Brittany Kiefer
2020年1月30日

アサヒスーパードライのグローバルキャンペーン、マクギャリーボウエンに

日本を代表するビールのグローバルキャンペーンを、電通イージス・ネットワーク(DAN)のクリエイティブエージェンシーが担っていく。

アサヒスーパードライのグローバルキャンペーン、マクギャリーボウエンに

アサヒスーパードライが、初のグローバルエージェンシーとしてマクギャリーボウエン・ロンドンを指名した。戦略の見直しを図る同ビールに対し、複数のエージェンシーがプレゼンテーションを行っていた。

マクギャリーボウエンと競合したのはジェイ・ウォルター・トンプソンとザ・モンキーズ(アクセンチュア・インタラクティブ・グループ)。両社は引き続き各市場で、アサヒグループの他ブランドの業務を担っていく。

マクギャリーボウエンは、今年後半からスーパードライのグローバルキャンペーンを手がけていく予定。

スーパードライは1987年から販売が開始され、日本で最も売れているビールの一つ。伝統的に日本のビールは苦味が強く、食べ物とあまり相性が良くなかったが、スーパードライは切れ味の良さと辛口を武器に国内外で人気を博してきた。

「マクギャリーボウエン・ロンドンと仕事ができることはとてもエキサイティング。プレゼンも非常に印象的で、キャンペーン案にはとても満足しています」とスーパードライのグローバルブランドディレクター、ダニエル・グラス氏は語っている。

(文:ブリタニー・キーファー 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign UK
タグ

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。