David Blecken
2017年6月23日

爽快なまでにシンプルな、コカ・コーラの夏のキャンペーン

この炭酸飲料の広告には、世界を救うなどといった大げさなメッセージは無い。

暑い夏の日にはよく冷えたコカ・コーラを飲もうと呼びかけるキャンペーンが、6月19日よりスタートした。

うだるように暑い日には冷たいものを飲もうだなんて、当たり前のことをわざわざ言わなくても、と思うかもしれない。ところが、そう単純な話ではないようだ。
消費者は、28度以下の暑さであれば炭酸飲料を好んで飲むが、それ以上の気温になると、無糖のお茶やスポーツドリンク、ミネラルウォーターなどが好まれる傾向があるといわれている。

東京都心の7~8月の気温は、30度を上回ることが多い。コカ・コーラが、キンキンに冷えるとラベルの色が変わるボトルを導入し、夏にむけて訴求ポイントを付加しようとしているのは、このためだろう。

また、製品を店頭で4本まとめて購入した消費者には、冷えた飲料を注ぐとデザインの色が変わるグラスをプレゼント。夏真っ盛りである7月17日~8月27日には、屋外ビジョンやデジタルサイネージで、気温や天気、場所に応じたメッセージの配信も行う予定だ。

Campaignの視点:
ケンダル・ジェンナーを用いたペプシの奇抜なCMとは、似ても似付かないCMだ。男性3人組が、魅力的な女性3人に冷えたコカ・コーラを差し出し、全員で美味しそうに飲む様子と、冷えてラベルの色が変わり、氷のイラストが浮かぶボトルが大きく映し出されるだけだ。社会的課題の解決策として飲もうだなんてメッセージは無い。平凡でつまらないだろうか? いや、世の中が求めているのは、それくらいシンプルなことなのだろう。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:激しさを増す駆け引き

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

ミレニアル世代と祖父母をつなぐ、「マゴ写レター」

「普段なかなか会えないおじいちゃんやおばあちゃんに、スマホから写真付き往復はがきを送ろう」 −− 日本郵便が、敬老の日に因んだ新しいコミュニケーションサービスを開始した。

3 日前

LGBTQIA+が見た日本社会

海外から日本に赴任したLGBTQIA+の人々は、日々どのような体験をし、どのような思いを抱いているのか。あるテクノロジー企業で働く米国人エグゼクティブが、カミングアウトの経験や文化・宗教的相違点などを語る。

2020年9月18日

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。