David Blecken
2017年2月24日

空飛ぶ「雪丸」で町のブランディングに新境地

奈良県王寺町は、犬型ドローンで町の魅力を紹介する。

町おこしの定番といえばゆるキャラだが、その数の多さから区別しづらく、最近はブームも落ち着きを見せている。だが、王寺町の「雪丸」は別格だ。

ソフトバンクのお父さん犬に似た白い犬「雪丸」は、聖徳太子の愛犬だ。ドローンになった雪丸は動画の中で、達磨寺での座禅体験や火幡神社、恋人たちの悠久の鐘、明神山の絶景パノラマなど、王寺町の見所を空から紹介していく。

動画は、本物のドローンの実写である。しかし、地元のショッピングセンターでの写真撮影会に大きな着ぐるみで登場しなければならないというのが、ゆるキャラが背負う宿命なのだ。(写真は雪丸のFacebookページより)

Campaignの視点:
空飛ぶ仔犬の可愛さは、何ともあらがい難い。このプロモーションが、よくある田舎町といった風情の王寺町に人を呼び込むことができるのかは、今のところは未知数だ。しかし雪丸は、他の飛べないキャラクターたちの中で異彩を放ち、見る者の目を引き付ける。残念なのは、ユーチューブで動画へのコメントを受け付けていないことだ。オンライン動画の時代の波に乗ろうと考えているのであれば再検討するよう、作品に携わった方々にお勧めしたい。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進
Premium
10 時間前

日本での躍進のカギは、ダイバーシティーの力強い推進

日本法人マッキャン・ワールドグループ ホールディングスの社長就任から1年になるチャールズ・カデル氏は、大きな社会的課題に取り組むことで同社の地位向上に努める。

Premium
「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン
Premium
1 日前

「壁」を打ち破れ! ディーゼル・キャンペーン

大胆で挑発的な広告で知られるイタリアのファッションブランド、ディーゼル。最新のキャンペーンではトランプの「壁」に異議を唱え、愛の自由を訴える。

Premium
失敗の妙技:注目されてこそ意味がある
Premium
1 日前

失敗の妙技:注目されてこそ意味がある

本当にだめな広告というのは、まずあり得ないということが、米国の有名ブランドの「失敗」事例から見てとれる。

Premium
アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ
Premium
2017年4月20日

アジア市場を狙う博報堂の、新たなツートップ

元ワイデン・アンド・ケネディのヤン・ヨウ氏を、木村健太郎氏とともにCCOに任命した博報堂。その狙いは、アジアでのビジネス強化と潜在的な才能の発掘だ。