Tatsuya Mizuno
2021年6月01日

AKQA東京、新ゼネラルマネージャーに原氏

これまで3年間、日本と中国のゼネラルマネージャーを務めてきたサム・スターリング氏は昨年末、同社APAC(アジア太平洋地域)チーフストラテジーオフィサーに就任した。

原秀明氏
原秀明氏

AKQAは6月1日付で、東京オフィスのゼネラルマネージャーに原秀明氏が就任したことを発表した。日本と中国における経営陣再編の一環。

原氏は2013年、コミュニティーマネージャーとして東京オフィスに入社。近年はクライアントパートナーとして同社を牽引した。担当したクライアントはナイキ、グーグル、伊藤忠商事など。クリオ、D&AD、スパイクスアジア、One Showといった主要広告賞の獲得にも貢献した。

「AKQAでの8年間は私にとって特筆すべきものでした」と原氏。「弊社は世界でも有数の革新的ブランドと仕事をさせていただいています。ビジネスとは常に変化するもの。信頼されるパートナーであり続けるためには、常に先手を打っていかねばなりません。東京スタジオの素晴らしいチーム、そしてクライアントとともに革新的なアプローチを続けていくことに、大きな高揚感を覚えています」

同社APACマネージングパートナーのブライアン・ベラ氏はこのように語る。「彼の人柄は素晴らしく、AKQAの価値観を体現しています。どのような状況でも成長を心がけ、スタッフからの信頼も厚い。日本市場も熟知しており、今回の就任は自然な流れでした。成長著しい東京スタジオの次のチャプターを、彼とそのチームがどのように形づくっていくのか、とても楽しみにしています」

原氏は今後、ベラ氏の直属となる。

(文:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan
タグ

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:大胆なアイデアで、気づきから行動へ

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

1 日前

異例の五輪 社会貢献に注力したトヨタ

東京五輪の主要スポンサーだったトヨタ自動車にとって、今夏の大会は決して期待通りのものではなかった。だがアクティベイションを「社会善」に転換、消費者から大きな共感を得た。

1 日前

コンテクスチュアル広告はブランド想起を高める:IAS調査

コンテクスチュアル広告は、Cookieの有効な代替手段になるとの調査結果が発表された。

1 日前

バーチャルマーケティングの限界にどう対応するか:セールスフォース

データソースの爆発的な増加やバーチャルマーケティングの飽和、そしてパンデミックがもたらした市場の変化が定着する中でマーケターに求められるスキルアップなどについて、セールスフォースのAPACマーケティング担当シニアディレクターが語る。