年度の評価は、どのようなものだったのだろうか。

Premium
オーナーの過激な思想がブランドにもたらす影響とは?
Premium
2 日前

オーナーの過激な思想がブランドにもたらす影響とは?

アパグループの代表は、中国人やユダヤ人の心情を逆なでする術を心得ているようだ。しかし、その政治的な思想が議論を巻き起こす一方で、日本では同グループの事業にそれほど悪影響はないように見受けられる。

Premium
パナソニック、レガシーからの脱却への挑戦
Premium
2017年2月16日

パナソニック、レガシーからの脱却への挑戦

創立99年目を迎えるパナソニックが、同社にとっては画期的なオープンイノベーションを取り入れようとしている。道のりは平坦ではないが、ブランド再活性化への重要な1歩になることは間違いない。

Premium
「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界
Premium
2017年2月15日

「外国人女性クリエイティブ」にとっての広告業界

誤解から生まれる意外なメリット、デジタルマーケティングの盲点、そして女性の才能を開花させるために必要なこと……。AKQAでグループクリエイティブディレクターを務めるクラウディア・クリストヴァオ氏が、日本での経験と教訓を語る。

Premium
テセウス・チャン、クリエイティビティーの源
Premium
2017年2月09日

テセウス・チャン、クリエイティビティーの源

「D&AD」が東京で開催したワークショップに、「シンガポールの至宝」と讃えられるグラフィックデザイナー、テセウス・チャン氏が登場した。同氏の作品や仕事に対する哲学に迫る。

Premium
「日本株式会社」は信頼回復が急務 − 2017 エデルマン・トラストバロメーター
Premium
2017年2月09日

「日本株式会社」は信頼回復が急務 − 2017 エデルマン・トラストバロメーター

エデルマンが毎年実施する、信頼度調査の最新結果が発表された。浮き彫りとなったのは、企業に対する日本人の著しい不信感。どのように信頼回復に努めるべきなのか、調査結果からはその糸口も見えてきた。

Premium
ユニクロのグローバルキャンペーンと「サイエンス」
Premium
2017年2月08日

ユニクロのグローバルキャンペーンと「サイエンス」

昨年、ユニクロのグローバルキャンペーンを制作したニューヨークのクリエイティブエージェンシー「Droga5」。同社のリンゼイ・コール、デボン・ホンの両氏が、日本の巨大アパレル企業との「発展的関係」について語る。

Premium
新成人に贈る、「故郷の魅力」
Premium
2017年2月07日

新成人に贈る、「故郷の魅力」

若者の流出という共通の問題を抱える地方の中小都市。福井県大野市ではそれを少しでも食い止めようと、新成人たちに粋なプレゼントが贈られた。

Premium
排ガス不正問題を乗り越え、VWが販売台数首位に
Premium
2017年2月06日

排ガス不正問題を乗り越え、VWが販売台数首位に

排ガス不正問題に揺れ、2015年に販売台数を減らしたフォルクスワーゲン(VW)。だが迅速なブランドの立て直しと中国市場での強さを背景に、2016年はその数で遂にトヨタを上回った。

Premium
任天堂の未来を占う、「Switch」
Premium
2017年2月02日

任天堂の未来を占う、「Switch」

京都に本社を置く任天堂は来月、社運を賭けた新型ビデオゲーム機を発売する。その成否を左右するのは、過去の失敗から得た教訓とマーケティングだろう。

Premium
話題になったYouTube動画広告の背景
Premium
2017年1月30日

話題になったYouTube動画広告の背景

ボーカロイド「初音ミク」が、ピコ太郎を抜いてトップに。

Premium
女性はなぜキャリアアップに積極的になれないのか
Premium
2017年1月26日

女性はなぜキャリアアップに積極的になれないのか

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン コンテントディレクターへのインタビュー後編では、ブランドが売り込みをやめて消費者の心をつかむための作法と、日本の女性がキャリアアップに積極的になれない理由を掘り下げる。

Premium
グローバル的観点から見る、日本のCEOの危機対応
Premium
2017年1月25日

グローバル的観点から見る、日本のCEOの危機対応

不祥事によって企業が窮地に立たされたとき、社会がその企業に求める対応は日本と米国で大きな違いがある。だがどのような場合でも、危機を乗り越えた企業が真剣に改革に取り組まなければ、経営トップが辞任したところで何も変わらないのだ。

Premium
CEOと危機対応
Premium
2017年1月25日

CEOと危機対応

社内で不祥事が生じたとき、経営陣はどのように対応すべきなのか。昨今の大企業の事例から、そのあるべき姿勢を考える。

Premium
ジャーナリズムからブランドの世界へ(前編)
Premium
2017年1月18日

ジャーナリズムからブランドの世界へ(前編)

メッセージを発信するという点で、ブランドはある意味「メディア企業」になることを期待されている。そんな中、広告会社に活躍の場を移すジャーナリストはほとんど見られない。それを実行した、ある稀少な女性に話を聞いた。

Premium
広告業界の「働き方改革」に向けて
Premium
2017年1月12日

広告業界の「働き方改革」に向けて

電通・新入社員の過労自殺が労災認定された昨年の10月。以後、広告業界では働き方の見直しが急務となった。Campaignでは業界から幅広い参加者を募り、この課題を討論する場を設けた。そこから見えてきたものとは。

Premium
英国広告界、「若さ崇拝」の弊害
Premium
2017年1月12日

英国広告界、「若さ崇拝」の弊害

昨今、英国の広告業界に蔓延する「若さ」を優先する価値観。これではいずれ、業界は行き詰まってしまうだろう。「他のクリエイティブな世界には見られない傾向」と、バートル・ボーグル・ヘガーティ(BBH)社の創業者ジョン・ヘガーティ卿は警鐘を鳴らす。

Premium
「電通、苦難の1年」を振り返る
Premium
2017年1月06日

「電通、苦難の1年」を振り返る

昨年暮れ、電通の過重労働問題は佳境を迎えた。代表取締役社長執行役員である石井直氏が1月に辞任する意向を表明。これまでの経緯を改めて振り返る。

Premium
2017年、日本のマーケティング界を占う
Premium
2017年1月03日

2017年、日本のマーケティング界を占う

年頭にあたり、Campaignではこの1年の業界の動向予測をシリーズでお届けする。ご登場いただくのは、オンライン・メディアトレーディングから経営コンサルティングまで、幅広い分野にわたる優れたコメンテーターの方々だ。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る