Jonathan Owen
2023年6月23日

TikTokがニュースソースとして台頭、フェイスブックは後退

ロイタージャーナリズム研究所が発行した「デジタルニュースリポート2023」によれば、ニュースへの入り口として、TikTokが若いオーディエンスの支持を集める一方、フェイスブックの重要性は低下しているという。

TikTokがニュースソースとして台頭、フェイスブックは後退

ロイタージャーナリズム研究所のデジタルニュースリポート2023は、TikTok(ティックトック)が「この1年で最も成長したソーシャルプラットフォーム」であることを明らかにした。ティックトックを利用する18~24歳の割合は、2019年の5%から、2023年には38%まで上昇し、スナップチャット(35%)やツイッター(33%)を上回った。そして、18~24歳の5人に1人(20%)が、TikTokをニュースソースとして利用している。

TikTokの人気が高まっているのとは対照的に、フェイスブックを利用する若者は、2014年の72%から、2023年には38%まで減少した。

18~24歳に最も人気があるソーシャルネットワークはインスタグラムとワッツアップで、それぞれ60%と54%の人が利用している。

リポートによれば、TikTok、インスタグラム、スナップチャットのユーザーはニュースに関して、ジャーナリストやニュースメディアよりも、有名人やインフルエンサーに注目する傾向があるという。

英国では、ニュースを読むためにニュースサイトやニュースアプリを利用する18~24歳は、2015年からは半減しており、その割合は53%から24%にまで減少している。一方、オンラインでニュースを読むための主な手段としてソーシャルメディアを利用する人は、18%から43%に増加している。

このリポートは、ユーガブ(YouGov)社が2023年1月から2月にかけて46カ国の9万3000人以上を対象に実施した調査に基づいている。

ロイタージャーナリズム研究所のラスムス・ニールセン所長はリポートの序文で、若い世代は「上の世代の習慣や関心、価値観に合わせた従来のニュースにはほとんど興味を示さない。その代わりに、ソーシャルメディアを通じて提供される、よりパーソナルで選択肢の多い参加型サービスを好む傾向にある」と述べている。

ソーシャルメディアで育った人々は「ニュースに関してさえも、ジャーナリストより、インフルエンサーや有名人を重視する」と、リポートには記載されている。

また、このリポートで、フェイクニュースに対する懸念が広がっていることも明らかになった。全世界で半数以上(56%)の人が、インターネット上のニュースに対し、その真偽を見分けることに不安を感じていると回答している。それも、ニュースソースとしてソーシャルメディアを利用する人(64%)の方が、ソーシャルメディアを全く使わない人(50%)よりも、不安に感じている割合が高いという。

提供:
Campaign; 翻訳・編集:

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:フォーブスに出稿したはずの広告がMFAに掲載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

エージェンシー・レポートカード2023:電通クリエイティブ

クリエイティブの面では多くの実績を残したが、マネジメントが低迷した電通。グループ統合の道のりは、依然続く。

2024年4月10日

マーケティング調達チームはKPIに不服  WFA調べ

組織で目標設定をする人々は、マーケティングに対する包括的な理解を欠いていることが多い。このことが社内で調達、マーケティング、および他部門との間の分裂を増幅させていると、WFAの調査で明らかになった。

2024年4月09日

AKQA東京オフィスのECDに荒井信洋氏が就任

国内外の広告賞を多数授賞してきたTBWA HAKUHODOの荒井信洋氏が、AKQAに移る。デザイン主導のイノベーションを創出してきたWPP傘下のエージェンシーと、日本の文化との化学反応を起こすことを目指す。