David Blecken
2016年8月03日

未来の暮らし方のビジョンをブランドが提示

暮らし方の未来を発信するコンセプチュアルな展示会「HOUSE VISION」(東京・青海で開催中)。企業にとっては、ブランディングのプラットフォームとしても注目される。

住宅・ライフスタイル関連やテクノロジーなどさまざまな分野から参加した企業は、著名な建築家とコラボレートして空間を作り上げた。参加企業はLIXIL、無印良品、パナソニック、Airbnb、トヨタ、カルチュア・コンビニエンス・クラブ、トッパン印刷など。展示会は8月末まで開催される。

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

18 時間前

ミツカン、「日本人の長寿」でOSUをアピール

アップルサイダービネガー(リンゴ酢)ブランド「OSU」を英国で展開するミツカン。ソーシャルメディア用の新たなキャンペーンに、日本人の超高齢者を起用した。

4 日前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

4 日前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。