David Blecken
2017年7月04日

周年を記念し、謎の白い肉を前面に押し出す日清食品

国民的人気を誇るカップヌードルが、またもや趣向を凝らしたCMを制作した。

さまざまな「記念」を理由に盛り上げることが得意な日清食品が、「カップヌードル チリトマトヌードル」発売35周年を記念して、謎めいた肉についてのプロモーションビデオを制作した。

意図が飲み込めないかもしれないが、カップ麺の具材に謎の白い肉が加わったと伝えることに特化した動画なのだ。カップヌードルに入っている肉は「謎肉」と呼ばれ親しまれているが、この白い謎肉は今まで以上に謎に満ちており、話題性は十分だ。

グッドデザインをもじった「新具材(New Good Design)」がキャッチコピーで、「世界を変える具材をつくろうとしたら自然とGood Designになりました」とのこと。映像では白いキューブ状の肉が躍動し、面の名称や角度などといった詳細なスペックも付記される。制作は電通で、音楽プロデューサーの中田ヤスタカ氏が完全オリジナルの楽曲を提供している。

Campaignの視点:
原材料や産地など、消費者が食品のあらゆる情報を把握したがる風潮の中で、あえて謎めいた肉を訴求ポイントにした点が興味深い。謎に包まれていても消費者は日清食品を信頼し、カップヌードルに手を伸ばすだろう。皮肉の込められたユーモアと、印象的なビジュアルや音楽が組み合わさった小気味よい作品は、同社の他のCMとは作風が異なるが、ブランディングを真に理解するブランドだという点で一貫している。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

1 日前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。

1 日前

2021年のブランド体験を牽引する5つのトレンド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる暗い影響が続くなか、Campaignは英国の実績豊富なトップエージェンシー数社への取材を基に、2021年のブランドイベントがどのようなものになるのかを予測した。