Ryoko Tasaki
2023年8月07日

良いムードを壊さないよう奮闘 不二ラテックスの新動画

カップルの絆を描き続けてきたSKYNが、アクションとコメディが連続の動画を公開した。

不二ラテックスのコンドームブランド「SKYN(スキン)」のキャンペーンはこれまで、カップルのリアルを追求し、穏やかなトーンで描いたものだった。催眠術によってお互いのことを知らない頃に戻したり、連絡を取れない状態で別々の場所からお互いを探したり、目隠しした状態で相手の手に触れてパートナーを当てるなど、絆や思いやりを軸としたキャンペーンを展開してきた。だが最新の動画は、これまでのものとは趣が異なる

恋人と良いムードになるが、コンドームの買い置きが無いことに気付いた男性。ムードを壊さないよう気を付けながら買いに行くが、野良犬に追いかけられ、工事現場を飛び越え、不良たちに絡まれてと、アクションとコメディが連続する。ようやくドラッグストアに到着するが……。

企画・制作を手掛けたウルトラスーパーニューのクリエイティブディレクター、小澤洋輔氏は「新しいキャンペーンも、カップルの関係を守ることを目指したものですが、今回は男性の視点からとらえたストーリーで、男性が経験する感情を描いています」と語る。「若いオーディエンスを魅了するため、アクションとコメディの要素を加えました」。

(文:田崎亮子)
 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:アップル製品にChatGPT搭載

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

4 日前

「AIはクリエイティビティーを強化」 マーク・リードWPP CEO

AIの時代となりつつある現在。大手エージェンシートップはクリエイティビティーへの投資をどう考えているのか。カンヌライオンズ2024の開幕を前に、WPPのマーク・リードCEOが綴る。

2024年6月12日

プライド月間のマーケティング施策、慎重姿勢が強まる

プライド月間が始まったが、企業の参加は減少すると予想される。

2024年6月12日

「消費者はモルモットになるべきではない」 性急なAI導入に広告業界が警鐘

グーグルが、AIの不正確性で再び苦境に立たされている。検索結果を要約するAI製品に広告が間もなく掲載されることから、デジタル広告会社の幹部はテクノロジー業界に開発競争のペースを落とすよう促す。