David Blecken
2016年9月01日

ヒトの脳が「AIクリエイティブディレクター」に辛勝

人間と人工知能がTVコマーシャルを制作し、競い合ったコンテスト。勝利したのは人間だったが、その差は僅かだった。

次回の成功に期待
次回の成功に期待

人工知能に広告を制作させるプログラム(AI-CD)を開発したマッキャン・ワールドグループがこの6月、あるコンテストを主催した。クロレッツの2種類のTVコマーシャルを一般公開し、好きな方を投票で選んでもらうというもので、1つは放送作家の倉本美津留氏、そしてもう1つはAI-CDが制作。どちらがどちらの作品かは、伏せられていた。

投票結果は、全体の 54%がクラモト氏の作品を選択。同氏の作品は、広々とした屋外で女性が書道に興じる姿をフィーチュアしたもの。スーツを着た犬が空を飛ぶ一風変わったAI-CDの作品は、46%の人々が支持をした。これだけの数字が出たことは、人工知能の開発に従事する人々にとって大きな励みになるだろう。

倉本美津留氏の作品

AI-CDの作品

コンテスト公表時にも述べたように、Campaignはどちらの作品にも感銘は受けなかった。書道というアイデアは新味に乏しく、人間の創造性を高らかに象徴しているとは言いにくい。一方、犬の作品は確かに面白く、記憶にも残るが、あまりにも月並みだ。AI-CDは過去の優秀な広告作品のデータを融合し、それをまとめることで答えを出していく。それが逆に、「落とし穴」にもなるのだ。

だが、希望ももてる。「AIの原理からすれば、プログラムから得るデータが多いほど良い作品ができるでしょう」とマッキャンはコメント。プロジェクトのクリエイティブプランナーである松坂俊氏は、「負けたことは大きなショック」だが、「一流のクリエイターに僅差で負けたのは成功も意味します」と述べている。

マッキャンは、投票数については公表していない。

(文:デイビッド・ブレッケン 翻訳:PTSGI 編集:水野龍哉)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

19 時間前

電通、ネットゼロへの野心的取り組み

今から1年前、温室効果ガス排出量を2030年までに46%削減すると発表した電通インターナショナル。その歩みは順調だ。

2021年10月22日

世界マーケティング短信:コロナ禍前の水準に近づく広告界

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2021年10月22日

中国若年層への動画、ゲームの利用制限にどう対応すべきか

子どもの動画やゲームの利用時間を制限する中国当局の新たな規制に、バイトダンス、クアイショウ、テンセント、ネットイースいった大手企業が応じるなか、マーケターはこれにどう対応すべきだろうか。中国を拠点とするエキスパートに話を聞いた。

2021年10月22日

ポストパンデミック、ブランドは消費者に忘れられつつある

英エージェンシーのアイリス(Iris)による最新の「パーティシペーション・ブランド・インデックス」は、消費者のブランド認知が危機的状況にあることを示している。