Staff
2018年7月06日

プログラマティック・サミット、東京と香港で開催!

2017年のサミットの成功を受け、プログラマティック・サミットが今年も日本で開催されます。第2回目となる今回は、新たなチャネルや機会によっていかにデジタルやソーシャルが継続的な成長を遂げていくか、フォーカスしてまいります。

プログラマティック・サミット、東京と香港で開催!

パートナーコンテンツ

2017年のサミットの成功を受け、プログラマティック・サミットが今年も日本で開催されます。第2回目となる今回は、新たなチャネルや機会によっていかにデジタルやソーシャルが継続的な成長を遂げていくか、フォーカスしてまいります。

アジアの過去5年間にわたるプログラマティックの進化は目覚しく、マーケターたちを魅了してきました。的確なメッセージを適切なタイミングで消費者を正確にターゲティングしたり、新たなチャネルで顧客エンゲージメントをより深めるなど、プログラマティックはマーケティング手段から、ストーリーテリングやブランドビルディングの効果的なツールへと変化を遂げました。

2017年は、プログラマティックの奥深い世界に踏み出そうと、アジア各地でマーケターたちが熱い議論を交わした一年でした。昨年のプログラマティック・サミットにはマーケターとエージェンシーの人々が集い、世界的な潮流、特にアジアにおけるプログラマティックの現状を解き明かしました。

今年も都内で7月10日に開催するサミットは、引き続き世界的な動向に注目しながら、プログラマティックの新機能への理解を促進します。電通、カンタス航空、ホガス・アンド・オグルヴィなどから第一人者をお招きし、日本や世界のトレンドを把握する半日間のサミットの、詳細なアジェンダはこちらからご覧ください。

ターゲティングの意思決定やユーザーコントロール、透明性の高いオートメーションなど、デジタル広告におけるデータの重要性をジェフ・グリーン(The Trade Desk CEO&創設者)が解説いたします。他にも、より透明性のあるプログラマティックのための業界横断的なコラボレーション、ローカル・オーディエンス向けのプログラマティック戦略、中国の複雑なプログラマティック事情、ファーストパーティーデータを活用した正確なターゲティングなどといったテーマを網羅する予定です。

プログラマティック・ケーパビリティの強化にご関心のある、ブランドやエージェンシーの経営層など意思決定者の皆さまには、VIP登録(無料)もご用意しております。サミットでの講演は英語で行われ、日本語の通訳が終日付きます。アジアで今後ますます重要性が高まっていくプログラマティックについて、理解を深める絶好の機会です。ぜひご参加ください。

イベントに関する詳細は、こちらまでお問い合わせください:

エレノア・ホーキンズ
シニア・カンファレンス・プロデューサー
Eleanor.hawkins@haymarket.asia
+852 3175 1922

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

2 日前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。

2 日前

2021年のブランド体験を牽引する5つのトレンド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる暗い影響が続くなか、Campaignは英国の実績豊富なトップエージェンシー数社への取材を基に、2021年のブランドイベントがどのようなものになるのかを予測した。