Faaez Samadi
2016年5月13日

日本の旅行会社、女子学生キャンペーンを中止

HISジャパンは、女子学生の隣に座れる企画は性差別だとの激しい批判を受け、謝罪した。

日本の旅行会社、女子学生キャンペーンを中止

日本の大手旅行会社HISは、航空機に搭乗する際、一流大学である東京大学の女子学生の隣に座れるキャンペーンを新たに打ち出したが、これを取り下げた。

ソーシャル・メディアではこの企画がセクハラにあたるとの厳しい批判が相次ぎ、HISは即時中止に追い込まれた。

このキャンペーンは、抽選で選ばれた5組の旅行客にそれぞれ東京大学の女子学生が同行するというものだった。学部は、工学部2名、理科二類1名、文学部1名、教育学部1名。

日本の報道によれば、この5人はいずれも写真集「東大美女図鑑」のモデル。

HISは、女子学生から専攻分野や旅行の行き先について教わることによって、「機内での時間を有意義に過ごす」ことが企画の狙いだったとしている。

しかし、相次ぐ批判を受けて、キャンペーンは発表当日に中止となり、ウェブサイトから全ての関連情報が削除された。

HISは「不快な思いを感じさせる企画内容で、深くお詫び申し上げます。ご指摘を真摯に受け止め、企画を取り止めました」との謝罪文を出した。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。