Staff Reporters
2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

「アジアのトップ1000ブランド」は、アジア太平洋地域(APAC)の14市場を対象に、15の主要カテゴリー(製品・サービス別)で行われた。調査を実施したのは、世界がコロナ禍に覆われて1年以上経った今年4月。言うまでもなく、この間に消費者行動は著しく変化し、デジタルエクスペリエンスの比重はかつてないほど増した。こうした特異な状況下で、どのようなブランドが消費者に強いインパクトを残したのか。

今年の調査は、査定方法などを若干変更した(詳細は下に記載)。その結果、トップ1000に新たにランクインしたブランド数は213。中でも、アジア発のブランドは過去最多を数えた。因みに、昨年は新たにランクインしたブランド数は53だった。

では、今年の総合ランキングを筆頭に、いくつかの視点から調査結果を見てみよう。

今年、変更されたのは以下の点だ。

1.  定期購読者の優先

トップ1000ブランドの全リストを閲覧できるのは、Campaign Asia-Pacificの有料定期購読者の方々に限らせていただいた。有料定期購読をご希望される方は、こちらから

無料定期購読者として登録されている方々は、これまで通りCampaign Asia-Pacificの記事を毎月3本までご覧いただける。今後掲載する、トップ1000ブランド関連の記事でもこの規定が適用される。

2.  デジタルエクスペリエンスの査定

今回の調査では新たに、最も優れたデジタルエクスペリエンスを提供するブランドについて尋ねた(他の質問は下に記載)。また、最も影響力を持つ自国ブランドについても引き続き尋ねた(この質問は3年前に追加)。こうした質問は、消費者がどのような基準でブランドを選択するのか、我々に新たなインサイトを与えてくれる。市場別のランキングは、近日中に詳細を発表する。

3.  市場規模の重視

APAC各市場の消費者の購買力をより忠実に反映させるため、中国・日本・インドといった巨大市場のランキングを重視、他市場よりも多くの回答者を設定した。過去数年間もこれらの市場の回答者は多かったが、今年はそれをより顕著にした。

調査方法

アジアのトップ1000ブランドは、Campaign Asia-Pacificとグローバル情報企業ニールセンIQが共同で行ったオンライン調査のデータを基に集計する。実施期間は2021年4月12日から30日までで、対象はオーストラリア、中国、香港、インド、インドネシア、日本、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム(アルファベット順)の14市場。

各市場の回答者は400人ずつ。ただし市場規模とその重要性を考慮し、日本の回答者は800人、インドは1200人、中国は1600人とした。また、回答者の年齢、ジェンダー、世帯月収も考慮した。

カテゴリー

調査は以下の15の主要分野で実施した。

アルコール飲料、服飾雑貨、自動車、飲料、消費者用電子機器(AV・各種情報機器など)、運送、金融サービス、食品、家電製品、日用品、メディア・通信、レストラン、小売、スポーツ・エンターテインメント、運輸・旅行・レジャー

さらにこれらのカテゴリーの下に、80のサブカテゴリーを設定した。

カテゴリー及びサブカテゴリーは毎年、若干変更になる。例えば、今年は「宅配」というカテゴリーを「運送」の名称に改め、サブカテゴリーに「宅配」を加えた。また、複数の食品関連のカテゴリーを1つにまとめ、サブカテゴリーに「肉・シーフード・代替肉」を追加。「スポーツ・エンターテインメント」も1つのカテゴリーとし、サブカテゴリーには「ビデオゲーム」を加えた。格安航空会社と通常の航空会社も1つのサブカテゴリーとした。

調査参加者への質問

参加者への質問は、以下の通り。

1.  この分野で最も優れたブランドは何だと思いますか? 「最も優れた」とは、最も信頼が置ける、あるいは評判が高いブランドを指します。

2.  では、2番目に優れているブランドは何だと思いますか?

(文:Campaign Asia-Pacific編集部 翻訳・編集:水野龍哉)

関連する記事

併せて読みたい

2021年7月30日

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

2021年7月30日

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月30日

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

2021年7月30日

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。