Jessica Heygate
2023年6月23日

広告人材の7.5%がAIに置き換わる:フォレスター予測

米国の広告エージェンシーとその関連サービスでは、自動化により7年以内に3万2000人の仕事が失われるだろうと、フォレスターが予測した。とりわけ影響を受けるのは、事務職と営業職、そして市場調査の仕事だ。

Getty Images
Getty Images

人工知能(AI)が労働市場に及ぼす影響については、これまでも多くの議論がなされてきたが、その結果を明確に予測したものはほとんどなかった。

だが、調査とアドバイザリーを手がけるフォレスター・リサーチがこの議論に加わった。同社が6月15日に発表した予測によれば、ジェネレーティブAIと自動化がエージェンシーの業務に深く組み込まれるようになり、2030年には米国のエージェンシーで3万2000人分の仕事がAIに置き換えられるという。この数は、広告業界の全従業員の7.5%に相当する。

同社の予測では、2030年までに、広告エージェンシーの仕事の約3分の1が自動化のリスクにさらされるという。ただし、そのすべてがテクノロジーによるものではないようだ。

自動化の影響を特に大きく受けるのは、単純作業やプロセス中心の業務だ。こうした業務は手順通りに行うものであるため、自動化される可能性が高い、とフォレスターは指摘している。具体的には、失われる仕事の28%を、事務職、秘書業務、管理業務が占める。また、22%を営業職が、18%を市場調査業務が占める。

これに反し、クリエイティブな問題解決に関わる業務は、むしろ増える見込みだ。フォレスターによると、独創性は、自動化されるリスクを低減する最も大きな要因になるという。編集者、ライター、作家のような創造性の高い仕事や、プロンプトエンジニアやトレーナーなどAIの能力強化に関わる仕事が、今後数年間、労働市場を席巻するだろうと同社は見ている。

また、デジタルマーケティングや戦略スペシャリストも安全な職種だ。今後5年間に世界全体で20%を超える人員増が見込まれるという。データサイエンティストも同様だ。

もっとも、これらの仕事もジェネレーティブAIの影響を大きく受けることになる。しかし「ChatGPT」、グーグル「Bard」、「DALL-E」、「Midjourney」、「Stable Diffusion」といったジェネレーティブAIテクノロジーは、上級職やクリエイティブ職の生産性向上に利用されるが、彼らの仕事を奪うことはないと、フォレスターは考えている。

実際、マーケター幹部の半数以上がすでにこの最新テクノロジーを利用している。フォレスターが6月に発表した最新の「B2C Marketing  CMO Pulse Survey」によれば、バイスプレジデント以上の役職にある回答者の56%が、ジェネレーティブAIをすでにマーケティングに利用していると述べていた。また、40%がジェネレーティブAIの利用に関心があるか、そのユースケースを検討していると述べている。

広告分野でジェネレーティブAIの影響が最も少ない職種は、制作現場や印刷オペレーター、それにパッケージやイベント関連のデザイナーだと、フォレスターは付け加えた。

ジェネレーティブAIの利用により、エージェンシーの従業員構成は、コストの低い若い人材からジェネレーティブAIとペアを組むクリエイティブ幹部職に重点が移り、結果、管理職の割合が増加するだろうと同社は見ている。

とはいえ、ジェネレーティブAIには知的財産権、バイアス、正確さへの懸念など、さまざまな法的および倫理的リスクがあるため、少なくとも今後2年間は、すぐに仕事が奪われるというような顕著な動きは生じないという。

しかし、いずれにしても、2030年までには広告の仕事の3分の1が自動化によって失われることになると、フォレスターは予測している。

提供:
Campaign; 翻訳・編集:

フォローする

トップ記事と新しいキャンペーン情報

速報メールを受け取る

関連する記事

併せて読みたい

1 日前

パワーリスト2024:濱松幹昌(日産自動車)

日産自動車の革新的な精神を、戦略的なキャンペーンやパートナーシップを通じて打ち出してきた濱松幹昌氏は、ブランドの存在感を世界的に高めている。

1 日前

パワーリスト2024:河野奈保(楽天)

楽天のビジネスを躍進させ、ブランド認知度を大きく高めた河野氏。昨年はエコシステムへのAIの統合にも尽力した。

1 日前

パワーリスト2024:岡本達也(味の素)

岡本達也氏はイノベーションと戦略を融合させ、味の素らしい価値提供やインパクトの向上をグローバルで強化している。

2024年5月17日

パワーリスト2024:「APACベストマーケター50」に選ばれた日本人

Campaign Asia-Pacificが毎年、アジア太平洋地域(APAC)の傑出したマーケターを選ぶ「パワーリスト(Power List)」。今年は日本から5名が選出された。