深層

Premium
広告業界の「働き方改革」に向けて
Premium
2017年1月12日

広告業界の「働き方改革」に向けて

電通・新入社員の過労自殺が労災認定された昨年の10月。以後、広告業界では働き方の見直しが急務となった。Campaignでは業界から幅広い参加者を募り、この課題を討論する場を設けた。そこから見えてきたものとは。

Premium
英国広告界、「若さ崇拝」の弊害
Premium
2017年1月12日

英国広告界、「若さ崇拝」の弊害

昨今、英国の広告業界に蔓延する「若さ」を優先する価値観。これではいずれ、業界は行き詰まってしまうだろう。「他のクリエイティブな世界には見られない傾向」と、バートル・ボーグル・ヘガーティ(BBH)社の創業者ジョン・ヘガーティ卿は警鐘を鳴らす。

Premium
「電通、苦難の1年」を振り返る
Premium
2017年1月06日

「電通、苦難の1年」を振り返る

昨年暮れ、電通の過重労働問題は佳境を迎えた。代表取締役社長執行役員である石井直氏が1月に辞任する意向を表明。これまでの経緯を改めて振り返る。

Premium
2017年、日本のマーケティング界を占う
Premium
2017年1月03日

2017年、日本のマーケティング界を占う

年頭にあたり、Campaignではこの1年の業界の動向予測をシリーズでお届けする。ご登場いただくのは、オンライン・メディアトレーディングから経営コンサルティングまで、幅広い分野にわたる優れたコメンテーターの方々だ。

Premium
LGBTとこれからのマーケティング
Premium
2016年12月14日

LGBTとこれからのマーケティング

広告代理店のプランナーでありながら、セクシャルマイノリティー(性的少数者)に関するシンクタンク「LGBT総合研究所」を立ち上げた森永貴彦氏。自身も当事者である同氏が、マーケティング的見地からLGBTとの関わり方について語る。

Premium
ネリウム、「究極のアンチエイジング」のヒットを日本で狙う
Premium
2016年12月14日

ネリウム、「究極のアンチエイジング」のヒットを日本で狙う

議論の的になっているアメリカの直販スキンケアブランド、ネリウム・インターナショナルは、アジア市場への足掛かりとして、日本での事業展開に力を入れている。消費者の反応はいかに?

Premium
フィンテックは、日本の企業文化を変えられるか
Premium
2016年12月14日

フィンテックは、日本の企業文化を変えられるか

長時間残業が常態化している日本。だが、新たなテクノロジーがこの悪習を断ち、ワークライフバランスを取り戻すインセンティブを創出するかもしれない。

Premium
2016年の教訓、トップ5
Premium
2016年12月14日

2016年の教訓、トップ5

過酷な労働条件、日本ブランドのグローバルな活動、リオ五輪……今年は様々な課題が噴出した1年だった。

Premium
2016年、注目の展開トップ5
Premium
2016年12月14日

2016年、注目の展開トップ5

日本の音楽ストリーミングに新たな大手が参入、国内のテレビCM制作会社はテレビ、さらには日本市場の先を見据える。

Premium
2016年、キラリと光ったブランドアイデア トップ5
Premium
2016年12月14日

2016年、キラリと光ったブランドアイデア トップ5

数え切れぬほどの案の中から絞り込まれて採用され、ブランド構築に寄与したアイデアたち。ここに、我々が注目したものを紹介する。

Premium
2016年、最も好感度の高かった作品 トップ5
Premium
2016年12月14日

2016年、最も好感度の高かった作品 トップ5

優れた作品には、いかにも売り込みという雰囲気はない。たとえ小さなことであったとしても、文化的な側面を感じさせる。

Premium
2016年に最も読まれた記事、トップ5
Premium
2016年12月14日

2016年に最も読まれた記事、トップ5

デジタルメディアのスキャンダル、世界における日本の位置づけ、「クリエイティブ」な英語の使い方……。 いずれの記事も非常に大きな注目を集めた。

Premium
ブランドが政治的関わりを持つことは正しいのか
Premium
2016年12月07日

ブランドが政治的関わりを持つことは正しいのか

今回の米大統領選は、これまでになくブランドの政治色が強く反映された戦いとなった。一方でニューバランスのように、些細な政治的発言が深刻な問題を招くことも明らかになった。

Premium
大内智重子氏(電通):広告界の女性管理職であるということ
Premium
2016年12月06日

大内智重子氏(電通):広告界の女性管理職であるということ

電通第3CRP局局長という同社屈指のクリエイティブ部門で、初の女性リーダーとなった大内智重子氏。これまで一つひとつの仕事で着実に成果を上げ、その積み重ねで「ガラスの天井」を破った同氏。女性管理職として、仕事に臨む姿勢を語る。

Premium
「第2のトヨタ」にならぬために ― 不正請求をどのように防ぐか
Premium
2016年11月30日

「第2のトヨタ」にならぬために ― 不正請求をどのように防ぐか

広告業界の取引における透明性の欠如は、世界共通の大きな課題と言える。広告主は、広告代理店にどのような対応をとればいいのだろうか。

Premium
楽天・グローバルマーケターの役割
Premium
2016年11月24日

楽天・グローバルマーケターの役割

先週、世界的名声を誇るスペインのプロサッカークラブ「FCバルセロナ」の筆頭グローバルスポンサーとなり、各メディアを賑わせた楽天。その舞台裏で交渉役を務めたマーケターは、普段どのような取り組みをしているのだろうか。

Premium
フィンズベリー:日本企業に「ノーコメント」という選択肢はもう無い
Premium
2016年11月21日

フィンズベリー:日本企業に「ノーコメント」という選択肢はもう無い

WPPグループのエージェンシーが、複雑化が進む世界での日本ブランドの支援にチャンスを見出す。

Premium
単独インタビュー:ツイッターの生き残り策
Premium
2016年11月21日

単独インタビュー:ツイッターの生き残り策

人員削減を実施中のツイッターは、どのように社員の士気を高めているのだろうか。同社アジア太平洋担当バイスプレジデント、アリザ・ノックス氏に聞いた。

Premium
日本のブランドは、トランプ次期政権とどう向き合うべきか
Premium
2016年11月17日

日本のブランドは、トランプ次期政権とどう向き合うべきか

米大統領選を契機に、米国内で台頭するナショナリズム。「アメリカ・ファースト」の風潮に、日本企業はどのように対処すればいいのだろうか。

Premium
ヒラリー・クリントンが広告で失敗した理由
Premium
2016年11月14日

ヒラリー・クリントンが広告で失敗した理由

対立候補者に広告費で1億米ドルの差をつけ、マディソン街の一流広告会社を起用したヒラリーだったが……。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る