2016年12月16日

日本のマーケットを明るくする「若者の“人につくす”エネルギー」

若者へのマーケティングにおいてキーとなるのは、「自分にとって必要」から一歩進み、「友だちにつくすことができる」という視点にあるという。