David Blecken
2016年5月26日

スポーツイベントが促進する、日本のデジタル化

東京ー マッキャン・ワールドグループ・ジャパンは、ミシェル・モメジャ氏がデジタル、データ&テクノロジーのマネージングディレクターに就任したと発表した。モメジャ氏はグループ各社のデジタル・オペレーションの統合に注力する。

ミシェル・モメジャ
ミシェル・モメジャ

長年、多くの大手広告代理店が「統合」を目標に掲げているが、デジタルを業務の中心に据えることにはいまだ四苦八苦する。マッキャンによれば、モメジャ氏は同社の「ビジネスの変革とデジタル化」を牽引していくという。

具体的には、何を行うのか。「簡単に言うなら、デジタルとソーシャルメディア、データをプランニング・プロセスに統合することです」と同氏。

これまで同社では、必ずしもそれらの要素が機能的にリンクしていなかった。クライアントに最適なソリューションを提供するため、デジタル化を「より加速させていきます」。

それは、消費者が日常的に使うデジタルチャンネル上でブランドとより密接につながっていくことも意味する。この点で大きな伸びしろがあるのは「ヘルスケアとB2Bマーケティングの分野」だという。

同氏は最近まで、「フライシュマン・ヒラード」社のアジアパシフィック地域デジタルエンゲージメント担当マネージングディレクターとして、同様にPRの責務を担っていた。マッキャンでは日本の国内市場に力を入れるが、海外展開を目論む日本企業のサポートも担当する。

日本ではデジタル・プラットフォームの利用が急速に進んでおり、「2019年のラグビー・ワールドカップや2020年の東京オリンピック・パラリンピックといったスポーツイベントを契機に、各企業がより強力なデジタル戦略を打ち出して、消費者とのつながりを強めていくでしょう。デジタルコマースはますます活性化していきます」。

また、日本という市場には「二つの極端な要素がある」とも述べる。昔ながらの伝統が息づく反面、高度に革新的な側面も特徴的だ。
「これまで改革に乗り遅れた企業は、この2〜4年で巻き返しを図るでしょう。いくつかの企業が変革を加速させれば、他の企業もそれについて行くはずです」

シンガポールから東京に移って来たモメジャ氏。2001年から2007年の間も東京に駐在したことがあり、この時には「テキーラ・ジャパン」の創設に携わっている。

(編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。