David Blecken
2018年10月02日

アレックス・ロペス氏、マッキャン・ワールドグループCCOに就任

Suitmen共同設立者のアレックス・ロペス氏が、10年近くをロサンゼルスで過ごした後、日本へと戻ってきた。

アレックス・ロペス氏、マッキャン・ワールドグループCCOに就任

マッキャン・ワールドグループはアレックス・ロペス氏をチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)に任命した。

これは新設のポストで、同氏はマッキャン・ワールドグループ傘下の各グループ会社のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターなどと連携しながら、全社のクリエイティブ力の継続的な向上と、協業を促進する環境づくりを通じて社内のクリエイティブカルチャーの強化に注力していく。同社グローバル クリエイティブ チェアマンのロブ・ライリー氏によると「日本は我々にとって重要な市場」とのことだ。

ロペス氏は、日本法人マッキャン・ワールドグループ代表取締役社長でアジアパシフィックのプレジデントも務めるチャールズ・カデル氏の直属となる。

直近は、ブランデッドコンテンツの制作と配信を手掛ける米ロサンゼルスの「Brand Programming Studios」でCCOを務めた。同社の共同設立者でもある。

レオ・バーネットやビーコン・コミュニケーションズ在籍中は日本、フランス、ベネズエラなどの市場を経験。2007~2009年はSuitmen Entertainment(都内)の共同設立者ならびにECDを務めた。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

日本の広告詐欺、依然として世界最悪レベル:IAS調査

日本のビューアビリティは世界でも最低水準で、アドフラウド(広告詐欺、不正広告)率も最も高い水準 −−インテグラル・アド・サイエンス(IAS)社の最新調査で、日本のウェブ環境が依然として改善されていないことがわかった。

3 日前

スパイクスアジア2022、エントリー始まる

35回目を迎える「アジアのカンヌ」こと、スパイクスアジア。来年は「クリエイティブデータ」と「ソーシャル・アンド・インフルエンサー」の2部門を新設。タングラムスアワードはスパイクスアジアに統合され、「ストラテジー・アンド・エフェクティブネス(戦略と有効性)」として生まれ変わる。

2021年10月15日

最先端D2Cブランドから学ぶべきこと

成功したD2C(Direct-to-Consumer)ブランドは、直販事業者だけにとどまらず、しばしば一般の消費者ブランドをもインスパイアするような、最先端のマーケティングを実践している。

2021年10月15日

TikTokワールドへようこそ

私たちは10年以上前から、ソーシャルメディアが大きな影響力を持つ世界で暮らしている。だが、マーケターのゲームを一変させるTikTokのようなプラットフォームが現れることはめったにない。