Ryoko Tasaki
2018年5月11日

「きのこたけのこ戦争」、特別放送で巻き返しを図る

どの政党のマニフェストが、どのように実現されるのか。見届けたいと願うファンたちがSNS上で盛り上がっている。

「きのこたけのこ戦争」、特別放送で巻き返しを図る

「きのこの山」への支援を篠原信一(元柔道五輪代表)が必死に呼び掛ける、政見放送のような動画が公開された。

明治「きのこの山」と「たけのこの里」は、どちらも1970年代に発売されたロングセラー商品。知名度も味も互角(だと思うのだが…)な両商品だが、これまで幾度となく比較され、巷では「きのこたけのこ戦争」として話題にもなってきた。そして今年2月、明治が「総選挙」と称するキャンペーンをスタート。総選挙委員長として松本潤(嵐)を起用し、発売以来38年にわたる戦いに決着をつけるべく、7月末まで広く投票を呼びかけている。

今回、きのこの山が「圧倒的不利な状況」であることから、篠原信一が「きのはら信一」なる党員に扮してさまざまなマニフェストを発表し、支援を訴えた。7月にはティッシュ配りやクリーンアップ活動も行う予定だとか。また「きのこを、あきらめない。」というキャッチフレーズは、2005年に民主党(当時)が実際に選挙で用いたスローガン「日本を、あきらめない。」のパロディーだ。

Campaignの視点:
大きなフォントと派手な色使いで圧迫感のある特設サイトや、あれもこれもと盛り込みすぎてかえって分かりづらいマニフェストの数々が、本物の選挙運動を彷彿とさせる。強烈すぎる既視感に思わず笑ってしまうが、そもそも選挙運動はこれでいいのか?という皮肉も込められているかのようだ。

長らくSNS上で話題になってきた論争にメーカーがうまく応えたキャンペーンで、ツイートを促す仕掛けも豊富に用意するなど、SNSとの親和性が高い。期間限定商品のPR情報や、「党員証」と称した名前入りQUOカードのプレゼント、きのこの山が立体商標権を取得したというニュースも盛り込まれ、情報量は多いもののキャンペーン全体がうまくまとまっている。どちらが勝利するのか、あるいは「どっちも党」が勝って丸く収まるのか、注目していきたい。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。