David Blecken
2019年6月25日

オグルヴィのコンテントディレクター、マッキンゼーに移る

関満亜美氏がコンサルティングファームに移り、コミュニケーションとレピュテーションを担当する。

関満亜美氏
関満亜美氏

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンで4年間を過ごした関満亜美氏が、マッキンゼー・アンド・カンパニーの日本におけるコミュニケーション責任者として就任する。

ロイター通信社のジャーナリストであった関満氏は、オグルヴィ入社後はコンテントディレクターを務め、IBMなど大規模なプロジェクトを担当してきた。マッキンゼーでの役割について、関満氏は詳細を明らかにしていない。

同氏はオグルヴィー入社前、東日本大震災で企業評価が著しく損なわれた東京電力でコンサルタントを務めたほか、マイクロソフトで編集に携わっていた。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

フェデラー選手、若いファンとの約束をサプライズで実現

テニス界のレジェンドが、かつて約束を交わした若いファンの前にサプライズで登場し、一緒にプレーを楽しんだ。

1 日前

世界マーケティング短信:アップルがDSP設立を計画か

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

広告界は「週休3日制」を受け入れられるか

中小のエージェンシーではすでに試験的に導入されている週休3日制。しかし、より多くのニーズを満たさねばならない大手企業にとっては課題が多い。

1 日前

コロナ後は50歳以上のマーケットに注目:WPPレポート

WPPオーストラリア・ニュージーランドのプレジデントは、マーケターは、予測可能で無難な、お決まりの仕事とは決別し、コロナ後の世界に魔法をもたらすべきだと説いている。