Ryoko Tasaki
2019年9月02日

ADKとスコラ・コンサルト、ブランドを存在意義から問い直すサービスを開始

組織風土改革という「目に見えないもの」と、コミュニケーション施策という「目に見えるもの」を、一気通貫で支援していくサービスが始まった。

スコラ・コンサルト代表取締役の辰巳和正氏(左)と、ADK MSのダーザインブランディングプロジェクトリーダー古村徹也氏
スコラ・コンサルト代表取締役の辰巳和正氏(左)と、ADK MSのダーザインブランディングプロジェクトリーダー古村徹也氏

ADKマーケティング・ソリューションズ(以下、ADK MS)はスコラ・コンサルト(本社:品川区)と提携し、 新サービス「ダーザインブランディング(Dasein Branding)」を先月末より提供開始した。

スコラ・コンサルトは組織風土改革を専門とするコンサルティング会社で、 1986年に創業以来1000社以上の組織変革に携わってきた。ブランディングをはじめとするコミュニケーション施策開発の実績が豊富なADK MSとともに、トップダウン型でなく組織の自発的な動きを誘発しながら、ブランドを形成することを目指していく。

2社はリリース内で「激変する世の中で、企業は変化の波にさらされ、これまでの手法/営業スタイルやビジネスモデルが通用しなくなっている」とコメント。「業績不振からの脱却や、社員のモチベーションアップ、企業イメージの大幅な転換など、大きな改革を必要とする企業にとって、長年培われてきた組織や風土という資産を保持しつつ改革を進めることは、決して容易ではありません」。

社会に求められ続ける企業に変革する「本質的な改革」と、企業風土を内部から変えて対外的な理解を促進していく「改革の徹底度」の二つが求められているという。

なお、サービス名にあるダーザインとは、「存在意義」を意味するドイツ語。その企業が本来どうありたいのか、つまり会社の本当の存在意義を問い直すという同サービスの特徴が、名前に込められている。

(文:田崎亮子)

 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。