Campaign Asia-Pacific
2018年8月30日

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー、エントリー受付を開始

このたび25周年を迎えた「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」は、カテゴリーの新設・拡大、評価の点数配分などが変更となりました。エントリーに役立つヒントも、併せてお届けします。

エージェンシー・オブ・ザ・イヤー、エントリー受付を開始

Campaign Asia-Pacific主催「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」のエントリー受付を開始いたしました。豪州/ニュージーランド、大中華圏、日本/韓国、東南アジア、南アジアの5地域において、素晴らしい功績を挙げたエージェンシーのエントリーをお待ちしております。

名誉ある賞として知られる当アワードは1994年から、アジア太平洋地域で優れた功績を残したエージェンシーや人々を讃えてまいりました。今回から、カテゴリーの新設や拡大など、いくつかの変更店がありますので、ここにお知らせします。


新カテゴリーの追加

5地域(豪州/ニュージーランド、大中華圏、日本/韓国、東南アジア、南アジア)において、3つのリージョナルアワードへのエントリーが可能となりました。

既存カテゴリーにおける変更点

  • 豪州/ニュージーランド、日本/韓国、南アジアにおいて、Agencyカテゴリーの「Experiential Marketing Agency of the Year」と「Integrated Marketing Agency of the Year」へのエントリーが可能となりました。
  • 豪州/ニュージーランド、日本/韓国において、Peopleカテゴリーの「Channel/Engagement Planner of the Year」へのエントリーが可能となりました。

2カテゴリーで評価方法が変わります

「Creative Network Agency of the Year」ならびに「Creative Agency of the Year」において、評価の点数配分が変更となります。各賞とも「The Work &Recognition」の点数が、全体の20%へと引き上げられます(昨年は15%)。

このセクションで、エージェンシーの皆さまにお願いしたいのは、以下の点です。

  • エージェンシーによる最も優れた作品と、それがどのように制作されたのか(単独か、あるいはパートナーシップによるものか)、クライアントとの関係性について明記してください。
  • 業界全体のクリエイティビティーの進歩と発展に貢献する、「ゲームチェンジング(既存概念を転換するような)」で画期的な作品・アイデアがあれば明記してください。エントリーの際に、作品や推薦文などを併せてご提出ください。
  • 対象期間中に受賞した主なアワードと、その種類や場所についてご記載ください。それが貴エージェンシーが直接受賞したものであれば、その旨もご記入ください。(クリエイティブを評価する賞と、施策の効果を評価する賞のどちらも対象です。ローカルなアワードについては、最終候補に残った作品や推薦作品については含まず、何らかの賞を受賞したもののみをご記入ください)

受賞に近付く、エントリーのヒント

締切日はすぐに迫ってきます。エントリー準備や賞獲得に一歩でも近付くため、必要なこととは?

1) 準備は早めに開始しましょう
過去の受賞者や審査員たちが強調するのは、早期から準備を進めることの重要性です。至極当然であるにも関わらず、なかなか重要視されないヒントかもしれません!

2) 説明をしっかりと読みましょう
エントリーフォーマットの説明書きをよく読み、手順どおりにエントリーしてください。自分たちのエントリーを、不必要に不利な状況に追い込まないでください。

3) 伝えたいストーリーを明確にし、表現を磨きましょう
過去の受賞者が口を揃えるのは、自分たちが伝えたいストーリーを明確にし、それが伝わる表現になるよう磨きをかけることがいかに大切か、という点です。

エントリーのためのヒントや、マンツーマンでのサポートなど、さらに詳しい情報をお求めの方は事務局(AOY@haymarket.asia)までお問い合わせください。

エントリー受付を開始しました

早期エントリー締切日:2018年9月3日

今すぐご応募ください

エントリー締切日
早期エントリー締切日:2018年9月3日
通常エントリー締切日:2018年10月9日

リージョンアワード ならびに エージェンシーネットワークの最終候補リスト発表日

2018年11月16日

アワードについてのお問い合わせ先:ザミール・カーン
スポンサーシップについてのお問い合わせ先:クリス・アムホフ

関連する記事

併せて読みたい

Premium
パーソナライゼーションへと歩み出す、日本の柔軟剤メーカー
Premium
19 時間前

パーソナライゼーションへと歩み出す、日本の柔軟剤メーカー

ケーススタディ:ライオンが、アロマオイル配合の柔軟剤のプロモーションで、香りをパーソナライズ。個々人に合わせた、世界に一つだけの商品づくりも視野に入れる。

Premium
AI、レクサス広告を作る
Premium
20 時間前

AI、レクサス広告を作る

ストーリーを作ったのはAI(人工知能) −− 「世界初」とも言える広告をレクサスが発表した。

Premium
理想のまちづくりを、シムシティで議論
Premium
4 日前

理想のまちづくりを、シムシティで議論

これまでもユニークな取り組みで話題になってきた小林市が、今度は市長公認のバーチャル組織を設立。ゲームを通して、リアルなまちづくりを高校生たちと議論していく。

Premium
電通、国内外で収益増
Premium
4 日前

電通、国内外で収益増

だが、調整後営業利益は減少。その要因に労働改革と海外での基盤整備への投資を挙げる。