Ryoko Tasaki
2017年4月19日

ブランドの「顔」から一歩踏み込む、ユニクロのアンバサダー

ブランドアンバサダーに課せられた使命は、広告塔的な役割にとどまらない。

南谷真鈴氏
南谷真鈴氏

昨年5月にエベレスト登頂を成し遂げた南谷真鈴氏が、4月13日に北極点を踏破し、 「エクスプローラーズ・グランドスラム」(世界7大陸、北極点、南極点の踏破)を世界最年少で達成した。

ユニクロは昨年12月より、南谷氏をグローバルブランドアンバサダーとして起用している。就任以前から同社の衣服を愛用してきた南谷氏と共に、エベレスト登頂に向けてウェアを開発。今回も半年間にわたって議論を重ねながら、特注ウェアを多数開発した。

市販品と特注ウェアをまとって北極点到達を達成した南谷氏は、「ユニクロの服のおかげで、北極点付近の厳しい環境下でもとても快適でした」とコメント。同社にとっては品質の高さをアピールできるだけでなく、一人ひとりの生き方を豊かにしていく「LifeWear」のコンセプトを広く伝えていく上でも、有効に作用するだろう。

ユニクロは今後、南谷氏の経験を商品開発に取り入れていく他、彼女ならではの視点や関心に合わせたCSR活動を展開していく予定だ。

Campaignの視点:
商品を手に微笑むだけのブランドアンバサダーが多い中で、ユニクロは南谷氏のキャラクターや、困難なチャレンジを通じて積み重ねてきた知見を、「LifeWear」の追求にうまく活用している。難民や次世代への支援、災害支援、環境保全活動など幅広い分野で社会貢献活動を行ってきたユニクロだが、南谷氏との連係プレーにより、活動のさらなる充実が期待される。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

Premium
住友、デジタルメディア会社を発足
Premium
3 時間前

住友、デジタルメディア会社を発足

100年近い歴史を誇る名門商社が、海外市場での成長と国内メディア消費の変化に活路を見出し、新たな事業に乗り出した。

Premium
日本企業に欠かせない、世界基準のコミュニケーション
Premium
2018年2月16日

日本企業に欠かせない、世界基準のコミュニケーション

「未来」「イノベーション」「夢」、更には「変革の推進」「社会の改革」……日本の名だたる企業の謳い文句には、こうした大胆な言葉が並ぶ。だが実際これらの企業は、世界レベルのコミュニケーションを実行しているのだろうか。

Premium
世界マーケティング短信: 電通決算、日本のベストブランド、ユニリーバの「威嚇」
Premium
2018年2月16日

世界マーケティング短信: 電通決算、日本のベストブランド、ユニリーバの「威嚇」

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースを5本まとめてお送りする。

Premium
「ブランド体験」の正しい考え方、誤った考え方
Premium
2018年2月16日

「ブランド体験」の正しい考え方、誤った考え方

Campaignは都内で、ジオメトリー・グローバルのグローバル・チーフ・クリエイティブ・オフィサー、ジョン・ハム氏に、ブランド体験について明確な分析をしてもらった。