Staff Reporters
2022年10月14日

スパイクスアジア2023、エントリー開始

対面審査に戻る他、消費者とブランドの関係性の急速な変化を反映し2部門が新しくなる。

スパイクスアジア2023、エントリー開始

アジアで最も権威ある広告クリエイティブの賞「スパイクスアジア(Spikes Asia)2023」のエントリーが始まった。36回目を迎える今回は、対面での審査に戻る。最終エントリーは2023年1月19日まで。

また、消費者とブランドのインタラクションが急速に変化する状況を反映し、昨年までのCreative eCommerce部門がこのたびCreative Commerce部門へと刷新される他、Media部門のカテゴリーに「Co-creation of Branded IP」が追加される。

詳しくはこちらから。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

パリ五輪で成功を目指すために必要なこと

世界的なスポーツの祭典で、アジアのブランドはどのように広告費を最大限に活用しているのか、マーケティング戦略を成功させる鍵は何か、若いファンを取り込むのに最適なプラットフォームは何か。

1 日前

メタCMO、戦略と「予算削減」を語る

2020年からメタのマーケティングを牽引するアレックス・シュルツ氏。若者たちの間での人気復活やプラットフォーム再構築など、複雑な課題を抱えた同社のマーケティング戦略を語る。

1 日前

ChatGPTは分析ツールとして信頼できるか?

期待外れに終わった実験から1年が経ち、飛躍的に成長したChatGPTは分析ツールとしての信頼を取り戻せたのだろうか? 我々のデータを、安心して託すことはできるだろうか?

2024年5月24日

世界マーケティング短信:Netflixの広告付きプランが4000万人を達成

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。