Ryoko Tasaki
2020年10月23日

世界マーケティング短信:データで躍進するコミュニケーション

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

世界マーケティング短信:データで躍進するコミュニケーション

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。

kyu、英国のDXコンサルティング会社に出資

博報堂DYホールディングスの戦略事業組織であるkyuが、パブリックデジタル社の株式を取得した。パブリックデジタル社は英ロンドン市に本社を置くデジタルトランスフォーメーション(DX)のコンサルティング会社で、直近では「新型コロナウイルス対応サイト構築」のコンサルティングを30以上の政府や自治体、保健所などに提供している。


データをコミュニケーションの最前線に

エデルマンは、データをコミュニケーション施策の効果測定などバックエンドだけでなく、プランニングなどフロントエンドでの活用に重点を置く「エデルマン・データ&インテリジェンス(DxI)」を立ち上げた。DxIを率いるのは、ワンダーマン・トンプソンでCDO(最高データ責任者)を務めたヤニス・コツィアキアオリディス氏(Yannis Kotziagkiaouridis)。市場調査とアーンドメディアを土台とするPR業界はユニークな立場に置かれており、これは同氏が広告業界を離れてDxIの立ち上げに参画した理由の一つでもあるという。


ブランド価値、テクノロジーとプラットフォームで2桁成長

インターブランドの「ベスト・グローバル・ブランド2020」によると、過去1年間で最もブランド価値を高めたのはアマゾン(2位、前年比+60%)、マイクロソフト(3位、+53%)、スポティファイ(70位、+52%)だった。アップル(+38%)は8年連続で1位。他にもアドビ(27位、+41%)やネットフリックス(41位、+41%)といった、テクノロジーやプラットフォームブランドの急成長ぶりが目立つ。フェイスブック(-12%)のブランド価値は3年連続で減少したものの、順位は13位(昨年は14位)。今年新規にランクインしたブランドには、フェイスブック傘下のインスタグラム(19位)や、ユーチューブ(30位)、ズーム(100位)などがある。

物流を支えるブランドは、コロナ禍によって欠かせない存在として注目され、UPS(24位、+6%)、フェデックス(75位、+5%)、DHL(81位+5%)とそれぞれブランド価値が高まった。

IPGとマッキャンのリーダーシップが交代

インターパブリックグループ(IPG)のマイケル・ロス会長兼CEOが年末に退任する。同氏はマネーグループ(MONY Group)の会長兼CEOを務め、2002年にIPGに参画、2004年より現職。後任のフィリップ・クラコフスキーEVP兼COOは1月1日付でCEOに就任し、最高戦略責任者(CSO)も兼務する。

IPG傘下のマッキャン・ワールドグループでも、ハリス・ダイヤモンド会長兼CEOが年末に退任する。共同設立者兼CEOを務めるBSMG社をIPGが買収しウェーバー・シャンドウィックと統合した2001年に、ウェーバー・シャンドウィックのCEOに就任し、2012年から現職。後任のビル・コーブ氏(現グローバルCOO)は2000年にマッキャン・ワールドグループへ入社し、傘下のさまざまなエージェンシーでトップマネジメント職を務めてきた。


AnyMindECサイト構築サービスを提供開始

エニーマインドグループ(AnyMind Group)は21日、ECサイト構築を一貫支援する新サービス「AnyShop」をローンチした。自社ECサイトを構築したいと考えるインフルエンサーなど個人や、メディアやブランドを運営する企業に向けて、クリエイティブ制作やSNS連携、物流、カスタマーサービスなどを支援する。また、グループ内のブランド名を一新し「CastingAsia」は「AnyTag」に、「CastingAsia Creators Network」は「AnyCreator」に、「AdAsia」は「AnyDigital」ならびに「AnyManager」と、”Any”を冠したブランドに統合した。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

世界マーケティング短信:AI活用や外注削減でピュブリシスが好調

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

2 日前

2024年に、ピッチ後の音信不通はあり得ない

ジェームス・スワン氏はピッチへの結果を待つ間、自分たちのエージェンシーがブリーフに対応するために12,000米ドル以上のリソースを投じていることを知った。 (「ピープル・ファーストのビジネス」を自称していながら)エージェンシーに結果を知らせることを怠っているブランドのために、である。

2 日前

「ゲームに参入すべきか」の問いに答える、ディズニーのエピック投資

ブランドは「どのようにゲーム市場に参入するか?」を検討すべきだと、ゲームの広告主は考えている。

2 日前

独立系エージェンシー 日本市場のサバイバル

大手広告エージェンシーによる寡占状態が続く日本の広告市場。そんななか、小さいながら存在感を発揮する独立系エージェンシーが増えている。彼らはどのように成功を手繰り寄せているのか。