Ryoko Tasaki
2022年6月10日

世界マーケティング短信:購買のオンライン化、パンデミックで加速

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。

「Be The Change」より
「Be The Change」より

※記事内のリンクは、英語サイトも含みます。

購買行動のオンラインシフト 博報堂DY調べ

博報堂DYグループが、ECの利用実態や意識などを調べた「EC生活者調査」を発表した。EC購入のシェアが特に高かったジャンルは健康食品・飲料(67.6%)、化粧品(45.8%)、ボディケア・ヘアケア(33.9%)で、従来はスーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアで購入されていたものを中心に、ECへのシフトが進んでいることが明らかになった。

ECサイト利用者を性別や年代別に見ていくと、ネットスーパー系の利用が比較的多いのは20~30代男性。家電量販店ECは、すべての年代で男性の方が女性よりも割合が高かった。ファッション系ECの利用は女性の割合が高く、特に20代女性は26.5%が直近1年以内に利用したと回答した。


もっと女性の登壇者を メタが7月にデータベース公開

メタ社はこの7月、テクノロジー、リーダーシップ、デジタルマーケテイング、広告などのテーマで話せる女性スピーカー100名のデータベース「Pass Her The Mic」を公開する予定だ。この企画を率いる同社のアジア太平洋地域担当エージェンシー開発リーダー、アナ・ソリマン氏は先日Campaign主催のリーディング・チェンジ(Leading Change)で、世界規模のカンファレンスに登壇するスピーカーのうち女性はたったの3割だと語っていた。

現在のところ、このイニシアチブはWPP、IPG、ピュブリシスグループ、ハヴァス、オムニコム、電通などの持株会社と提携しており、各社の中で選りすぐりの女性スピーカーをノミネートするよう求めている。

自分にとって大切な祝日を尊重 グループエムAUNZ

グループエム(GroupM)は豪州およびニュージーランド(AUNZ)で、社員が自分にとって重要な祝日に柔軟に休める制度を導入する。祝日にはクリスマスや春節の他に、プライド・パレードなどアイデンティティー関連も含まれる。

「グループエムは多様な人々のグループであり、さまざまな文化や信念、アイデンティティーを尊重しています」と語るのは、同社のAUNZ担当CEOであるエイミー・ブキャナン氏だ。「皆が平等に祝うことができるよう、祝日に関する柔軟な方針を策定しました」。

PRアワード・アジア 結果発表

PRアワード・アジア2022の結果が発表され、若者を対象に認知症を啓発した台湾の「REmemory」(オグルヴィ)がグランプリを獲得した。日本からは、以下の作品が金賞を獲得している。その他の受賞作品についてはこちら(英語)。

【Brand Development (Product)部門】
EcoFlow Technology「LIFE PLATE」(電通)

【Healthcare: Ethical部門】
ヤンセンファーマ「6 Minutes Together」(マッキャンヘルス)

【PR Event部門】
東京藝術大学「東京藝大アートフェス」(電通PRコンサルティング)

【Public Sector部門、Best Use of Virtual Platforms - B2C部門】
佐久市「リモート市役所」(オズマピーアール)

無自覚のハラスメント、具体例とともに解説

職場でのセクシャルハラスメントには、加害者が無自覚のうちにした発言や行為によるものも多い。言動が同僚や部下に不快感を与える可能性に気付いてもらうため、豪州のFck the Cupcakes(FTC)とInnoceanが「Be The Change」と呼ばれるキャンペーンを展開した。

この動画の中には、女性たちが実際に体験してきたミソジニー(女性蔑視)が34箇所含まれている。明らかにセクハラだと見なされそうな発言以外にも、冒頭の高圧的なポーズや、男性社員限定のゴルフコンペの案内など、一瞬映り込むものに職場の性差別が隠されている。動画内に登場する黄色い丸をクリックすると、詳しい説明を読むことができる。

(文:田崎亮子)
 

提供:
Campaign Japan

関連する記事

併せて読みたい

4 日前

音声広告はなぜAPACで伸びないのか?

デジタルオーディオ広告は、マルチチャネルキャンペーンにおいて他のプログラマティック広告を補完し、ブランドにエンゲージしたオーディエンスをもたらすことができる。それなのになぜ、APACでは需要が高まらず、ブランドは乗り遅れているのだろうか?

4 日前

インスタリール、YouTubeショート、TikTok:どう予算配分する?

インスタグラム「リール」やユーチューブ「ショート」が収益化で後れをとるなか、Campaign USは、各動画プラットフォームへの広告予算に影響を与える要因(パフォーマンス、オーディエンス、成熟度、信頼性など)について、掘り下げて考察した。

4 日前

クリエイティブは、朝9時に出社すべきか?

素晴らしいアイデアは、決して就業時間に出るとは限らない。夜遅くまで働くのは広告業界の慣例だ。では、クリエイティブは成果物だけで評価されるべきなのか。皆と同様、朝9時に出社する必要はないのか。

4 日前

世界マーケティング短信:厳しい視線にさらされるW杯カタール大会

今週も世界のマーケティング界から、注目のニュースをお届けする。