David Blecken
2017年11月29日

電通、未払い残業代を支給へ

電通が、社員が語学習得などのために勤務時間外に社内で費やした時間を残業として認め、12月に支払うことが分かった。

電通の東京本社
電通の東京本社

電通は2015年3月から2017年3月にかけての社員の残業代、総額24億円を支払う。

同社広報の河南(かんなん)周作氏はCampaignに対し、「社員が会社内で『自己研鑽(けんさん)』に費やした時間は、残業代を支払う」と語った。

「政府当局のガイダンスに基づき、業務に関連するアイデアを練るための自習やその他の行為を弊社は残業と認め、支払うことに決定致しました」

電通は過重労働を蔓延させたことで労働基準法違反に問われ、10月に有罪判決が出ていた。裁判では罰金50万円(4500米ドル)が言い渡され、多くのメディアがその「軽さ」を批判した。

電通や他の日本の広告代理店は、労働環境の向上を目指し、改革の途上にある。電通は日本広告業協会(JAAA)の一員で、同協会は他の3つの業界団体と協働し、広告界における働き方改革のガイドライン作成に務めている。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2022年8月05日

世界マーケティング短信:アマゾン、クラウドと広告が2桁増収

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2022年8月04日

広告は誰のためのものか忘れていないか

アイデアに溢れ、深く考え抜かれ、そしてそれが正義を体現しているとき、広告はある種の公共サービスとなる。

2022年8月04日

アドバンストTVでマーケターが成功するには

ATV(アドバンスドTV)がAPAC(アジア太平洋地域)で爆発的な成長を続けている。ATV広告を成功へと導きたければ、マーケターはその3つの特徴に注目すべきだろう。

2022年8月04日

「韓流」、その大いなる経済効果

韓国のソフトパワーの勢いが止まらない。その効果は様々な国内産プロダクトにも波及。韓国政府が描いた戦略と、その軌跡を辿る。