Ryoko Tasaki
2021年3月19日

おしゃれな店舗が問題提起する、現代版の奴隷制度

ポップアップストアに並べられている商品のパッケージに記されているのは、搾取されてきた被害者のストーリーだ。

豪シドニーの街中に突如として現れたポップアップストア「ヒューマンマート」は、一見すると美しく包装された食品店のよう。だがパッケージに書かれているのは、過酷な人生を強いられた70名の名前と、彼らのストーリー、「人間は売買されるべきではない」という文言など。店舗入り口には「非倫理的に調達された」とある。

パッケージ裏のデータによると、豪州では今も約15,000人が弱い立場に置かれ、何らかの搾取をされており、その内訳は強制結婚(30%)、人身売買(23%)、強制労働(17%)など。

この店舗は、強制労働や人身取引など現代版の奴隷制度に反対する団体「Anti-Slavery Australia」がこの問題の認知度を高めるため出店したもの。制作はコーヒー、ココア、ガンパウダー(Coffee Cocoa Gunpowder)とザ・グルー・ソサエティ(The Glue Society)。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

併せて読みたい

3 日前

グループエム、世界の広告費予測を下方修正

グループエム(GroupM)によると、実体経済と広告費の乖離が拡大しており、2022年の広告費見通しは「予想されているほど悪くない」という

3 日前

Z世代がブランドに求める3つのこと

Z世代の関心を惹きたいブランドに、当のZ世代は何を期待しているのか。デブリーズ・グローバル(DeVries Global)のシンガポール支社でコンサルタントを務めるゴードン・チュア氏が、Z世代の視点について語った。

3 日前

ゲレティ・アワード 日本審査員が語る広告界の今

女性の視点を反映した世界的規模の広告賞「ゲレティ・アワード 」。日本で審査員を務めた面々が、業界におけるジェンダー平等、女性がより共感できるストーリーの必要性などを語り合った。

3 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ、3年ぶりに現地開催

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。