Ryoko Tasaki
2021年8月27日

世界マーケティング短信:パンデミックで見つめ直す働き方

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

サウスバンク地区に設置された、マクドナルドの「ウォークスルー」看板
サウスバンク地区に設置された、マクドナルドの「ウォークスルー」看板

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。
 

不安定な時代に、人々が仕事に求める要素

ハンソン・サーチ社が、マーケティング&コミュニケーションに携わる1,191名を対象に調査を実施したところ、現在のキャリアが自分に適しているか疑問に思い、別の仕事を検討している人は3割に上った。また、先行きに対する不安のためか、全体の27%が「可能な限り現在の仕事に留まる」と回答した。

働きたい会社として選ばれたのは、「規模の大きい国際的な企業」が24%、「中小企業」が27%、「起業/フリーランス」が21%と票が割れた。仕事に求める要素としては、給与や賞与よりも「チーム、人、カルチャー」(45%)、「柔軟な働き方」(39%)を重視する人が多い。「モチベーションに対する従業員の意見が大きく割れており、画一的なアプローチでは通用しないことが浮き彫りになった」と同社はコメントしている。

なお、オフィス勤務と在宅勤務の両方を希望する従業員は66%で、在宅勤務への完全移行を希望する人は14%、オフィス勤務への完全復帰を望む人はわずか3%であった。

 

ブルームバーグ社、広告収益が絶好調

ブルームバーグの個人向け事業は、広告やイベントの収益が73%増を記録している。同社が運営するのは、ワイヤーサービス、ブルームバーグTV、ストリーミング配信、イベント、ウェブサイト、ラジオ、ニュースレター、雑誌など。デジタル広告(59%増)、テレビ広告(30%増)、ラジオ広告(35%増)、紙媒体への広告(28%増)と好調だ(具体的な金額は明かされていない)。サブスクリプションの登録者数も34%増えており、登録者のうち4割が米国以外からの申し込みだという。

特に欧州は2021年上半期の収益が62%増、デジタル広告は79%増と全体の成長を力強く牽引している。同社の欧州担当セールス責任者、ダンカン・チャター氏によると欧州での回復傾向は2020年後半から始まった。新規事業が大きく伸びたことや、一件当たりの単価が144%上昇していることに加え、今年11月に英グラスゴーでCOP26(国連気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開催されることも後押しとなっているようだ。

 

看板の中から冷たいスイーツを無料提供

マクドナルドは英ロンドンのサウスバンク地区に、ユニークな看板を期間限定で設置した。この看板に開けられた窓から、通りがかった人々はマックフルーリー(冷たいスイーツ)を無料で受け取ることができる、「ウォークスルー」方式での提供だ。

「人生のプレッシャーや期待をしばし忘れて、解放される幸福な瞬間は誰にでも必要」と語るのは、同社のマーケティング&メディアディレクター、スティーブン・ハウエルズ氏だ。「当社は英国で40年以上にわたって、独自の方法で小さな喜びの時間を提供してきました。発売から21周年となるメニューをユニークな方法で提供し、驚かせ、喜んでもらえればと考えました」

 

容器の再利用で引き起こされる失望を防止

アイスクリームが売られていたプラスチックの蓋付き容器を、別の用途に再利用するのは、フィリピンの家庭では一般的だという。そのため同国では、アイスクリーム容器に冷凍イカが入っているシーンが映し出されたペプシのCMが共感を呼んだ。

CMは、「クッキーだと思ったら、中身は裁縫道具」「温かい料理だと思ったら冷たかった」といった落胆する瞬間を数多く紹介し、それでも「落ち込んでいては何も得られない、ペプシを飲んで前を向こう」といったメッセージを訴求しているものだ。

反響をきっかけにペプシは、アイスクリーム容器に貼るラベルを作成できるサイトを立ち上げた。「容器の再利用が招く失望と戦う」ことが目的だと、サイト下部には記されている。画像を選び(アップロードも可)、文字を入力し、ラベルの形を選べば、画像データとして印刷やダウンロードできるようになるという仕組みだ。

(文:田崎亮子)

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

3 日前

世界マーケティング短信:ブランドのパーパスと利益

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

3 日前

Z世代とつながる鍵は、インクルージョンと文化的アイデンティティ

所得格差の拡大を懸念するZ世代は、ラグジュアリーブランドが表わすイメージへの期待を、高級感や憧れから、本物であることや入手のしやすさへと変化させている。M&Cサーチパフォーマンスの戦略およびカスタマーインサイト担当責任者は、そう指摘する。

3 日前

これからの企業PRのあり方とは?

ビジネスや社会環境における分断がますます進行するなか、コミュニケーション責任者やビジネスリーダーは2022年、何を優先すればよいだろうか? APAC(アジア太平洋地域)の業界関係者に話を聞いた。

3 日前

「人材の流動化」を生かす:へガーティ卿

昨年、フリーランスの人材とエージェンシーとをマッチングさせる会社「ジーニー(Genie)」を立ち上げたジョン・へガーティ卿。「ダイバーシティーの実現こそ未来を築く」と説く。