視点

Premium
グローバル化の新たな課題
Premium
2017年11月20日

グローバル化の新たな課題

トランプ米大統領のアジア歴訪に象徴される反グローバル化の動きは、大手ブランドの世界的秩序に課題を提起していると、ディアジオのジェームズ・トンプソン氏は述べる。

Premium
「消費」と「提供」を通じ、中国で生活者主導社会が興隆
Premium
2017年11月07日

「消費」と「提供」を通じ、中国で生活者主導社会が興隆

中国の市場経済に、生活者主導の大きな変化が到来すると予測される。

Premium
カンヌライオンズ受賞は、本当にブランドに役立つのか?
Premium
2017年10月31日

カンヌライオンズ受賞は、本当にブランドに役立つのか?

クリエイティブアワードの審査員が好む作品と、クライアントのビジネスに役立ちそうな作品との間にある隔たりが大きくなっていると、広告アナリティクス企業「エースメトリックス」(本社:米カリフォルニア州マウンテンビュー)のCEOは語る。

Premium
音声アシスタント機能が、マーケターの新しい相棒になる理由
Premium
2017年10月30日

音声アシスタント機能が、マーケターの新しい相棒になる理由

アマゾンの「アレクサ(Alexa)」や、「グーグルホーム(Google Home)」といった音声アシスタント機能を持つスマートスピーカーは、ディスラプション(変革に向けた破壊的イノベーション)と有用性とをうまく両立させるもの――。ニューヨークのデジタルコンサルティング会社「レイン」のテクノロジーイノベーション担当ディレクターは、このように語る。

Premium
エージェンシーにとって、コンサルティング企業の参入が意味するものとは
Premium
2017年10月24日

エージェンシーにとって、コンサルティング企業の参入が意味するものとは

元マッキンゼーのコンサルタントで現在はMSQ パートナーズのチェアマンを務めるロジャー・パリー氏は、「コンサルティング企業の参入は絶好のチャンス」と語る。

Premium
ダイソン参入で自動車業界は大転換 アマゾンも続くか
Premium
2017年10月12日

ダイソン参入で自動車業界は大転換 アマゾンも続くか

画期的な製品を次々と世に送リ出し、ブランドアイデンティティーを築いたダイソン。電気自動車市場への参入は、その高い信頼性が物を言う。

Premium
私たちは皆、コンサルタントである
Premium
2017年10月12日

私たちは皆、コンサルタントである

はっきり言って、広告代理店はクリエイティブ業界の一端を担っている訳ではない。コンサルティング会社が広告業界に進出し、広告代理店はクリエイティブを装うのをやめるべき時を迎えている。ロンドンを拠点とするオムニコム・グループ傘下エージェンシーの、チーフ・ストラテジー・オフィサーが語る。

Premium
労基法違反を認めた電通が、歩むべき道
Premium
2017年9月28日

労基法違反を認めた電通が、歩むべき道

電通に対する初公判で、山本敏博社長は起訴内容を認めた。同社の社運は、偏に今後の行動にかかっている。

Premium
広告の仕事と妊娠、どちらかを選ばなければならないのか?
Premium
2017年9月21日

広告の仕事と妊娠、どちらかを選ばなければならないのか?

広告会社で働く女性たちが、妊娠を機に難しい選択を迫られるのは、世界中どこでも似通っている。香港の女性ディレクターの体験をご紹介しよう。

Premium
ロンドンのトリバゴの広告から学ぶ教訓
Premium
2017年9月07日

ロンドンのトリバゴの広告から学ぶ教訓

退屈顔のモデルと大きな検索バーを、見たい人なんていない。

Premium
顧客がつくりだすメガコンテクスト、「ファンベースマーケティング」
Premium
2017年8月31日

顧客がつくりだすメガコンテクスト、「ファンベースマーケティング」

99.99%の情報は届かない –— 生活者主導の情報環境時代にたどり着いた、マーケティングコミュニケーションのひとつのあり方を探る。

Premium
ブロックチェーンがもたらす広告界の未来
Premium
2017年8月29日

ブロックチェーンがもたらす広告界の未来

ブロックチェーンの登場で、広告会社への対価やインセンティブは、今後どのように軌道修正されていくのだろうか。メディア・コミュニケーション・エージェンシー「カラ」のアジア担当チーフ・ストラテジー・オフィサーが語る。

Premium
入念に作られたブランド名を守るために
Premium
2017年8月22日

入念に作られたブランド名を守るために

ブランド名の刷新や、頭字語や略語への変更などは賢明な手法のようだが、ブランドらしさを消してしまう可能性も――。海外進出に意欲的な企業に向け、英国のブランドコンサルティング会社「ウルフ・オリンズ」のグローバルプリンシパルが見識を示す。

Premium
AIによるパーソナル化の「不気味さ」を拭い去る方法
Premium
2017年8月09日

AIによるパーソナル化の「不気味さ」を拭い去る方法

人工知能(AI)の活用はますます進化を遂げる。今やブランドやパブリッシャーはユーザーを煩わすことなく、より個々に合った体験を提供することが可能だ。

Premium
マーケターにとっての「サバイバルコード」
Premium
2017年8月03日

マーケターにとっての「サバイバルコード」

企業の競争力や成長力を高めるための通常の施策が、見直しを迫られている。その原因は何なのか。

Premium
WPPのソレルはコンサルティング会社を誤解している
Premium
2017年7月26日

WPPのソレルはコンサルティング会社を誤解している

昨年アクセンチュアに買収されたカーマラマのエグゼクティブチェアマンは、「コンサルティング会社にクリエイティブな仕事はできない」とするWPPグループCEOのマーティン・ソレル氏に異論を唱える。

Premium
デジタル動画広告元年における、「正解」の活用方法とは?
Premium
2017年7月13日

デジタル動画広告元年における、「正解」の活用方法とは?

昨年から今年にかけ、何年にもわたって言われ続けてきた「デジタル動画元年」もいよいよ到来したように思われるが、実際の使われ方を見ると、まだまだ広告を出稿すること自体が目的化していることも事実だ。本稿では、現状での限界を踏まえた「正解」の活用方法を考える。

Premium
WPP、サイバー攻撃からの教訓
Premium
2017年7月13日

WPP、サイバー攻撃からの教訓

6月末に世界各地で起きたサイバー攻撃では、広告世界最大手のWPPも被害にあった。広告代理店におけるデータ保護のあり方が問われている。

Premium
カンヌを獲るために、危機管理の専門家が必要な時代
Premium
2017年7月13日

カンヌを獲るために、危機管理の専門家が必要な時代

物議をかもす大胆なクリエイティブの制作には、リスク管理の観点が今後ますます重要となっていくだろう。

Premium
海外企業の買収に、戦略的コミュニケーションが重要な理由
Premium
2017年7月10日

海外企業の買収に、戦略的コミュニケーションが重要な理由

今年は日本企業にとって、海外企業の積極的な買収を進める絶好の好機だ。

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る