David Blecken
2017年6月23日

爽快なまでにシンプルな、コカ・コーラの夏のキャンペーン

この炭酸飲料の広告には、世界を救うなどといった大げさなメッセージは無い。

暑い夏の日にはよく冷えたコカ・コーラを飲もうと呼びかけるキャンペーンが、6月19日よりスタートした。

うだるように暑い日には冷たいものを飲もうだなんて、当たり前のことをわざわざ言わなくても、と思うかもしれない。ところが、そう単純な話ではないようだ。
消費者は、28度以下の暑さであれば炭酸飲料を好んで飲むが、それ以上の気温になると、無糖のお茶やスポーツドリンク、ミネラルウォーターなどが好まれる傾向があるといわれている。

東京都心の7~8月の気温は、30度を上回ることが多い。コカ・コーラが、キンキンに冷えるとラベルの色が変わるボトルを導入し、夏にむけて訴求ポイントを付加しようとしているのは、このためだろう。

また、製品を店頭で4本まとめて購入した消費者には、冷えた飲料を注ぐとデザインの色が変わるグラスをプレゼント。夏真っ盛りである7月17日~8月27日には、屋外ビジョンやデジタルサイネージで、気温や天気、場所に応じたメッセージの配信も行う予定だ。

Campaignの視点:
ケンダル・ジェンナーを用いたペプシの奇抜なCMとは、似ても似付かないCMだ。男性3人組が、魅力的な女性3人に冷えたコカ・コーラを差し出し、全員で美味しそうに飲む様子と、冷えてラベルの色が変わり、氷のイラストが浮かぶボトルが大きく映し出されるだけだ。社会的課題の解決策として飲もうだなんてメッセージは無い。平凡でつまらないだろうか? いや、世の中が求めているのは、それくらいシンプルなことなのだろう。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

「ようこそ東京へ」 マイクロソフトの五輪期間キャンペーン

迷走に次ぐ迷走の末、とうとう開幕した東京五輪。この夏、日本への旅を楽しみにしていた海外の人々は推定100万人。そうした人々に向け、米国ではマイクロソフトが五輪期間限定のキャンペーンを開始した。

2021年7月23日

世界マーケティング短信:波乱に満ちた東京2020大会、いよいよ開幕

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年7月22日

2021年「アジアのトップ1000ブランド」

Campaign Asia-Pacificが毎年、ニールセンIQ社と共同で行う消費者調査「アジアのトップ1000ブランド」。18回目となる今年は、ランクインしたアジア発のブランドが史上最多となった。

2021年7月22日

B2Bの合理性とB2Cのクリエイティビティの融合とは

ブランドは、これまで以上に顧客を動かすものを明らかにし、適切な人々に最適なコンテンツを開発して、そのコンテンツを適切な時間と場所で提供し続ける必要があると、VCCPのB2B担当者は指摘する。