視点

Premium
一人あたりのクリエイティビティーが問われる時代へ
Premium
2017年3月15日

一人あたりのクリエイティビティーが問われる時代へ

クリエイティビティーを発揮する分野が拡大し、あらゆる職種の人がクリエイターの役割を担う時代がやって来た。

Premium
炎上商法はブランドにとって得策か?
Premium
2017年3月15日

炎上商法はブランドにとって得策か?

善しにつけ悪しきにつけ、私たちはインターネット・トロール(ネット上で誹謗中傷する「荒らし」行為)の時代に生きている。その中でブランドはどう振る舞えば良いのか。特に激しい「炎上」騒動がよく起こる米国の視点から見ていく。

Premium
私が広告業界を去った理由
Premium
2017年3月06日

私が広告業界を去った理由

マッキャン・ワールドグループで約15年にわたり、アジア、オーストラリア、ヨーロッパのグローバルブランドに携わってきたシニア・クリエイティブ・ディレクターが、広告業界に見切りをつけた理由を語る。

Premium
欧米の不安定化と、アジアへの追い風
Premium
2017年2月28日

欧米の不安定化と、アジアへの追い風

成熟した先進国の市場が今、総じて「機能不全」に陥っている。日本のブランドは、アジア市場での事業拡大に注力すべき ― マッキャン・ワールドグループのジョン・ウッドワード氏が説く。

Premium
パーソナルデータの活用は次のゴールドラッシュとなるか
Premium
2017年2月02日

パーソナルデータの活用は次のゴールドラッシュとなるか

昨今、マーケティング用語としてバズワード化している「ビッグデータマーケティング」。小さなデータを膨大に集め大きな兆候を捉える「ビッグデータ」から、企業はよりパーソナルなデータを活用してサービスの価値を高める新たなビジネスチャンスに挑戦し始めている。

Premium
京都から見えるグローバルマーケティングのいま
Premium
2017年1月18日

京都から見えるグローバルマーケティングのいま

面白い情報が生まれる場所に住むことで見えた、日本を元気にするヒントとは。

Premium
コミュニケーション業界 三つの潮流
Premium
2017年1月03日

コミュニケーション業界 三つの潮流

2017年は、インサイトの捉え方やジャーナリズムの見直しが進むほか、五輪開催に向けた具体的な動きが始まるだろう。

Premium
働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか
Premium
2017年1月03日

働き方改革で、日本人は「余暇上手」になるか

日本人は働き過ぎで、有給休暇をとらない - 海外では定説になっている我々日本人のイメージの1つだろう。

Premium
「正しい課題」を設けてこそ、進化あり
Premium
2017年1月03日

「正しい課題」を設けてこそ、進化あり

まもなく米国で発足するトランプ政権。この異色ずくめの大統領が常軌を逸した行動に出ないという前提で、日本の広告代理店が2017年に取り組むべき課題を探る。最も重要となるのは、「内側からの変革」だろう。

Premium
デジタル変革で魅力ある「顧客体験」の実現へ
Premium
2017年1月03日

デジタル変革で魅力ある「顧客体験」の実現へ

急速に変化する環境下で、企業は顧客起点のデジタルトランスフォーメーションを迫られる。

Premium
デジタルプランナー/マーケターが注目すべき3つのポイント
Premium
2017年1月03日

デジタルプランナー/マーケターが注目すべき3つのポイント

インターネット広告の発展を予感させる基盤が整い、2017年は広告や掲載メディア、プランニング、効果測定などあらゆる面において、質がより一層重要視されるだろう。

Premium
DeNAと電通の不祥事から見えてくること
Premium
2017年1月03日

DeNAと電通の不祥事から見えてくること

キュレーションメディア上の記事の信憑性が問題となり、10ものサイトが閉鎖に追い込まれたDeNA。かたや、クライアントに対する長年の過剰請求が発覚した電通。業界を驚かせたこの2つのスキャンダルは、何を示唆しているのだろうか。

Premium
日本のマーケットを明るくする「若者の“人につくす”エネルギー」
Premium
2016年12月16日

日本のマーケットを明るくする「若者の“人につくす”エネルギー」

若者へのマーケティングにおいてキーとなるのは、「自分にとって必要」から一歩進み、「友だちにつくすことができる」という視点にあるという。

Premium
フィンテックは、日本の企業文化を変えられるか
Premium
2016年12月14日

フィンテックは、日本の企業文化を変えられるか

長時間残業が常態化している日本。だが、新たなテクノロジーがこの悪習を断ち、ワークライフバランスを取り戻すインセンティブを創出するかもしれない。

Premium
2016年を回顧する
Premium
2016年12月14日

2016年を回顧する

今年もあと半月を残すのみ。2016年の締めくくりとして、今年の重要な出来事やアイデア、作品などをあらためて取り上げ、そこからどのような教訓が得られるかを考察する。

Premium
広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか
Premium
2016年12月07日

広告業界は「男女平等」のモデルケースとなれるか

男女平等という視点から広告業界を見ると、果たしてどれほどの変化をこれまで遂げてきたのだろうか。そして、今後はどこを目指していくべきなのか。シリーズ「女性リーダーたちと語る」のプロローグとして、このテーマをあらためて考察する。

Premium
ウェブサイトのローカライズにありがちな(そして回避可能な)落とし穴
Premium
2016年12月06日

ウェブサイトのローカライズにありがちな(そして回避可能な)落とし穴

言語の違いに惑わされて大切なことを見失わずに、それぞれの市場でウェブサイトの魅力を最大化するためのヒントを示す。

Premium
Spotifyは日本人の音楽志向を変えるか
Premium
2016年10月17日

Spotifyは日本人の音楽志向を変えるか

ついに日本でのサービスが開始したSpotifyは、コミュニティーやジャンル、アーティストをどのように結びつけるのだろうか。

Premium
ダイバーシティーが切り開く課題解決先進国への道
Premium
2016年10月12日

ダイバーシティーが切り開く課題解決先進国への道

人材の多様性は実に多くの恩恵をもたらすが、日本ではその活用が遅れている。なぜ今、重要なのか。そしてどのように取り組むべきか。

Premium
明日から使える新たな成長市場の攻略法
Premium
2016年10月05日

明日から使える新たな成長市場の攻略法

急速に変化する成長市場に対応するため、マーケティングに求められるものは何か。重要となる二つの規範について語った。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る