Campaign Japan
2021年4月02日

眠れない理由を子守歌に

良質な睡眠を妨げる要因を子守歌に変えてくれるキャンペーンに、具体的なエピソードが集まっている。

睡眠をサポートする飲料「ノー・アグリー(No Ugly)」が、オリジナルの子守歌をシリーズで公開した。眠りを誘うような歌声だが、歌詞にあるのは「隣のバックパッカーが午前3時に騒いでいる」「仕事にやりがいはなく、上司は嫌な奴」「体の相性は最悪だがセクシーでお金持ちな彼氏と、一生一緒に過ごせるだろうか」と、イライラや不安で眠れなくなりそうなストーリーばかり。制作は、イノセアン・オーストラリア。

広告界の人間が特に共感を覚えそうなのが、「プレゼン資料のフォントはArialだと、メイシーにあれほど何回も言ったのに、なぜTimes New Romanのままなのか。最新のブランドガイドラインを読まなかったのか」という歌詞だろう。

なおキャンペーンの一環として、消費者からの「眠れなくなるようなストーリー」をインスタグラム上で募集中だ。

「頭を切り替えられず、考えを巡らせてしまう」」「同居人のいびきや歯ぎしりが酷い」といった普遍的なものから、「新型コロナウイルスの検査を

し、陰性の結果が届くまでの間」といった、このご時世ならではのエピソードがコメント欄に寄せられている。

(文:田崎亮子)

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:ジェンダーや環境、取り組む企業の覚悟

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

「消費者はブランドパーパスに辟易」:グーグルVP

多くの企業が様々なブランドパーパスを掲げ、受け手には「ブランドパーパス疲れ」が起きている −− グーグルのバイスプレジデント(VP)が語る。

2 日前

iOS 14.5リリース、広告支出はAndroidへ

業界関係者によると、広告主が、貴重なiPhoneユーザーを失わないためには、バイイング手法の修正が必要になるという。

2 日前

企業はパンデミック禍のメンタルヘルスにどう向き合うべきか

何気ない会話やストレス解消のための時間をとることは、メンタルヘルスの課題に対するサポートや偏見の解消につながる。