David Blecken
2018年10月02日

アウディ新型車、キーワードは「瞑想」

新型の主力セダンA8の日本向けテレビキャンペーンが始まった。セールスポイントは「静けさ」だ。

外界から遮断された、静かな「聖域」 −− アウディが新型A8のテレビCMをスタートさせた。

制作はワイデン+ケネディ トウキョウ。同社は最近発表された「A7スポーツバック」のCMも手がけ、都内を駆け抜けるスーツ姿の男性が車と一体化するイメージを作り出した。

A8のCMでフィーチュアされるのは、静かな湖畔や都会を見渡す建物の屋上、荒涼とした海岸に置かれたサイコロ状のフレームの中で瞑想する1人の男性。やがて映像はA8の運転席に座る男性へと切り換わる。

キャンペーンは印刷媒体でも展開される予定。こちらはテレビCMとは別のイメージも用い、車をフィーチュアしていく。

Campaignの視点:
このCMもA7のCMも適度に抽象的で、抑制された作りになっている。更に車の機能ではなくコンセプトに光を当て、「心の平穏を得られる場」とアピールする点が一般の車の広告と一線を画す。

車に対する考え方は、「自由を謳歌するツール」から「静かでプライベートな空間」へと変わってきた。東京の交通渋滞は深刻で、車で移動する人々が運転の楽しみを感じられることは滅多にない。その代わり、満員電車で通勤する人々では味わえない空間の快適さと「思索の時間」を確保できる利点がある。車を所有することのメリットを見出しにくい昨今、「日常生活のストレスから解放される手段」として車をアピールすることは大きなセールスポイントとなるだろう。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

12 時間前

世界マーケティング短信:カンヌライオンズ2021 、ネットフリックスとウィーチャットの躍進

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

13 時間前

2021年は、顧客の体験を軸にビジネス全体を再構築する「BX元年」

局所的な改善だけで大きな成果を得ることが難しくなった今、企業に必要なのは顧客体験を基軸とした企業活動全般の設計だと、アクセンチュアの黒川順一郎氏は語る。

14 時間前

P&G マーク・プリチャード氏 インタビュー:ブランドはプラットフォームの監視に「時間をかけすぎている」

日用消費財大手、プロクター&ギャンブル(以下P&G)のマーク・プリチャード氏が、バーチャル開催になったCESの「P&G LifeLab」でCampaign USのインタビューに応え、 P&Gはアカウンタビリティが果たせるまでプラットフォームへの支出を抑制し続けると語った。

14 時間前

2021年のブランド体験を牽引する5つのトレンド

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによる暗い影響が続くなか、Campaignは英国の実績豊富なトップエージェンシー数社への取材を基に、2021年のブランドイベントがどのようなものになるのかを予測した。