David Blecken
2016年8月12日

ナイキの提唱する、素晴らしき「身の程知らず」

言うまでもなく、「身の程知らず」とは己の能力をわきまえない人を揶揄する言葉だ。だがナイキジャパンの新しいキャンペーンでは、これを肯定的なメッセージとして使用する。自らに限界を設けるな、と若者たちを鼓舞するのだ。

ナイキの提唱する、素晴らしき「身の程知らず」

このキャンペーンを仕掛けたのは、ワイデン+ケネディ東京。限界に挑む日本人アスリートや一般の人々を取り上げ、彼らをサポートするナイキの姿勢を表現した。60秒のスポットCMでは、日本の社会や教育現場が押しつけようとする「限界」と、それを乗り越えようとするアスリートたちを対比して映し出す。登場するアスリートたちは、サッカーの伊藤涼太郎選手(浦和レッドダイヤモンズ)、陸上の高松望ムセンビ選手、バスケットボールの落合知也選手(リンク栃木ブレックス)、ダンスの菅原小春氏など。ナイキのウェブサイトでは、挑戦を続ける彼らアスリートのストーリーも公開されている。



さらに、「#身の程知らず」ではスポーツシーンをソーシャルメディアに投稿するプロジェクトや、実際にスポーツにチャレンジするイベントも実施。今回のキャンペーン・テーマは、同じくワイデン+ケネディが去年韓国で展開したもののバリエーションだ。韓国では10代の若者たちに向けて、受験戦争の重圧をスポーツで跳ね返そうというメッセージを発信した。

Campaignの視点:
「身の程を知れ」と若者たちに諭すことは、単に個人の問題に留まらず、ややもすると国全体の自粛を促す空気の醸成になりかねない。ナイキのようなパワフルなブランドが、各市場の社会的課題に独特の手法で光を当てるのは歓迎すべきことだろう。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:高野みどり  編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2 日前

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。

4 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。