Matthew Keegan

1 日前

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー2022 日本 / 韓国:アクセンチュア ソングとUMが躍動

「クリエイティブエージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本)」金賞に輝いたのはビーコンコミュニケーションズ。TBWAも日韓両国で好結果を残したが、最も多く金賞を獲得したのはアクセンチュアソングとUMだった。

2022年12月01日

「大量解雇」の時代:「フリーランス」は未来の働き方か

米テック企業が、短期間で何万人というレイオフ(一時解雇)に踏み切った。この業界の雇用安定はもはや「神話」に過ぎない。こうした流れは今後、雇用形態にどう影響を及ぼすのか。

2022年11月18日

副業は、企業と社員に「ウィンウィン」か

日本でも浸透しつつある社員の副業。広告・マーケティング業界は副業を奨励すべきなのか。エージェンシー幹部、副業に従事する会社員たちに聞いた。

2022年11月11日

NetflixとDisney+、広告付きプランの開始とその影響

メディアチャネルのいくつかは、ネットフリックスとディズニープラスに売上を奪われるだろう。そして、その可能性が最も高いのは従来型テレビだ。

2022年10月28日

YouTube副社長が語る「ショート動画、ブランドセーフティ、コネクテッドTV」

アジア太平洋地域(APAC)の重要性、コネクテッドTV(CTV)の人気、ショート動画広告の効果 −− YouTube(ユーチューブ)広告担当ヴァイスプレジデント、デビー・ワインスタイン氏がその戦略を語る。

2022年10月21日

世界規模の景気後退に、広告業界は対応できているか?

世界的な景気後退懸念が高まるなか、APAC(アジア太平洋)地域のエージェンシーはどのように備えているのだろうか。また、この状況を、小規模エージェンシーがチャンスに変えることは可能だろうか。関係者に話を聞いた。