視点

Premium
コミュニケーション業界 三つの潮流
Premium
2017年1月03日

コミュニケーション業界 三つの潮流

2017年は、インサイトの捉え方やジャーナリズムの見直しが進むほか、五輪開催に向けた具体的な動きが始まるだろう。

Premium
働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか
Premium
2017年1月03日

働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか

日本人は働き過ぎで、有給休暇をとらない - 海外では定説になっている我々日本人のイメージの1つだろう。

Premium
「正しい課題」を設けてこそ、進化あり
Premium
2017年1月03日

「正しい課題」を設けてこそ、進化あり

まもなく米国で発足するトランプ政権。この異色ずくめの大統領が常軌を逸した行動に出ないという前提で、日本の広告代理店が2017年に取り組むべき課題を探る。最も重要となるのは、「内側からの変革」だろう。

Premium
デジタル変革で魅力ある「顧客体験」の実現へ
Premium
2017年1月03日

デジタル変革で魅力ある「顧客体験」の実現へ

急速に変化する環境下で、企業は顧客起点のデジタルトランスフォーメーションを迫られる。

Premium
デジタルプランナー/マーケターが注目すべき3つのポイント
Premium
2017年1月03日

デジタルプランナー/マーケターが注目すべき3つのポイント

インターネット広告の発展を予感させる基盤が整い、2017年は広告や掲載メディア、プランニング、効果測定などあらゆる面において、質がより一層重要視されるだろう。

Premium
DeNAと電通の不祥事から見えてくること
Premium
2017年1月03日

DeNAと電通の不祥事から見えてくること

キュレーションメディア上の記事の信憑性が問題となり、10ものサイトが閉鎖に追い込まれたDeNA。かたや、クライアントに対する長年の過剰請求が発覚した電通。業界を驚かせたこの2つのスキャンダルは、何を示唆しているのだろうか。

Premium
日本のマーケットを明るくする「若者の“人につくす”エネルギー」
Premium
2016年12月16日

日本のマーケットを明るくする「若者の“人につくす”エネルギー」

若者へのマーケティングにおいてキーとなるのは、「自分にとって必要」から一歩進み、「友だちにつくすことができる」という視点にあるという。

Premium
フィンテックは、日本の企業文化を変えられるか
Premium
2016年12月14日

フィンテックは、日本の企業文化を変えられるか

長時間残業が常態化している日本。だが、新たなテクノロジーがこの悪習を断ち、ワークライフバランスを取り戻すインセンティブを創出するかもしれない。

Premium
2016年を回顧する
Premium
2016年12月14日

2016年を回顧する

今年もあと半月を残すのみ。2016年の締めくくりとして、今年の重要な出来事やアイデア、作品などをあらためて取り上げ、そこからどのような教訓が得られるかを考察する。

Premium
広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか
Premium
2016年12月07日

広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか

男女平等という視点から広告業界を見ると、果たしてどれほどの変化をこれまで遂げてきたのだろうか。そして、今後はどこを目指していくべきなのか。シリーズ「女性リーダーたちと語る」のプロローグとして、このテーマをあらためて考察する。

Premium
Spotifyは日本人の音楽志向を変えるか
Premium
2016年10月17日

Spotifyは日本人の音楽志向を変えるか

ついに日本でのサービスが開始したSpotifyは、コミュニティーやジャンル、アーティストをどのように結びつけるのだろうか。

Premium
ダイバーシティーが切り開く課題解決先進国への道
Premium
2016年10月12日

ダイバーシティーが切り開く課題解決先進国への道

人材の多様性は実に多くの恩恵をもたらすが、日本ではその活用が遅れている。なぜ今、重要なのか。そしてどのように取り組むべきか。

Premium
明日から使える新たな成長市場の攻略法
Premium
2016年10月05日

明日から使える新たな成長市場の攻略法

急速に変化する成長市場に対応するため、マーケティングに求められるものは何か。重要となる二つの規範について語った。

Premium
「ウナギ擬人化」批判に見る、女子高生の広告への飽和感
Premium
2016年10月03日

「ウナギ擬人化」批判に見る、女子高生の広告への飽和感

養殖魚のプロモーションがこれほどの物議を醸そうとは、誰が想像しただろうか。

Premium
日本のオンライン上に浸透するおもてなしの心
Premium
2016年9月27日

日本のオンライン上に浸透するおもてなしの心

おもてなしの心と、若い世代がショッピングに求めるスピードや効率性を、ブランドは折衷することができるだろうか。

Premium
短い方が面白い - 記憶に残る「5秒CM」の作り方
Premium
2016年9月16日

短い方が面白い - 記憶に残る「5秒CM」の作り方

5秒間という、ペプシの最も短いCMを米国で制作したクリエイター・チーム、ジョニー・セメラッド氏とキャリー・ガトヤン氏。彼らはこの新しいスタイルのCM制作から、何を得たのか。「瞬間的メッセージ」のあり方と可能性について語った。

Premium
「BtoBデジタルトランスフォーメーション」実現へのカギ
Premium
2016年9月15日

「BtoBデジタルトランスフォーメーション」実現へのカギ

この1、2年、よく耳にするようになった「デジタルトランスフォーメーション」。だがその具現化はいまだ多くの企業にとって難題であろう。どうしたらスムーズな移行が可能となるのか、その要点を探る。

Premium
ボイスの重要性を過小評価してはならない
Premium
2016年9月06日

ボイスの重要性を過小評価してはならない

トーン・オブ・ボイス(ブランドを伝える語り口)を蔑ろにするブランドは、人々と深いレベルでつながるチャンスを逃している。

Premium
2020年東京五輪がリオとは決定的に異なる6つの点
Premium
2016年9月01日

2020年東京五輪がリオとは決定的に異なる6つの点

我々が直視すべきなのは、オリンピックが時代の波に乗り遅れているという点である。しかしR/GAのソーシャル部門グローバルマネージングディレクターは「日本での開催時にはめざましく進化するだろう」と楽観視している。技術の進歩は、今までのスポーツマーケティング戦略を踏襲するだけでは済まないことを意味する。このことをブランド各社は(スポンサーであるか否かにかかわらず)肝に銘じる必要がある。

Premium
プログラマティックは誤解されている
Premium
2016年8月25日

プログラマティックは誤解されている

プログラマティックの効果を求めるのであれば、外部に委託するのを止めて、マーケター自らの手でプログラマティックメディアを掌握する必要がある――。デイヴィッド・リッテンハウス氏の提言だ。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る