Ryoko Tasaki
2022年12月09日

世界マーケティング短信:2022年「40 Under 40」、結果発表

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

世界マーケティング短信:2022年「40 Under 40」、結果発表

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。

2022年「40 Under 40」、結果発表

アジア太平洋地域のマーケティング、広告、メディア業界で目覚ましい活躍をした若き才能を選ぶ2022年「40 Under 40」の結果が発表された。日本からは4名が選ばれた。

  • 目黒圭祐氏(OpenX カントリーマネージャー)
  • 杉山元規氏(Droga5 グループクリエイティブディレクター)
  • 荒井伸洋氏(TBWA HAKUHODO シニアクリエイティブディレクター)
  • リッシュ・ゴパル氏(ビーコンコミュニケーションズ コンテンツ担当責任者)

詳しくはこちら(英語)

ツイッター社、パンデミックの誤情報対策を停止

ツイッター社はCOVID-19に関する誤情報の拡散を防ぐために運用してきたポリシーを、11月23日付で取りやめた。現在までに凍結されてきた1.1万ものアカウントが復活する可能性があり、感染症が増える季節に、健康に関する誤情報が広がることへの懸念が広がっている。

コンテンツモデレーションの新しいポリシーがどのようなものになるか、同社は詳細を明かしていない。だが欧州連合(EU)は、EUの厳格な規則を守らなければサービスを禁止にすると警告。アカウント復活に対するマスク氏の「恣意的な」アプローチをやめるよう求めている。

世界の広告費成長率予測を下方修正 グループエム

グループエム(GroupM)がこのたび発表した2023年の広告費予測は、これまでの見通しからさらに下方修正したものとなった。1年前には広告費の成長率を9.7%と予測していたが、今年6月には8.4%、今回は6.5%に。インフレや生活費高騰、中国で長引いたゼロコロナ対策が大きく影響した。なお今回の予測では、米国の中間選挙(総額126億米ドルに上るとみられる)による影響は除外している。

2022年の広告売上の55.5%を中国と米国が占めるため、広告費成長率の予測は両市場の影響を大きく受ける。中国ではゼロコロナ対策によって、当初見込んでいた10.2%増から0.6%減に下落。10.8%増を見込んでいた米国は、7.1%増にとどまった。

大規模な市場の多くでレイオフが急増したものの、失業率は依然低く、小売や製造の業界は増収となる見通し。「多くの企業の広告予算は収益に比例するという事実を鑑みると、急激なインフレがあろうとも、広告主の収益が上がれば広告予算も増えます」と、ビジネスインテリジェンス担当グローバルディレクターのケイト・スコット=ドーキンス氏は語る。

媒体別にみると、2022年のデジタル広告は9.3%増(6月の予測では11.5%増)。コネクテッドTVの2桁成長がリニアTVでの減少分を相殺し、テレビ広告全体では1.7%増を見込む。オーディオ広告は2022年に3.8%成長し、2023年には1.3%増へと減速すると予測している。

サドゥンCEOの願いは「幸せで健康な1年」 ピュブリシス

ピュブリシスグループが冬の休暇前に毎年制作する動画に、今年もアーサー・サドゥンCEOとモーリス・レヴィ元CEOが登場した。毎年ユニークな構成になっており、昨年は両氏が数々の映画の登場人物に扮し、年6週間は世界中のどこからでも勤務できるようになるというメッセージを伝えた。

だが、今年の動画は少々トーンが異なる。レヴィ氏が同グループの2桁成長などを称える中、サドゥン氏は突如「成人の80%がHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染することを知っていた?」と話し始める。「これは年末に向けた動画のリハーサルでは?」と戸惑うレヴィ氏。例年であれば、両氏がミニオンズのようなキャラクターで楽しいメッセージを伝える場になるはずだった。

そこに、2010年にHPVによるがんを患い、克服したマイケル・ダグラス(俳優)が登場し、人の命を守ることができるワクチンの重要性を説く。サドゥン氏も今年4月、手術によって小さな腫瘍を切除したことを明かしている。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:検索に潜む偏見、職場でのがん患者支援

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

ゲームイベントへのブランドの進出は加速するか

Eスポーツ大会や表彰式、コンベンション会場などには大勢のゲーマーが詰めかけているが、多くのブランドはまだその姿を見せていない。

3 日前

不況対策の短期思考は、メディアの進化を阻む

広告主が不況からの回復を目指すなら、短期的思考に陥って、毎月のように計画を見直す誘惑に打ち勝たなければならない。その理由と、広告主やエージェンシーが注力すべき点について説明する。

3 日前

グーグル提訴 アドテク界の反応

米司法省が先週、グーグルを提訴した。同社の広告事業は独占禁止法(反トラスト法)違反であり、優越的立場を乱用してパブリッシャーや広告主に多大な損害を与えたという。今回の訴訟が業界に及ぼす影響などについて、アドテク界のリーダーに尋ねた。