Ryoko Tasaki
2023年8月07日

良いムードを壊さないよう奮闘 不二ラテックスの新動画

カップルの絆を描き続けてきたSKYNが、アクションとコメディが連続の動画を公開した。

不二ラテックスのコンドームブランド「SKYN(スキン)」のキャンペーンはこれまで、カップルのリアルを追求し、穏やかなトーンで描いたものだった。催眠術によってお互いのことを知らない頃に戻したり、連絡を取れない状態で別々の場所からお互いを探したり、目隠しした状態で相手の手に触れてパートナーを当てるなど、絆や思いやりを軸としたキャンペーンを展開してきた。だが最新の動画は、これまでのものとは趣が異なる

恋人と良いムードになるが、コンドームの買い置きが無いことに気付いた男性。ムードを壊さないよう気を付けながら買いに行くが、野良犬に追いかけられ、工事現場を飛び越え、不良たちに絡まれてと、アクションとコメディが連続する。ようやくドラッグストアに到着するが……。

企画・制作を手掛けたウルトラスーパーニューのクリエイティブディレクター、小澤洋輔氏は「新しいキャンペーンも、カップルの関係を守ることを目指したものですが、今回は男性の視点からとらえたストーリーで、男性が経験する感情を描いています」と語る。「若いオーディエンスを魅了するため、アクションとコメディの要素を加えました」。

(文:田崎亮子)
 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

2 日前

世界マーケティング短信:AI活用や外注削減でピュブリシスが好調

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

2024年に、ピッチ後の音信不通はあり得ない

ジェームス・スワン氏はピッチへの結果を待つ間、自分たちのエージェンシーがブリーフに対応するために12,000米ドル以上のリソースを投じていることを知った。 (「ピープル・ファーストのビジネス」を自称していながら)エージェンシーに結果を知らせることを怠っているブランドのために、である。

2 日前

「ゲームに参入すべきか」の問いに答える、ディズニーのエピック投資

ブランドは「どのようにゲーム市場に参入するか?」を検討すべきだと、ゲームの広告主は考えている。

2 日前

独立系エージェンシー 日本市場のサバイバル

大手広告エージェンシーによる寡占状態が続く日本の広告市場。そんななか、小さいながら存在感を発揮する独立系エージェンシーが増えている。彼らはどのように成功を手繰り寄せているのか。