Luciana Cani
2019年6月13日

カンヌライオンズ 2019受賞予測:ルシアナ・カニ(サーチ・アンド・サーチ東京)

今年のカンヌライオンズ ではどのような作品が受賞を果たすのか。業界のオブザーバーが予測する。

ルシアナ・カニ氏
ルシアナ・カニ氏

今月開催される、カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル。Campaignは複数のオブザーバーに、今年のカンヌで高い評価を受けるであろう日本及びアジア太平洋地域の作品を選んでもらった(自社制作のものは除く)。今回はサーチ・アンド・サーチ東京のルシアナ・カニECDが選んだ作品をご紹介する。

  1. ニュージーランド交通庁 「Belted Survivors」

人々の習性を変えるのは難しい。このキャンペーンはシートベルトの着用が命を救うことを実例で示し、人々の意識の徹底した改革を図る。

紹介されたストーリー、そして制作技術のレベルの高さが印象的。

  1. スパーク(ニュージーランド) 「The Power of Voice」

世界の誰もが、この作品に親しみを感じるだろう。人間への深い洞察、シンプルなストーリーテリング、そして素晴らしい出来栄え……受賞作品に必要な要素が揃っている。

  1. ザ・グレート・ジャーニーズ・オブ・ニュージーランド 「KiwiRail Coastal Pacific」

データやテクノロジーに基づいたアイデアが常に良いとは限らない。このキャンペーンは従来型のメディアを極めて効果的に活用している。2016年のカイコウラ地震を報道したメディアを流用、戦略的アプローチで同地の新たな魅力をツーリストに訴える。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。