David Blecken
2017年2月01日

マッキャンの片木氏が退任

後任が決定するまでの間、チーフクライアントオフィサーが事業を統括する。

片木康行氏
片木康行氏

マッキャン・ワールドグループで5年間にわたりリーダーシップをとってきた片木康行氏が、3月末日に退任する。

片木氏は2011年より、マッキャン・ワールドグループ ホールディングス(港区)の代表取締役共同会長、ならびにマッキャンエリクソン(港区)の代表取締役社長兼CEOを務めた。ともに共同代表を務めてきた並木博氏は留任する。

同社の発表によると、後任の発表があるまでの間はアントニー・カンディ氏がビジネスを統括する。カンディ氏は昨年ワンダーマンから移ってきたチーフクライアントオフィサー。片木氏の退任の理由、ならびに退任後の予定については明らかにされていない。

マッキャンの日本でのマネジメントは、複雑な構造になっている。昨年2月、マッキャン・ワールドグループの代表取締役社長兼CEOに就いたのは、マッキャン・ワールドワードグループ・アジアパシフィック(シンガポール)のプレジデント、チャールズ・カデル氏だ。同氏は現職就任とともに拠点を東京へと移したが、アジア太平洋地域の統括も引き続き兼任している。マッキャンは日本法人のトップに、地域を統括するリーダーを配置してきた歴史がある。

片木氏は2011年に現職に就任する以前は、オグルヴィ・アンド・メイザーの取締役副社長を務めていた。プレスリリースの中でカデル氏は、片木氏のリーダーシップによって「クライアントに統合されたサービスを提供できるようになった」と謝意を表している。

(文:デイビッド・ブレッケン、田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

日本のマッキャン・ワールドグループに新CEO

新たなCEOに就くのはジー・ワトソン氏。これまでの役職も引き続き兼務する。

3 日前

世界マーケティング短信:プラットフォーム大手の増収、広告が牽引

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

コカ・コーラ、マーケティング投資を対前年比で倍増

飲料大手のコカ・コーラでは、2020年に大きく削減したマーケティング投資が順調に回復してきている。投下した費用に対する質の向上とターゲティング重視の方針により、東京オリンピックでのプロモーション計画は縮小されたが、顧客へのダイレクト販売(D2C)は成長が続いている。

3 日前

VISA、7年ぶりのブランド刷新は何を意味するのか

ワイデンアンドケネディが手がけた新たなアイデンティティ「Meet VISA」は、クレジットカードから出発したVISAブランドの進化を示し、より広範な金融サービスプラットフォームとしての地位を目指す同社の姿勢を伝えている。