クリエイティビティー

2022年7月22日

リモートか、オフィスか クリエイティブへの効果

コロナ禍で日常化したリモートワーク。だが、社員のクリエイティビティーを引き出すのに果たして最善の手段なのか。各エージェンシー幹部に現在のワークモデルを尋ねた。

2022年7月08日

カンヌライオンズ2022:インド躍進、他のAPAC勢は振るわず

今年のカンヌライオンズは、クリエイティブ大国の日本やオーストラリア、ニュージーランド、タイなどが受賞数を減らした。こうした結果をクリエイティブ界のリーダーたちはどう見ているのだろう。

2022年4月07日

クリエイティブPR、急務はジェンダーバランス

クリエイティブを担う女性が不足していることは、コミュニケーションやナラティブ(物語)に重大な影響を及ぼす −− PR界のフロントランナーたちが語る。

2021年10月18日

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年4月22日

エージェンシーのクリエイティブ力は低下:へガーティ卿

広告界の現状を憂うBBHの創業者ジョン・へガーティ卿。その打開策として、クリエイティブ界を活性化する新たなビジネスを始めた。

2021年3月03日

電通、クリエイティブの新指針「ブレイブ・ニューノーマル」

2月22日から25日にかけて開催されたバーチャルイベント「スパイクスアジア × Campaign」。電通マクギャリーボウエンのグローバルプレジデントを務めるマーリー・ハイミー氏は、ニューノーマル時代のクリエイティブで鍵となる5つの要素を挙げた。