David Blecken
2017年4月06日

世界最強軍団「オールブラックス」、東京で荒ぶる

AIGの新たなCFが話題を呼んでいる。ありきたりの保険会社の広告とは明らかに一線を画すこの作品の主人公は、ニュージーランドの猛者たちだ。

保険のCFと言えば、ここしばらくは「お涙頂戴もの」ばかりが目立っていた。正直、このトレンドが始まった当初はいくつかの作品に心を動かされたが、すぐにどれもが色褪せてしまった。それだけに、屈強なラグビー選手たちが無防備な市民にタックルを仕掛けるというこのCFは実に新鮮に映る。

AIGジャパン・ホールディングスによる3分間のスペシャルムービー「#Tackle the Risk(タックル・ザ・リスク)」。世界最強と言われるラグビーのニュージーランド代表チーム「オールブラックス」が東京に出現、街の人々を手当たり次第に攻撃する。だが動画が進むにつれ、選手たちは人々を様々な危険から救っていたことが明らかになる。

このCFを仕掛けたTBWA HAKUHODOによれば、「リスクは至るところに潜み、事故は思いがけない時に起こることを再認識してもらう」のが意図。通常、保険会社は事故後の対応に注力する。これに反し、昨年AIGはリスクを未然に防ぐ新たなサービス「ACTIVE CARE」をスタートさせた。作品はそのプロモーションの一環だ。

制作はAOI Pro.。AIGは昨年11月、オールブラックスとのスポンサーシップ契約をさらに6年間更新した。日本は2019年のラグビーワールドカップを主催する。

Campaignの視点:
しっかりとしたメッセージが伝わる、見応えのある作品。スポーツチームへのスポンサーシップをいかに楽しく、創造的にコミュニケーションとして活用するかを示す好例だろう。

(文:デイビッド・ブレッケン 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

次のCMOは、チーフ・ミュージック・オフィサー?

最高音楽責任者が経営に参画するケースが増えている。ブランドがサウンドの戦略的重要性に気づき、投資に乗り出すという、最近の広範なトレンドを象徴しているのだろうか?

3 日前

セマフォーが進めるデジタルニュースの「抜本改革」とは

グローバルニュースパブリッシャー、セマフォー(Semafor)でCEOを務めるジャスティン・スミス氏と、エグゼクティブエディターのジーナ・チュア氏が、報道の「再考」について語った。

3 日前

「パタゴニア株譲渡」は、究極のブランドパーパスか?

先週、米アウトドア用品大手パタゴニアの創業者イボン・シュイナード氏が、同社の全株式を環境団体などに寄付したことを明らかにした。この大胆な決断は、他企業にとって社会貢献の手本となるのか。コミュニケーションの専門家たちに聞いた。

3 日前

世界マーケティング短信:ショート動画の収益化、PRの気候変動への責任

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。