David Blecken
2018年10月02日

アレックス・ロペス氏、マッキャン・ワールドグループCCOに就任

Suitmen共同設立者のアレックス・ロペス氏が、10年近くをロサンゼルスで過ごした後、日本へと戻ってきた。

アレックス・ロペス氏、マッキャン・ワールドグループCCOに就任

マッキャン・ワールドグループはアレックス・ロペス氏をチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)に任命した。

これは新設のポストで、同氏はマッキャン・ワールドグループ傘下の各グループ会社のエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターなどと連携しながら、全社のクリエイティブ力の継続的な向上と、協業を促進する環境づくりを通じて社内のクリエイティブカルチャーの強化に注力していく。同社グローバル クリエイティブ チェアマンのロブ・ライリー氏によると「日本は我々にとって重要な市場」とのことだ。

ロペス氏は、日本法人マッキャン・ワールドグループ代表取締役社長でアジアパシフィックのプレジデントも務めるチャールズ・カデル氏の直属となる。

直近は、ブランデッドコンテンツの制作と配信を手掛ける米ロサンゼルスの「Brand Programming Studios」でCCOを務めた。同社の共同設立者でもある。

レオ・バーネットやビーコン・コミュニケーションズ在籍中は日本、フランス、ベネズエラなどの市場を経験。2007~2009年はSuitmen Entertainment(都内)の共同設立者ならびにECDを務めた。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳・編集:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

世界マーケティング短信:資本としてのクリエイティビティー

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2020年9月17日

アフターコロナ 日本は消費意欲が旺盛

コロナ収束後は積極的に消費をしたい −− マッキャン・ワールドグループが実施する新型コロナウイルスに関するグローバルアンケート調査で、日本が最も消費活動に意欲的という結果が出た。

2020年9月16日

アジアのブランド、CSRキャンペーンに注力

WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスのパンデミックを宣言してから半年。アジアのブランドがインフルエンサーを活用したCSR(企業の社会的責任)キャンペーンを大幅に増やしていることがわかった。

2020年9月16日

電通、トヨタと新会社を発足

目指すはマーケティング変革とモビリティビジネスの創造 −− 日本の巨大企業2社が手を組み、来年1月に新たな組織を立ち上げることになった。