Oliver McAteer
2020年5月14日

エアビー、手厚いリストラ策を発表

すべてのブランドは、エアビーアンドビー (Airbnb)の姿勢を見習うべきだろう。

エアビー、手厚いリストラ策を発表

新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化を受け、全従業員の約4分の1にあたる1900人の解雇を発表したエアビー。離職者を全面的にサポートするため、手厚い再雇用プログラムをスタートさせる。

同社CEOで共同創業者のブライアン・チェスキー氏は、コロナ禍における方針を示す従業員向けのメッセージの中で、「我が社を去る人々全員が新しい仕事を見つけられるよう、人材名簿サイトを公開する」と述べた。

このサイトには希望者のプロフィールや履歴書、過去の仕事例などが掲載され、新しい雇用主との仲を取り持つ。

「この困難な時期において、私はすべての社員の皆さんから素晴らしいインスピレーションを受けてきました。たとえ最悪の状況下にあっても、皆さんの最良の面を見ることができた。今ほど、人のつながりが求められている時はありません。そして、その機会を生み出していくのはエアビーアンドビーです。私が皆さんを信じているからこそ、そう断言できるのです」とチェスキー氏。

解雇する従業員をサポートするプログラムは、人材名簿サイトだけにとどまらない。

エアビーの人材採用担当チームの大部分は今年、離職者の再雇用をサポートする仕事に携わる。

また、専門企業を通して4カ月にわたる就職斡旋サービスも提供。社に残る従業員には、離職者の就職をサポートするプログラムに参加するよう促す。さらに離職者は、仕事で使用していた社のノート型パソコン(アップル社製)を個人の所有物にできる。

深刻な危機に直面する今、企業の舵取りをどのようにするか −− チェスキー氏が示した思いやりと決断力、行動力、そして透明性は、従業員への手厚いケアともども、「完璧な手本」として大きな称賛を浴びている。

(文:オリバー・マカティア 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign US

関連する記事

併せて読みたい

20 時間前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2 日前

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2 日前

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。